無駄無駄無駄

こんにちは。しゅんえいです。
結構派手なタイトルにしてます笑

というのは、
最近はメールを読者さんの方からよくいただけるようになりまして、
色々と相談を聞いたりしてる中で、

んー、確かに行動はしてるんだけど、無駄が多いんだよなー。
無駄無駄無駄ーーー!
って人がかなりいたので、この記事を書いてます。

 

で、結論から言ってしまうと、
「お金を稼ぐ」ことに直結する行動以外はとりあえずやるべきではない
というのが僕の意見ですね。

多くの人がお金を稼ぎたいと思ってるんだけど、
直接的にお金を稼ぐための行動ができていませんでした。

具体的に、その読者さんが何をやっていたのかを書いていきますね。

・本を読む
・情報収拾
・動画をみる
・メルマガを読む
・ブログを読む
・無料レポートを読む
・人と話す
・飲み会に行く
・雑談する
・Twitterをやる
・Facebookをやる
・宿題をやる
・学校に行く
・寝る
・飯を食う
・デートする
・テレビをみる
・ネットサーフィン

こんな感じです。

確かに、これらの中には長期的に考えたらお金につながる行動もあるかもしれません。
僕も普段は人と話しますし、
本だって毎日読んでます。

でも、これらは直接的ではないわけです。
利益に直結する行動ではないんですね。

じゃあ、まずは何をすべきなのかというと、

僕であれば、
・動画撮る
・メルマガ書く
・ブログ書く
・レター書く
・営業する
・セールスする
・オファーする
・これから狙うジャンルのリサーチをする
・外注さんに指示を出す

どうですか?

例えば、単にリサーチすると言っても、
もし情報商材のアフィリエイトをしたいなら、
インフォトップのランキングを見てみたり、レターを見てみたりと、
ちゃんとした明確な目的がなければリサーチ一つとっても無駄になってしまいます。

結局は自分でコンテンツを作って、
それを人に届けると言ったアウトプットなことをしなければ意味がありません。

どれだけいい情報を持っていても、
それを誰かに発信しなければビジネスは広がっていきませんし、
利益は一円も出ることはありません。

もし物販をやっているのであれば、
仕入れをしなければ利益は出ません。

人を雇っているのであれば、
外注さんに指示を出してやってもらわなければ
コンテンツは生まれません。

リサーチするだけでもダメです。

その得た情報を、世に出していかねばいけないのです。

とりあえず出してみて、テストしてみるってのが大事です。

そのコンテンツがクソだったら、
誰も反応しませんし、興味も持たないはずです。

そういったデータが取れたなら、
また改善して出してみる。この繰り返しです。

つまり、どんどんテストマーケティングしよう!
ということです。

今日はあまりにも利益に直結しない行動をしてる人が多いと思ったので、
今回この記事を書きました。

得た知識、あなたの素晴らしいコンテンツをどんどん世に出しましょう!

アウトプット!アウトプット!アウトプット!
改善!改善!改善!改善!

これ繰り返してれば勝手に利益出ますよー笑

では!

 

オススメ記事です。

田舎でも大丈夫です。
田舎でも月100万は稼げるってのを証明したい

本物の自由をここで初めて知りました。
真の自由ってこういうこと

革命のファンファーレ。普通に面白かった。
【書評】革命のファンファーレから学んだお金の話

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

19才でこの世界を知り、
今では月収で100万円まで稼げるようになりました。

100万稼いでますと聞くと、怪しさ満点ですよね。
「お前だからできたんだろ!」

こんな事をよく言われます。

初めからビジネスが得意だった訳でもなく、
ノウハウコレクターで、僕は元々ただのダメリーマンでしたし、
超絶貧乏な生活をしてきました。

そんな僕でも情報を学び、知識を得たことによって、
今では月に100万円まで稼げるようになりました。
稼いでいけるのは、要は慣れなんですよね。

しっかり理解すればどんな人間でも稼げますし、
僕しゅんえいが慣れて、そして月収100万円を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収100万円になれた僕しゅんえいの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ps.

どのように「ビジネス」を捉え、
どのようなステップで行動していけばいいのかまで、

0から学んでいけるブログでは書けない内容が満載の
無料メールマガジンをやっています。
興味のある方は是非登録してみてください。無料です。

しゅんえい公式メールマガジン登録はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です