負荷をかければ何でも楽勝さ。

しゅんえいです。

一度仕組みを作ってしまうと、
勝手にお金が発生してしまうから、
なんかやる気がなくなって、1日中何もしない日が存在してしまう。

目の前に急に10億あったらどうなる?

絶対何もしなくなると思う。

10億とか一気にスイスの銀行に入れてしまえば、
何もしなくても金利だけで1億とか増えるからもうニートになる。

別にこれ以上お金稼いでも使いきれないしな・・・

まあいっか。みたいな状態になる。

これほどのニートじゃなかったけど、
実際に自分よりも年下ですごい奴が現れた。

自分より年下の19歳で、
月収700万とか稼いでいる奴が現れた。

で、嫉妬した。

と同時に尊敬したし、
素直に学ぼうと思った。

うわ・・・

おれもっとやんなきゃ。

って感じでなんかどんどん燃えた。

自分は22歳で、19歳の月収700万の奴が現れて、
その差を実感していかに自分がレベルの低い状態にいるかを思い知らされた。

くっそ!
追いつきたい!
追い越したい!

負けてらんねえ。

もっと勉強して脳みそ鍛えてやるぞ。

だからもっと勉強することにした。

10億とか稼いで周りをあっと驚かせてやりたいと思った。

1日中ずっと音声を聞く日を作ったり、
自分ルールを作ったりした。

歯磨きの時とごはんの時は必ず音声を聞く。

こんなルールを作ったりした。

 

で、これを素直に実行したらどんどん脳が鍛えられる感覚に陥った。

今まで3日かかっていたものが、たった1日で終わるようになったり、
頭の回転が超早くなった気がした。

で、こんな風に作業すると、
必ず脳がパンクしそうになる。

筋トレしたあとみたいに。

脳がパンパン。

でもそのおかげでめちゃくちゃ効率が上がって、
作業スピードが早くなった。

20キロのベンチプレスで鍛えていたから、
10キロのベンチプレスを持ったとしても余裕で持ち上がるぜ。みたいな。

こんな風にして脳にとことん負荷をかけることによって、
人はどんどん成長する。

成長するし、魅力も増えて、異性にモテるようにもなる。

お金を稼ぐくらいなら、そんなに負荷はいらない。

でももっと稼いだりとか、
お金以外の部分を高めていこうと思ったら、
負荷をもっとかけないといけない。

負荷っていうのは2種類あって、

①量の負荷
②質の負荷

この2つが揃って初めてちゃんと負荷をかけた。と言える。

例えば僕であれば、
YouTubeに関してはめちゃくちゃ量をこなしてやっと今の状態になれた。

今はタイトル1つさえあれば、
いくらでも喋ることができるから、
セミナーやってください、とお願いされればいつでもできる。

質に関しては、メルマガを最初に書いてみた時は、
めちゃくちゃ難しそうで超大変だと思ってたけど、
実際にやってみたらかなり質の高いレベルまで持って行けた。

だから、ライティングの質が相当上がった。

あと書きまくったから、タイピングスピードが超早くなった。

どんな事も、わざと負荷をかけることによって、
他のことが一気に楽勝になるし、
結果的に収入は爆上がりする。

最初はなかなかできなかったりするから、
大変に感じるかもしれないけど、大変なのは本当に最初だけ。

あとは慣れるから楽。

筋トレとか車の運転とかと一緒。

稼ぐためには最初は脳に負荷をかけないといけない。

最近は週1でソフトバレーをしてるけど、
1番最初にバレーをした小3の時はもう腕がもげそうになったのを今でも覚えている。

サーブを練習しまくって、腕痛ええええ!!!ってなった。

次の日は、当然筋肉痛でぶっ倒れた。

手足が動かなかった。

だけどそこから練習して負荷をかけていったら、
結果的に小6の時には全国ベスト16になれた。

今ではバレーするのが楽しいし、快感。

これはビジネスも同じ。

だから大変なのは最初だけ。

負荷をかけることでだんだんと慣れていく。

 

高校の時は、女性と話すことが全くできなくて、
本当にコミュ障をこじらせていた。

たまにグループ学習で話すときもあったけど、
案の定全く話せずに終わる。

で、
当然彼女はできることはなく、そのまま高校卒業した。

ビジネスを初めたことで自信がどんどんついて、
初めての彼女ができたり、普通に女性と話せるようになった。

高校までは女性と話すことに対しての負荷を全くかけないなかった。

今になって理解できる。

だから尚更、何でも負荷をかけたらできるようになるんだと思った。

 

本だって活字嫌いで読めなかったし、
ビジネスでも結果が出なかった時期が1年くらいはあったし、
まともに動画も撮れなかったし、
ブログも書けなかった。

本当に何もできなかった。

そんな状態の僕でも、負荷をかけたことでめちゃくちゃ成長したし、
毎日が楽しくなっていった。

慣れるんだ。人間は慣れるといった能力が全員に備わってる。

だから宇宙にも行けたんだと思う。

すげえな。慣れる能力って。

最初は何でも大変だったけど、慣れちゃえば楽勝。

人間なんてそんなもん。

負荷をかけまくろう。

 

終わり。

 

追伸

動画でも解説してみた。

 

 

 

電子書籍を無料でどうぞ

 
僕は22歳の頃から月収190万程稼いでます。
 
才能もないし、
母子家庭で恵まれた環境にいたわけでもないです。
 
高卒でサラリーマンになりましたが、
給料が低く極貧生活。
 
 
そういった状況からビジネスに出会い、
会社以外の時間で真剣に取り組んだところ、
今までできなかった事ができるようになったり
行動の選択肢が広がりました。
 
 
ビジネスを勉強する過程で、
仕組みを作る方法や
思考を鍛える方法
生産性を高める方法
メディアを組み合わせて自動化する方法
価値を生み出す方法
 
etc・・・
 
学校では絶対に教えてくれない事を
大人になってやっと知る事ができました。
 
 
これまでの経験を踏まえて、
生まれ持った才能や環境はコントロールできなくても
ちゃんと勉強して正しく取り組めば、
誰だろうと資産を作れて自由に飛躍すると確信してます。
 
そういった人が
日本に一人でも増えれば、
もっと希少性価値のある人間で溢れ、
便利なサービスもどんどん増えて
世の中がかなり面白くなるのでは?
 
と思ったんです。
 
 
こういった理念から、
僕のこれまでの経験を元に
どのようにしてゼロの状態から今の状態になったのか?
 
そのサクセスストーリーを
1つの電子書籍にまとめました。
 
 
「ビジネスを勉強する最初の教科書」
として読んでみてください。
15分程度でサクッと読めます。
 
 
メールアドレスを入力すれば読めます。
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。
 
 
もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です