最近週2ペースでココイチ食って思った、リピーターになってしまうカラクリ。

こんにちは、しゅんえいです。

 

僕の趣味の中の1つに、
「美味しいものを食べる」ってのがあるんですけど、
ここ数ヶ月はずっと週2くらいのペースでココイチに通い続けてました笑

最近食べたカレーとサラダ。


 

 

支払いは殆どクレカで済ませるので、
久々に明細を確認したら↓

CoCo壱番屋 ¥1500円
CoCo壱番屋 ¥1362円
CoCo壱番屋 ¥1670円


 

みたいな感じになってて、
自分でもこれにはびっくりです。

 

高校生の時に初めてバイトした場所が
学校帰りにも寄れるココイチでした。

今思えば、その時からすっかり僕はココイチのカレーにハマってしまい、
家でカレーが出てきても食べないほどのココイチ通になってました。

今ではそんな凄い株式会社CoCo壱番屋ですが、
元々この会社は名古屋の小さな喫茶店から始まったらしいです。
(アルバイト研修で初めて知りました)

 

最初こそ、普通の何もトッピングのない
カレーライスだったみたいですが、
時代の流れとともにどんどんトッピングの種類や
ライスの量や辛さ、甘さまで、
好きなようにカスタマイズできるほどのお店になりました。

 

ちなみに僕がいつも必ず入れるトッピングは、
スクランブルエッグとイカです。

これが超美味いんですよ笑

まだ食べたことない人はぜひ一回だけでもいいので食べてみてください。

今からはココイチの素晴らしいマーケティングと絡めて話していきますが、
ココイチの何が凄いかって、
これは僕もバイトをしてた時にうっすら感じてましたけど、、、

 

リピーターが超多いですね。

 

マジで、尋常じゃないくらいのリピーターを持ってます。
僕も今ではかなりのココイチリピーターですが・・・

 

しかも、ココイチのカレーはトッピングの数も豊富だし、
サイドメニューのサラダにもオリジナルでカスタマイズできるので
これもまた飽きることなく食事を楽しむことができるんですね。

(サラダのおすすめに関しては、
タマゴサラダにパリパリチキンミックスが美味いです。)

僕がココイチでバイトする前は、
「カレーばっかって飽きないのかな・・・?」
て思ってましたが、全くの逆でむしろどんどんハマっていくし、
食べれば食べるほど好きになってリピートしてしまう仕組みが完成されてました。

 

それに、季節ごとで期間限定メニューもあるので、
それもまた美味しいし、今しか食べれない!
っていうワクワク感を引き出してくれます。

 

なので、感覚的にはただの食事ではなくて、
「プラスαで楽しめる」と言う感じですね。

あと、他の飲食店と違って
ココイチはトッピングをすればするほど値段も上がるので、
客単価が高いのも魅力的だなーと。

何もトッピングしてない普通のカレーで
だいたい500円くらいの値段なんですけど、
メニュー表には超綺麗な写真でトッピングされた
美味そうなカレーが沢山載っているせいか、
ほぼ90%以上のお客さんがみんな何かしらトッピングをします。

すると、だいたいの平均客単価は
1500円〜2000円くらいになるんです。

 

これって一見普通に思ったかもですが、
さっきも言ったように
ココイチはリピーターの数が半端ないくらいいるので、
結果的に積もりに積もってとんでもない売上が立つんですね。

 

案の定、ココイチの売上は年々右肩上がりらしいです。

 

ビジネスする側になるとやっぱり普段生活してる中でも
ビジネス的な目線で見てしまうことが多いですが、
その中でもやっぱりココイチのマーケティングは素晴らしいです。

具体的に言うと、
「クロスセル」というマーケ手法を使いまくっているので
あれだけの大手飲食店になったのかなと思ってます。

クロスセルっていうのは何かっていうと、
商品を買ってもらったついでにこれもいかがですか?

みたいな手法なんですけど、
マックで言う所の「ポテトもいかがですか?」
みたいな感じですね。

 

まさしく、
ココイチのトッピングのシステムがそれに当たります。

 

今、ココイチのトッピングは確か30種類以上はあるので
組み合わせのパターンとしては
恐らく最低でも数百種類のパターンのカレーが完成します。

(僕は全制覇目指して頑張ります笑)

 

なおさらココイチに飽きることがないし、
色んなトッピングで試したくなるんですよね。

 

だからこそマジで凄えなと思います。

僕もこういうマーケティングをもっと見習って
自分のビジネスに活かすことができれば、
恐らく数十倍、数百倍の収益を出せるし、
それと共にリピーターやファンの数も桁違いになるでしょう。

 

そんな感じで、
CoCo壱番屋はしがない小さな喫茶店から
誰もか知る人ぞ知る大手飲食企業になりました。

 

もちろん、いきなりビジネス経験のない人が
飲食店のようなリアルビジネスをやるのは危険なので、
まずはネットだけで完結するビジネスを始めて
基礎を固めてから色んなマーケティングを仕掛けて行くのがベストです。

 

今日話したような、
クロスセルの知識だったり
ファンを自動で増幅させてしまう仕組みだったり。

これを知ってるだけでもかなり一歩二歩は前進です。

あとは、自分で小さなビジネスをやっていくだけでも、
だんだんと成功している人や企業の
「裏側の仕掛け」がわかってくるようになります。

そしたらそれをどんどん自分のビジネスに応用するだけで、
出るべくして結果が出るようになるし、
自由自在にお金を生み出せる仕組みが完成します。

 

自分の商品を売ってもいいし、
他人の商品を紹介(アフィリエイト)して売ってもいいです。

 

 

まあそんな感じで、
普段の生活の中での成功事例って沢山あるので
そういうところからどんどんスキルや技を勉強して
自分の大きな資産を作っていくといいですよー

という、僕の趣味と絡めた話でした。

 

 

追伸

 

個人でもなかなか自分のビジネスの仕組みを持ってたり、
こうやって分析してビジネスに活かせる人って本当に少ないし
多くの人に重宝される希少な存在になるので、

そういうビジネスのスキルがあれば、
マジでこれからの時代は一生自分のスキルだけで食っていけますね。

では!

電子書籍を無料でどうぞ

 
僕は22歳の頃から月収190万程稼いでます。
 
才能もないし、
母子家庭で恵まれた環境にいたわけでもないです。
 
高卒でサラリーマンになりましたが、
給料が低く極貧生活。
 
 
そういった状況からビジネスに出会い、
会社以外の時間で真剣に取り組んだところ、
今までできなかった事ができるようになったり
行動の選択肢が広がりました。
 
 
ビジネスを勉強する過程で、
仕組みを作る方法や
思考を鍛える方法
生産性を高める方法
メディアを組み合わせて自動化する方法
価値を生み出す方法
 
etc・・・
 
学校では絶対に教えてくれない事を
大人になってやっと知る事ができました。
 
 
これまでの経験を踏まえて、
生まれ持った才能や環境はコントロールできなくても
ちゃんと勉強して正しく取り組めば、
誰だろうと資産を作れて自由に飛躍すると確信してます。
 
そういった人が
日本に一人でも増えれば、
もっと希少性価値のある人間で溢れ、
便利なサービスもどんどん増えて
世の中がかなり面白くなるのでは?
 
と思ったんです。
 
 
こういった理念から、
僕のこれまでの経験を元に
どのようにしてゼロの状態から今の状態になったのか?
 
そのサクセスストーリーを
1つの電子書籍にまとめました。
 
 
「ビジネスを勉強する最初の教科書」
として読んでみてください。
15分程度でサクッと読めます。
 
 
メールアドレスを入力すれば読めます。
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。
 
 
もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です