ビジネスしたら1日1食になる?僕の食生活と僕の1日の流れ

ビジネスしたら1日1食になった。

どーも。しゅんえいです。

ネットビジネス初めて気づいたら1日1食になってて、

自分でもなんでだろう?

って思うことが最近ありまして、

今回はそれについて書いていこうと思います。

 

僕の普段の1日を話すと、、、

8:00 起床

10:00 スタバで作業

15:00 帰宅&ごはん←ここで唯一の食事w

16:00 動画収録

18:00 作業

20:00 お風呂

21:00 筋トレ&本&YouTube

24:00 就寝

ざっくばらんですがこんな感じ笑

なんか、思ったよりも面白くねえな笑

まあ365日これではないけど平均したらこうなりますね。

 

ここでやっと本題に入りますが、なぜ僕が1食になったのか。

自分なりに考えた結果、答えは意外とシンプルでした。

→ビジネスに夢中になった。食事時間がもったいない。消化に体力を使いたくない。

 

作業に夢中になっちゃうと、本当に時間を忘れてしまうんです。

最近はブログの記事を毎日3記事は更新してますが、
書いてる時はものすごく楽しくてヤバイんですよね笑

だって、ブログ記事って一生物の資産になるんですよ?!

興奮してきませんか?

僕はめちゃくちゃ興奮してますよ。

いずれこのコンテンツ(記事)達が僕に自動で収益を与えてくれる!!

ブログに限らずYouTubeやメルマガもそうです。

一度仕組みを作ってしまえば一生自動で仕組みが働いてくれます。

その仕組みを作る時間ってまじ神レベルで楽しいです笑

 

食事時間がもったいない件に関しては
これも明確な理由がありまして、

食事してる時って動画撮れないしブログ書けないしメルマガ書けない、、、
(食事動画は別ですw)

基本的には僕は時間を大事に、いかに有効的に使うのかをずっと考えています。

なので毎朝その日のタスクを書いてから作業に取り掛かります。

食事の時も音声を聴きながら何か食べてます。

時間って毎日すり減っていきますね。 お金をどれだけ持ってても1秒も買うことはできません。

マジで時間は大事です。

過ぎ去った時間は絶対に戻ってこないので。

時間を大切にしましょう。そして大切に使いこなしましょう。

自分の時間コントロールできたらほんといいですよ笑

 

消化に体力を使いたくないについては、

食事の後って消化しないとだから眠くなって集中力が低下しますね。

集中がなくなると、本当に作業する気が落ちるんですよ。

そうするといいパフォーマンスができにくい傾向になります。

完璧になる必要はもちろんないですが、
その時できることはしっかり全力でやるってのは非常に重要なマインドです。

特にネットビジネスをするなら、なおさらです。

 

とまあこんな感じで自分の時間が増えて集中力上がってさらにビジネスに夢中になれたら
それだけでだいぶ得してるなーーと思いますね。

なので是非あなたもこんな感じで1日1食とかにするのも
かなりメリットありまっせ!!!!!

というお話でした(・∀・)

ではでは!

 

 

電子書籍を無料でどうぞ

 
僕は22歳の頃から月収190万程稼いでます。
 
才能もないし、
母子家庭で恵まれた環境にいたわけでもないです。
 
高卒でサラリーマンになりましたが、
給料が低く極貧生活。
 
 
そういった状況からビジネスに出会い、
会社以外の時間で真剣に取り組んだところ、
今までできなかった事ができるようになったり
行動の選択肢が広がりました。
 
 
ビジネスを勉強する過程で、
仕組みを作る方法や
思考を鍛える方法
生産性を高める方法
メディアを組み合わせて自動化する方法
価値を生み出す方法
 
etc・・・
 
学校では絶対に教えてくれない事を
大人になってやっと知る事ができました。
 
 
これまでの経験を踏まえて、
生まれ持った才能や環境はコントロールできなくても
ちゃんと勉強して正しく取り組めば、
誰だろうと資産を作れて自由に飛躍すると確信してます。
 
そういった人が
日本に一人でも増えれば、
もっと希少性価値のある人間で溢れ、
便利なサービスもどんどん増えて
世の中がかなり面白くなるのでは?
 
と思ったんです。
 
 
こういった理念から、
僕のこれまでの経験を元に
どのようにしてゼロの状態から今の状態になったのか?
 
そのサクセスストーリーを
1つの電子書籍にまとめました。
 
 
「ビジネスを勉強する最初の教科書」
として読んでみてください。
15分程度でサクッと読めます。
 
 
メールアドレスを入力すれば読めます。
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。
 
 
もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です