資格を取ったらお金持ち?依存マインドの壮絶な未来

こんにちは、しゅんえいです。

今日は「資格」と「依存」について。

資格を取ったら本当に金持ちになれるのか?

まず、資格を取ったら本当に金持ちになれるのか?
これを掘っていきますが、

ぶっちゃけ世間が思ってるイメージほど金持ちにはなれません。

というか、資格を取って儲けようなどど言うのは、
勘違いもいいとこです。

完全に世の中が資格の専門学校の広告洗脳になられているし、
世間の「常識」に完全に操られています。

専門職の中でも比較的、儲かると言われているのが
「弁護士」ですね。

弁護士は本当に儲かってるのでしょうか?

コスパだけ見たら儲かってないと言わざるをえません。
というか絶対儲かってない。びっくりするほどに。

”平均”年収→650万円

僕の中でこれは驚くほど稼げてないと思いましたね。

そしてさらに残念は話をしますけど、
このうちの2割の弁護士は年収100万円もいってないとのこと。

100万以下ですよ?苦笑
酷いにもほどがあります。

おまけに、弁護士会というものに年間100万も払わねばいけません。

それで平均年収650万。

これは僕には到底高いようには思えないのです。
大学の超大変な法学部にいき、
朝から晩までみんなが遊んでる時に猛勉強して、
激ムズ司法試験に合格した結果がこれですよ。

僕の友達にも法学部に入って猛勉強している人がいますが、
相当大変そうでした。

楽しい大学生活をちょっとの息抜きと勉強に充てるのです。

4年間も。

その結果が650万・・・

弁護士という仕事を好きでなければ、絶対ありえないと思います。
かと言って別に弁護士が嫌いなわけでもないし、
否定しているわけでもありません。

というかむしろ、本当の意味で弁護士をしている人は尊敬してます。

法律の知識を使って、人を救えるんですから。
素晴らしい職業だなと思います。
しかし、中には、
日本の意味不明な価値観や肩書き、甘い資格学校の声によって、
お金のために弁護士をしている人も少なくありません。

いや、これは勿体無い。と思うわけです。

なぜ金を稼ぐのに、弁護士じゃないといけないんだ?と。

というかなんか気の毒です。

だって、本人は超稼げると思っているんですからね。

ちゃんとデータを見れば全然そんなことないのに。

・弁護士数
・訴訟件数

この辺を見たら、稼げるか稼げないのかなんてすぐにわかるんですよ。

でも、
弁護士=高給取り
となっているので全く疑うことなく選んでしまいます。

これも日本の資格主義からくる弊害です。
資格がないと、稼げない。
資格がないと、仕事ができない。

そもそも資格ってなんぞや?という話です。

資格ってある分野を体系的に学ぶには便利ですし、
実際に僕も取ってみたいなーと思う資格もあります。

でもそれはあくまでも、勉強するための手段として資格を使うだけです。
目的は資格を取ることではありません。

弁護士に関しては、弁護士になることすら超大変ですし、
なるためにめっちゃお金かかります。

専門スクールにも入らないといけませんし、
一般的には、さらに予備校にも入ります。
なので大学も含めると、700万くらいかかります。

お金稼ぎからは、程遠いなーって思います。

それに、弁護士の職業をよく考えてみればわかるのですが、
弁護士はあくまで「喧嘩を助ける」職業ですよ。

喧嘩をしてる大人の仲介人になって、代わりに喧嘩してあげる。

そしてその喧嘩に勝つのが彼らの仕事です。
もっと言えば、喧嘩をしている奴らがいないと、弁護士の仕事はない。

そしてこの不況のご時世、訴訟件数も大幅に減少しているとのこと。

さらに、旧司法試験と比べて、今の新司法試験はものすごく簡単になって、
そのおかげで、以前とは比べ物にならんくらいの弁護士が誕生し続けています。

・不況で訴訟件数激減
・しかも弁護士増大

こんな状況だからこそ、年収100万以下の弁護士が2割もいるのです。

で、この事実とは裏腹に、

テレビでは超稼いでいる「弁護士先生」が弁護士の素晴らしさを説く。
これを観た視聴者は、さすが弁護士先生!!!
となりますね。

テレビは、視聴率が欲しいので、凄い弁護士しか呼びません。
いや、正確なことを言うと、凄いことを言う弁護士先生しか呼びません。
凄いかどうかじゃなくて、”凄そうな人”かどうか笑

また弁護士の多くは、個人事業主ですが、
中には、大手弁護士事務所に入る人もいます。
これは安泰かもしれませんが、
東大、京大、慶應、早稲田の優秀な弁護士だからの場所に行くことに。

おまけに自由に仕事を選ぶことすらできない。

入るのも難しいけど、その中で結果を出すなんてもっと難しい。
だって、東大の中でもスーパーエリートしかいないので。
さらにやりたくもない仕事をやる羽目に。
弁護士事務所に入ったら普通のサラリーマンと同じです。

このように、資格に依存するのは勿体無いなーと思って書きました。

依存マインドの壮絶な未来

次は資格のは話からなんか繋がったので、
依存している人がいかに危険なのかについて話していきまーす。

「依存」

全く依存しないことはなかなか難しいですが、
できるだけ依存しないほうがいいです。

例えばですね、せどりとか。
せどりは、だいたいが商品を小売店で仕入れてきて、
それをAmazonで販売しています。

ということは、
Amazonなくなったら終わりです。

Amazonアカウント停止したらAmazonから商品を返されるので、
大量に家に商品が送りつけられる上に、他に販路がないので大パニックです。

Amazonというぷらっとフォームに依存していたらそんなことがあるし、
それは誰にとっても人ごとではありませんね。

(せどりはネットビジネスの中でも簡単なので、
 最初にやるものとしてはおすすめですが)

せどりを工夫していけば、

・ヤフオク
・楽天
・バイマ
・e-bay
・メルカリ
・メルマガでDRM
・ベイス

こんな感じで販路拡大することもできます。

ここまで販路を拡大して戦略を取っていれば、
せどりじゃないという意見もあるかもしれませんが、
工夫すればするほどできるわけです。

これであればAmazonが明日消えても問題なく生活できますね。

僕は今複数のキャッシュポイントを持っています。
・メルマガ
・LINE@
・コンテンツ販売
・コンサルティング
・コンサルティング紹介

ざっと書きましたがこんな感じです。
どれかが潰れても問題ありません。

でも、サラリーマンの頃は
1つしかキャッシュポイントはありませんでした。

これだと、ある日会社でミスをして給料下がるだけでも大惨事です。
これは嫌ですよね。
1つに依存してはいけないのです。

これは何でも当てはまります。

アフィリエイトにも、
せどりにも当てはまります。

複数のキャッシュポイント(収入の柱)を持とうぜという話ですね。
1つに依存するのは、超危険です。
壮絶な未来が訪れる可能性があります。

意識しましょう。

コピペだけで本当に稼げるのか考えてみた結果・・・
コピペで本当に稼げるのか?について考えてみた件

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

19才でこの世界を知り、
今では月収で100万円まで稼げるようになりました。

100万稼いでますと聞くと、怪しさ満点ですよね。
「お前だからできたんだろ!」

こんな事をよく言われます。

初めからビジネスが得意だった訳でもなく、
ノウハウコレクターで、僕は元々ただのダメリーマンでしたし、
超絶貧乏な生活をしてきました。

そんな僕でも情報を学び、知識を得たことによって、
今では月に100万円まで稼げるようになりました。
稼いでいけるのは、要は慣れなんですよね。

しっかり理解すればどんな人間でも稼げますし、
僕しゅんえいが慣れて、そして月収100万円を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収100万円になれた僕しゅんえいの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ps.

どのように「ビジネス」を捉え、
どのようなステップで行動していけばいいのかまで、

0から学んでいけるブログでは書けない内容が満載の
無料メールマガジンをやっています。
興味のある方は是非登録してみてください。無料です。

しゅんえい公式メールマガジン登録はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です