ネットビジネスから学ぶ『断りきれないオファー』について

こんにちは、しゅんえいです。

ビジネスでも恋愛でもマーケティングでも、
どんな分野だろうと「オファー」は大事ですよね。

このオファーが下手だと、
せっかくいいものを持ってるのに
それを生かせない場合が多いです。

ということで今日は、
ビジネスをやって学んだ最強のオファーについて話していきたいと思います。

 

で、
そもそも「オファー」って何でしょうか?

考えたことありますか?
僕が思うオファーというのは、
”相手を行動されること全て”です。

もう一度言いますね。

相手に行動させること全て。

これがオファーなんですが、
これをいうとかなり驚かれます。

LINEを読んでもらうのもオファー。
メールを読んでもらうのもオファー。
デートしてもらうのもオファー。
商品を買ってもらうのもオファーです。

これ、全部オファーなんですよね。
ガチですよ?

部下に仕事を手伝ってもらうのもオファーです。

そう考えたらけっこうそこら中に転がってそうですね。

で、
「メール読んでもらうのもオファーなの?!」

と思う方がかなりいらっしゃると思うんですけど、
これって十分すぎるほどのオファーなんですよ。

だって、超つまんないメール読みたいですか?

もし届いたメールが超つまんなかったら、次回以降あんま見なくないですか?
信頼が一気に下がりますよね。

こいつのメール超つまんねー。
返すのに困るわー。
ってなるじゃないですか笑

だから、こう思われたらあかんのですよ。

メールを読んでもらうにしてもちゃんとしたオファーなんですよ。
読んでもらって、そこで面白いと感じてもらえたら次のメールも読んでもらえます。
逆に、つまんないなーと思われたら、
もう二度とよんでもらえなくなっちゃうんですよ。

ビジネスのメルマガとかであれば、
なおさらアカンですよね。

LINEも一緒で、
こいつの会話つまんねー。って女の子に思われたどうでしょう?

既読がつかない。
既読無視ですよ。
いや、未読か。
未読無視だ。

要は、メールを読んでもらうのもれっきとしたオファーなんですよ。
恋愛もビジネスも紙一重です。

商品を買ってもらう。
これも一緒です。オファーです。

商品を買ってもらうって、メールやLINEを読んでもらう以上に大変なオファーですよ。
わざわざお金払っていただくわけです。

メール読んでもらうより難しいオファーですよね?
結構大変ですよ。

デートに誘うのもオファーです。
かわいい女の子をデートに誘う時に、
女の子にメリットを示さないといけません。

じゃなかったらデートに来ませんね。

別にメリットって何でもよくて、
ルックスがイケメンとか、
会話が面白いとか、
お金稼げるとかですね。

何でもいいと思います。

何かメリットがない限り、
デートに誘ったとしても来てくれないんですよ。
よっぽどブスじゃない限り、女の子って結構デートに誘われてますから。

男は全然そんなことないですよね。
だから女性は比べるんです。

A君はあんまり面白くない。
B君は面白いけど、なんかナルシ入ってる。
C君はお金稼げてて、イケメン。

はい。絶対C君じゃないすか。

要はですね、いかにオファーを上手くできるかなんですよ。
自分のいいところだったり、
いかに自己PRが上手いかってとこに繋がるんですけど、

それって全てがオファーになるわけです。
部下に仕事を手伝ってもらうのもオファーになるわけですよ。
ぜーんぶオファーです。
世の中の日人を行動させること全て。
オファーして行動していただくというのはですね、
相手の時間を奪うことなんですよ。
相手の時間を奪うんです。どんなオファーも。

ってことは、オファーした時に相手が損するなって思ったら、
相手はあなたのそのオファーを受け入れることはないわけです。
メリットがなければ。

メリットを与えてオファーをするってのは当たり前のことなんですね。
じゃないと全て上手くいきません。

会話も続かないし、
当然ビジネスも上手くいかない。

で、そこで大事なのが、2つのキーワードなんですが、

”自己重要感”と”希少性”です。

社会心理学の言葉です。
自己重要感というのは、
例えば恋愛であれば、「私、この人に大事にされてる!」とか、
要はですね、自分が重要なんだな、と思ってもらうということです。

自分が重要なんだって思ってもらうのが大事なんですよ。
ちゃんと自分のこと考えてくれてるんだなっていう。

で、そのためには希少性ってのが大事になってきて、
希少価値のものを相手に提供してあげるんです。
相手にとって、希少のものを提案するんです。

例えば、
「喉乾いたー」って言ってる人に水あげるとかね。
「カレー食いてー」って言ってる人にカレーあげるとかね。
「10年彼氏いないー焦るー汗」って言ってる人に告白するとかね。
10年も彼氏いなかったら、よっぽどじゃない限り付き合えますよね。

まあこれは例えばの話ですけどね。

要は、希少性ってことです。

「彼氏がなかなかできません」ってのと、「寂しいのを10年間ずっと我慢してます」って言ってたら、
その寂しさを紛らわしてあげることだけでも、十分付き合えると思うんです。

オファーが成立すると思うんですよ。

でも、
「毎日いろんな男とデートしてる」って女の子に、
「寂しいだろ?俺んとここいよ」って言ったって、

来るはずがないんですよ。

「寂しくねえよw男なんていっぱいいるから。お前じゃなくてもいい。」
ってなっちゃうじゃないですか。

要は、希少性があるものを相手に提供すればいいんですよ。
そしたらビジネスは儲かりまくりです。

ビジネス的に言うと、
ブルーオーシャン戦略です。

恋愛でもビジネスでもこれ使いいましょう。

ライバルが少ない市場で戦う。
ライバルがいない市場で戦う。

ライバルがいっぱいいるんであれば、
その中で最大限の負けないオファーをすればいいだけです。

男って日本にどのくらいいますかね?
5000万人くらいいますよね?
なのに、何で30なのに童貞がいたり、処女がいたり、
彼氏いない、彼女いない人たちが存在するんでしょうか?

単純に、オファーの上手い男女が少ないからです。

これが原因です。

これがもし、
常に相手にメリットを与えることを考えてて、
みんなオファーが上手かったら、

こんなこと起こるはずがないですよ。

で、ここで何が起きているのかといいますと、
圧倒的な集中が起きてます。

富の集中。
お金で言えばこれです。
たった一人の人にいい女性が集まって、
たった一人の人に多くのクライアントが集まります。

みんながレベル5のオファーをしてる中、
一人だけレベル100のオファーしてたら、そりゃあそっちいきますよね。

それが最初からできれば強いんですけど、
でも最初はそれができない。できないから、少しづつでいいから、常に上の世界を目指して、
たくさん勉強して、レベル100のオファーができるように努力しましょう!という事です。

オファーというのは、
人に行動してもらう事全てです。

・自己重要感
・希少性

この2つを忘れないでください。

ではでは今日はこの辺で。

仕事に使うものにはちゃんとお金をかけた方がいいことを、ある体験から学びました。
資産をもたらすツールには容赦なくお金をかけよう

Amazonって超便利。
1日で本を7冊買ってみた

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

19才でこの世界を知り、
今では月収で100万円まで稼げるようになりました。

100万稼いでますと聞くと、怪しさ満点ですよね。

「お前だからできたんだろ!」

こんな事をよく言われます。

初めからビジネスが得意だった訳でもなく、
ノウハウコレクターで、僕は元々ただのダメリーマンでしたし、
超絶貧乏な生活をしてきました。

そんな僕でも情報を学び、知識を得たことによって、
今では月に100万円まで稼げるようになりました。
稼いでいけるのは、要は慣れなんですよね。

しっかり理解すればどんな人間でも稼げますし、
僕しゅんえいが慣れて、そして月収100万円を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収100万円になれた僕しゅんえいの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ps.

どのように「ビジネス」を捉え、
どのようなステップで行動していけばいいのかまで、

0から学んでいけるブログでは書けない内容が満載の
無料メールマガジンをやっています。
興味のある方は是非登録してみてください。無料です。

しゅんえい公式メールマガジン登録はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です