ギラギラ系と社会貢貢献系、どちらを選びますか?

こんにちは、しゅんえいです。

今日も起業家の話が続きます。
2種類の起業家について。

起業家って言っても、
僕は2種類の起業家がいると思ってて、
まず一つが、「ギラギラ系」
そしてもう一方が、「社会貢献系」、

大別すると、
この2種類の起業家しか
この世にはいないと思ってます。

ギラギラ系の起業家とは、
イメージ的には
キャバクラで豪遊したり、
六本木のクラブで女の子と遊んだり、

あとはランボルギー二とか
リムジンとかの高級車に乗って、
常に見栄を張って、
あたかも自分が1番かのように生活する人です。

ギラギラ系の人達は、
もう欲だらけというか、
男性ホルモンがドバドバ出てます。

絶対俺は成功して億万長者になってやる!
大金持ちになって他人を蹴落としてやるぞ!

といった感じで、
ビジネスの世界に入って来たら
他人よりもまず自分。

彼らは
自分以外の人間を
蹴落としてでも成功してやる。

そういったマインドで生きてます。
なのでそういった欲求の塊です。

「お前らなんかよりも俺の方が稼いでる。
 どうだ、すごいだろ?」
と言って、
常に自分が成り上がる事を目指してます。

自分以外の人を蹴落として、
自分の見栄を張ったり
自分の結果を見せびらかしたい。

こういった考えは、
まさに「win-lose」です。

人に認められたいといった、
”承認欲求”がかなり高いです。

ギラギラ系の起業家の人達の特徴として、
幼い頃の満たされなかった思いが、
大人になった時に
一気に爆発して金持ちを目指す。
というのがあります。

例えばそれは、
幼少期に親にかなり厳しくされたり、
勉強ができなくて学歴に恵まれてなかったり、
大人になっても何かと理不尽な扱いをされたり・・・

なので、
いざ年を取って成長した時に、
今までの反骨精神が一気に宿るんです。

そういった強い意志があるからこそ、
彼らのやる気と行動力は凄まじいです。

なので一気に登り詰めます。

僕も最初はそういった
ギラギラ系に憧れてた時期もありました。

お金稼いで高級マンションに住んで、
可愛い彼女を5人くらい作って
毎日六本木でパリピしまくってやる。

みたいなw

そういった理想像を抱きながら、
毎日ガムシャラになって取り組んでました。

ですが、
実際に結果を出して稼げるようになって
ギラギラした世界を触れてみた時に、

ん?なんか違うぞ?

と思ったんです。

お金は稼げるけど、
3日連続で大阪のクラブに
付き添いがてら付いて行って、
シャンパンを女の子と一緒に飲んで

毎日頑張って稼いだお金が、
一気にゲロになったりとか・・・

ランボルギーニの運転席に1回座った時に、
意外と座り心地が良くなくて
ちょっと運転しづらいな。

と思った時とか・・・

これ以外にも色々ありますが、
何よりも感じたのは
そういった所に集まる人達の種類というか、
なんか合わなかったんですよね。

一緒にいても別に楽しいけど、
その楽しさもお酒を飲み終わったら
もう一瞬で終わってしまって、

なーんか虚しさだけが残って、
全然面白くありませんでしたね。

なのでそういった人達といても、
本当の幸せを
感じる事ができなかったんですよね。

こういうギラギラ系?の経験って、
側から見たらなんか楽しそうで
羨ましそうに思われるんですが、

実際はそんなことはありません。

すごい直感的なんですけど、
自分にはこれは合わないなーと思いました。

だからこそ、
じゃあどうするか?

というのを考え抜いた結果、
「社会貢献系の起業家」
を目指すことにしました。

こっちはギラギラ系と同様、
もちろん利益はちゃんと求めますが、
でもギラギラ系と違うのが
本当に世の中に価値提供をしよう。
といったマインドがあることです。

有名どころで言うと、
ホリエモンこと堀江貴文さんや、
落合陽一さんといった方々ですかね。

メディアに数多く出たりしてるのは、
圧倒的に社会貢献系の起業家が多いです。

でも僕はビジネスを始めた当初、
こういった社会貢献系の人達を見て、

「は?何綺麗事言ってんだよw
 結局は金でしょ?w」

とほざいてました。
(今思うと本当にダサい…)

でも今はそれと全く真逆で、
彼らの思いや
やろうとしてる事が、
ものすごく理解できるようになりました。

こういった社会貢献系の人達は、
本気で世の中に新しい
イノベーションを生み出して、
どんどん価値を生み出していきたい。

と思ってるんです。

結果的にそれが1番価値を生み出すから、
心も気持ちいいし、その分富も集まるし
何よりも人間的に成長できるので、
本来の人間らしさがジワジワ出てくるんです。

収入ももちろん安定します。

起業家である程度のレベルまでいくと、
マジでお金の心配がなくなるんですよね。

おそらく、
堀江さんや落合さんは
お金の心配はほとんど無いと思います。

お金なんてどうでもいいや~!
じゃないんですけど、
ただあのレベルまでいくと
流石に稼ぐという優先順位が
1段1段下がってくんです。

お金を稼いでボロ儲けする事より、
楽しいことや
面白いと思えることや
情熱を捧げられるもの。

そういったものに、
物凄いやりがいと喜びを
ちゃんと感じるようになっていきます。

そして、
ここから凄く重要な話をしますが、

社会貢献系を目指すことは、
ビジネスの成長の為にも
自分の人間力を高める為にも、
より正しい方向へ進めます。

なぜなら、
ギラギラ系の起業家が追い求めるものって、
目に見える「物質的なモノ」
が多いというか、それが殆どです。

高級車とか、高級マンションとか
シャンパンとか、ブランド物とか。

こういった、
他人のブランドを借りて
自分の名誉を望んでるんですよ。

逆に言うと、
彼らは借りるブランドが全て消えたら、
自分の価値や名誉も全て消え去るって事なんです。

もしランボルギーニに憧れて
あなたの元にやってきた人がいたら、
そのランボルギーニを失った時
その人もまとめて失ってしまう。

という事です。

お金だけの関係で集まった仲間も同様、
そのお金が無くなった時に、
一気に蜘蛛の子が散るように
いなくなってしまうんです。

これとは逆に、
ちゃんと努力して自分の経験を積んで
結果を作り上げてきた人は、
あらゆる価値というのが、
全て「自分のなか」にできるんです。

要は、
価値が自分のなかにできると
お金とか高級車とかの
”物質的なモノが”無くなっても、

周りからいつも求められる人間になるし、
何らかの影響で収入が0になっても
そこからすぐ復活できます。

知識がちゃんとあれば、
それこそ人前でセミナーとかやれば
すぐにお金は集まって来るし、
魅力的な人もどんどん集まってきます。

僕自身も、
今仮に収入が0になっても、
(ネットが無くならない限りありえませんが)
仲のいい起業家の家に泊まらせてもらって、
そこで0からせっせこ仕組み作りすると思います。

1ヶ月もあれば、
月30万くらいの仕組みは完成するので
また今の状態に戻ってこれます。

他にも僕の商品を買ってくれた人の中に、
「しゅんえいさんが食いっぱぐれたら、
 ぜひうちに来て隣で作業して下さい!」
と言ってくれる人もいます。
(本当にありがとうごさいます)

要は何が言いたいのかというと、
今後は学歴とか見栄とか、
そういったものは一切通用しなくなって、

より求められるのが、
「個人の実力」になるって事です。

だからこそ、
本気で世の中に価値を提供するマインド。
つまり社会貢献の意識が大事です。

僕はギラギラしてるよりも
ちゃんと感謝されながら生きていく方が
超カッコいいなーと思ってます。

自己成長も凄まじいでしょうしね。

なので、
ある程度の収入のレベルまでいったら
そこからは社会貢献系の起業家に
シフトする事をオススメします。

そうなるためにも、
まずは経済的な自立をするのが最優先なので
最初のうちは多少泥臭くてもいいので、
コツコツとコンテンツを作って
魅力的な仕組みを作り上げていってくださいね。

追伸

今、まさにギラギラ系を目指しながら
日々ビジネスに取り組んでる方が
今日のメールを読んだら
少しショックを受けてしまうかもですが、

大丈夫です。

彼らはとにかく行動力と、
稼ぐ事への情熱は
誰にも負けないくらいあります。

なので、それを全力で活かせばいいんです。

幼い頃の反骨精神がマジで凄いので、
とにかくパワーが半端ない…

最初はお金だけを求めてしまうのは
これはしょうがない事です。

だって、最初はお金が無いので、
綺麗事言ってられませんからね。

資本主義をちゃんと味わい尽くして
そこから、
社会貢献系へシフトしていけばいいんです。

僕も最初はマジで金が無くて苦労してたので、
痛いほど気持ちがわかるんです。

まだこれといった実績もないのに、
「俺は最初から社会貢献家だ~!」
って言うのは超ダサいので。

だからこそ、
まずは全力でビジネスに取り組んでから
その上で今後の方向性を決めていく。

これが1番のやり方だし、
何よりカッコいいと僕は思ってます。

では。

 

電子書籍を無料でどうぞ

 
僕は22歳の頃から月収190万程稼いでます。
 
才能もないし、
母子家庭で恵まれた環境にいたわけでもないです。
 
高卒でサラリーマンになりましたが、
給料が低く極貧生活。
 
 
そういった状況からビジネスに出会い、
会社以外の時間で真剣に取り組んだところ、
今までできなかった事ができるようになったり
行動の選択肢が広がりました。
 
 
ビジネスを勉強する過程で、
仕組みを作る方法や
思考を鍛える方法
生産性を高める方法
メディアを組み合わせて自動化する方法
価値を生み出す方法
 
etc・・・
 
学校では絶対に教えてくれない事を
大人になってやっと知る事ができました。
 
 
これまでの経験を踏まえて、
生まれ持った才能や環境はコントロールできなくても
ちゃんと勉強して正しく取り組めば、
誰だろうと資産を作れて自由に飛躍すると確信してます。
 
そういった人が
日本に一人でも増えれば、
もっと希少性価値のある人間で溢れ、
便利なサービスもどんどん増えて
世の中がかなり面白くなるのでは?
 
と思ったんです。
 
 
こういった理念から、
僕のこれまでの経験を元に
どのようにしてゼロの状態から今の状態になったのか?
 
そのサクセスストーリーを
1つの電子書籍にまとめました。
 
 
「ビジネスを勉強する最初の教科書」
として読んでみてください。
15分程度でサクッと読めます。
 
 
メールアドレスを入力すれば読めます。
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。
 
 
もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。
(この下のボタンから簡単にシェアできます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です