しゅんえいの2年前はこんな感じ

しゅんえいです。

僕がネットビジネスを知ったのは
2年前なんですけど、その時は本当に

うおおおおおお!俺の人生大逆転劇だあああああ!!!

ってまだ稼いでもないのに
大喜びしたのを今でも鮮明に覚えています。

なので、その時のエピソードを
物語形式で語りますね。

もしかしたら
あなたにも僕と同じような
事になるかもしれない。

それはわからないけど、
でもきっとこれから長い人生を歩んで行く上で
きっと共感してくれるはずなので、

まあ気楽に想像しながら読んでみてください。

ーーーーーー物語ーーーーーー

僕はいつも毎日が同じ風景だった

■しゅんえい

「今日も仕事か。。。」

「嫌だな。。。」

毎日AM7:00に起きて、
毎日同じ電車に乗って職場に行き
毎日同じ仕事のルーティーンワーク。

変わらない日常を
過ごしながら、僕はそんな生活がだんだん嫌になった。

俺は一生社畜人間。

高校生の頃、

■しゅんえい

「将来、社長になれたらいいなー!」

友達

「社長!いいじゃん!」

そんな会話を交わしていたのを思い出した。

それなのに、俺は今何をしているんだ?

なんでこんなに毎日つまらなくて、
大切な「時間」を会社に切り売りしているじゃないか!(涙)

手取り12万

半年間、給料明細を見続けた結果、
どの月も13万すらない給料だった。

■しゅんえい

「俺の対価は、12万すらないのか?」

「よし、今の会社を辞めて、自由に生きる方法を探そう。」

そう決めてから、毎日のようにtwitter
YouTubeで自由に生きる方法を探した。

勢いで退職

ネットサーフィンをしていたら、

■しゅんえい

「ネットビジネス?!なんだこれは?!」

twitterにいた1人のビジネスマンからフォローが来た。

とにかくすぐに稼ぎたかった
僕はその人とライン交換をして
すぐに神奈川まで会いに行った。

新横浜駅の改札で、
その人とお会いしてランチをご馳走になった。

僕はネットビジネスについてとにかく聞きまくった。

■しゅんえい

「本当に稼げるんですか?」

「稼げますよ。」

■しゅんえい

「よろしくお願いします!」

初めてのコンサル

ネットビジネスの可能性を感じた僕は、
その人に30万でコンサルを受けることになった。

しかし、

その当時僕はマインドが腐っていた。。。

■しゅんえい

「なんでやってるのに稼げないんだ、、、涙」

「そうだ!違うノウハウを学ぼう!」

当時僕は会社を辞めて無職になっていた。

とりあえず働かなきゃw

そう思った僕は、地元の派遣の仕事をしながら
ネットビジネスをすることになった。

AM7:00PM7:00

仕事開始時間はAM7時~だった。

時には残業でPM7時まで仕事が続いた時もあった。

その当時僕は気づいたら
ネットワークビジネスをやっていた。

「権利収入」

この4文字に憧れた僕はほぼ毎日仕事終わりに
名古屋まで往復していた。

毎日キツイなあ。。。

本当にこのまま1円も稼げなかったらどうしよう。。。

とにかく毎日が不安で苦しかった。

何をやっても続かず、
ノウハウに触れるだけで満足していたしゅんえいは

ノウハウコレクターになっていた。

バイナリー、無在庫転売、MLM、カメラ転売、

毎月クレカに支払いに追われて、
何をしたらいいのか全くわからなくなった。

時にはアコムに行ったりもした。

とにかく今の状況を打破して自由になりたい!

その想いだけはあったから、
諦めることだけは絶対にしたくなかった。

ある男との出会い

僕はある人との出会いをきっかけに、

3万、5万、30万と
稼げるようになった。

特別なノウハウを教わったわけでもない。

当たり前のことを
当たり前のようにこなす

【凡事徹底】を教わった。

誰もが出来る事を、
誰もが出来ないレベルまでこなす。

これだけでいい。

クズな自分を素直に受け入れた僕は、
とにかく毎日凡事徹底しようと意識した。

その結果。

ついに会社を辞めて
自由な生活を手に入れることができた。

僕が情報発信をするようになってから、
高校の友達からたまに連絡が来る。

友達

「すごいね!」

「同い年で若いのに本当すごいよ!」

■しゅんえい

「全然すごくない。俺はクズだよ」

今でも思う。

僕は何にもすごくない。

若くして稼いでいる人なんてのは、
この日本にうじゃうじゃいる。

そんな人たちを比べたら、
僕はまだまだ勉強不足だし、ダサい。

昔から貧乏で、だからこそ【お金】には
人よりも執着心がある。

ぞれが逆にコンプレックスで
何をやってもダメな自分を認めたくなかったから、

諦めなかっただけなのかもしれない。

限られた時間を何に使う?

僕も、あなたも必ず【死】という
運命からは逃れられない。

人は死ぬために生きているようなものだと思っている。

だからこそそんな限られた時間をどう使うのか?

これは一生のテーマでもあると思う。

うん。

こんなの確かに綺麗事だ。

昨日もYouTubeアンチコメントが来た。

アンチ

「顔がキモいな!」

「死ね!」

■しゅんえい

「ありがとうございます!」

「これからもどんどんコメントしてください!」

みんな素直じゃない

本当は分かっている。

このまま会社にいても、ほとんど何も変わらない。

上司と同じ未来。

10年後の自分は?定年退職したら年金は?

行動しなきゃ!って分かっていてもなかなかできない。

それが現実だ。

でも、

何もやらなかったら、
本当にそのまま死を迎えることになるのは事実。

お金のために働くのか?

いや違う。

お金をそれだけ稼いでも
時間がなかったら無意味。

最初は確かにお金を稼ぐためにネットビジネスする。

これでいい。

でもその考え方は今先長い目で見たら通用しなくなる。

死ぬ間際に、絶対に後悔しないように
限られた人生をどう使うのかはあなたの自由。

サラリーマンが悪なのか?

それは違う。

みんな何かのために必死で毎日頑張っている。

最後に

毎日みんなが何かを必死に頑張ってて本当に素晴らしい。

他人のことなんて考えなくていい。

僕はこう見えてものすごく自己中です。

だからあなたも自己中でいい。

むしろ最初はそのほうがいいのかも笑

自分の人生を生きる。

素晴らしい人生を作っていくのは自分しかいない。

親に育てられたから、親の責任?

それは違うよ。あなたの責任です。

生まれた瞬間にいつか死ぬという【リスク】を抱えて生きてるんだから。

みんなが自由な考えを持っていい。

もちろんあなたにももっと思いっきり
自由に生きて、最高の人生ゲームにしてほしいと
素直に僕は願ってます。

ではでは。

今日はこの辺で(・∀・)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

19才でこの世界を知り、
今では月収で100万円まで稼げるようになりました。

100万稼いでますと聞くと、怪しさ満点ですよね。
「お前だからできたんだろ!」

こんな事をよく言われます。

初めからビジネスが得意だった訳でもなく、
ノウハウコレクターで、僕は元々ただのダメリーマンでしたし、
超絶貧乏な生活をしてきました。

そんな僕でも情報を学び、知識を得たことによって、
今では月に100万円まで稼げるようになりました。
稼いでいけるのは、要は慣れなんですよね。

しっかり理解すればどんな人間でも稼げますし、
僕しゅんえいが慣れて、そして月収100万円を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収100万円になれた僕しゅんえいの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ps.

どのように「ビジネス」を捉え、
どのようなステップで行動していけばいいのかまで、

0から学んでいけるブログでは書けない内容が満載の
メールマガジンをやっています。

興味のある方は是非登録してみてください。無料です。

メールマガジン登録はこちらをクリック

電子書籍を無料でどうぞ

 
僕は22歳の頃から月収190万程稼いでます。
 
才能もないし、
母子家庭で恵まれた環境にいたわけでもないです。
 
高卒でサラリーマンになりましたが、
給料が低く極貧生活。
 
 
そういった状況からビジネスに出会い、
会社以外の時間で真剣に取り組んだところ、
今までできなかった事ができるようになったり
行動の選択肢が広がりました。
 
 
ビジネスを勉強する過程で、
仕組みを作る方法や
思考を鍛える方法
生産性を高める方法
メディアを組み合わせて自動化する方法
価値を生み出す方法
 
etc・・・
 
学校では絶対に教えてくれない事を
大人になってやっと知る事ができました。
 
 
これまでの経験を踏まえて、
生まれ持った才能や環境はコントロールできなくても
ちゃんと勉強して正しく取り組めば、
誰だろうと資産を作れて自由に飛躍すると確信してます。
 
そういった人が
日本に一人でも増えれば、
もっと希少性価値のある人間で溢れ、
便利なサービスもどんどん増えて
世の中がかなり面白くなるのでは?
 
と思ったんです。
 
 
こういった理念から、
僕のこれまでの経験を元に
どのようにしてゼロの状態から今の状態になったのか?
 
そのサクセスストーリーを
1つの電子書籍にまとめました。
 
 
「ビジネスを勉強する最初の教科書」
として読んでみてください。
15分程度でサクッと読めます。
 
 
メールアドレスを入力すれば読めます。
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。
 
 
もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。
(この下のボタンから簡単にシェアできます)

6 件のコメント

  • 若い頃の苦労は、買ってでもしろ、と言うことわざを、思い出します。ハングリー精神が今の貴方を、突き動かしたんですね、でもいいほうこうに行って良かったですよ、確か、新幹線の犯人も、貴方と同じとしだと思います、最初は、どちらかと言うと嫌いなタイプかなと、でも今は、話の上手な所や、声が聞いていて心地よいところです、

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です