しゅんえいが7歳の時、映画「ハリーポッター」の全セリフを丸暗記した話。

僕が7歳の時、映画「ハリーポッター」の全セリフを丸暗記した話。

こんにちは。ハリーポッター大好きしゅんえいです。

 

タイトルにもある通りなんですが、
ぼくはめちゃくちゃハリーポッターが大好きなんですね。

てか今回の記事ビジネス全く関係ねえw

まあ許してくださいw

毎回毎回まじめな話ししてもつまんなくないすか?

飽きません?飽きますよね。

 

なので、

お前の趣味の話とかどーでもいいんだよ!
ネットビジネスの稼ぎ方をもっと教えろ!

って人はこの記事はみなくていいですw

 

まじで好きすぎて、
いろんな人にシェアしたいから話します。

ハリーポッターネタであんまり共感できる人と
出会ってこなかったのでもし、

おおおお!俺もハリー大好きですううううう!

って方は僕にすぐメールしてください笑

 

すぐに返信するんで笑

 

ってことで早速内容に入ります。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

僕が初めてハリーポッターをみたときはまだ小学1年生の頃。

その頃はまだ今みたいなDVDじゃなくて、ビデオテープの時代だった。

ある日お母さんがTSUTAYAでハリーを借りてきた。

 

ん?何だこれ?ハリーポッター??

あー。なんか映画であったな。怖そう。。。

 

当時の僕は、おそらくこんな感じだった笑

なんか魔法使いって怖いイメージでした。

まあ結果的にそれは僕のただの偏見だったんですがね笑

 

早速観てみたら、これがまあ面白いこと。

ぼくはどんどんハリーの世界にのめりこまれて
どんどん魔法の世界を想像して

 

うわーーー!すげーーー!てか杖ほしい!!!

 

すっかりハマりきってしまった。笑

そして気づいたら僕は毎日のように学校から帰った後
必ずハリーポッターと賢者の石と秘密の部屋の2つを
習慣化させてみまくっていた。

 

学校から帰る→ハリーを2本続けて毎日みる→学校から帰る→ハリーを2本続けて毎日みる

 

もう本当にこのルーティーン。

このときは本当にゾーンに入ってた。

 

毎日毎日観続けて、ついにはセリフまで言えるようになっていた。

無意識に頭の中で映画シーンを想像させたら
普通にセリフが出てきていた。

こんな感覚はじめてだった。

ゲームを極めて極めて極めまくった感覚。

 

とにかく考えることが楽しくて

ずっと誰かとハリーについて語りまくりてえええええ!!

なんでみんな観ないの?

超おもしれえぞ!!!

 

って感じだった。

魔法の世界が現実世界にあったらなーーーー。

杖があればいろんな呪文使えるのになーーー。
(映画で出てきた呪文も全てコンプリート済みw)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

まだまだ語り尽くしたいことはいっぱいあるんですが、
語り出すと絶対1日じゃ終わらんのでこの辺で終えときますw

そんな感じで当時小学1年生の頃は毎日思ってました。

たぶん、今までで100回以上は観てますね。

 

あ、ハリーポッターの具体的な内容を知らない方は、
ぜひTSUTAYAとかAmazonプライムとかで観てください。

 

映画からもコンテンツビジネスについて色々学べたりしますよ。

 

そこでもし、面白えじゃん!って思っていただけたら
僕としてはすごい嬉しいですし、なんか仲間が増えたみたいで
得した気分になりますね笑

観た感想などをメールに返信してくれてもいいです。

そのときは全力で語ります笑

 

ネットビジネスもこのくらい極めて極めて極めまくってたら絶対稼げますね。

稼げないわけがない。だって一点集中で極めまくってんだから。

 

映画のセリフ覚えるって、

教材の文字を全部スラスラ言えるぜ!!!

みたいなもんです。

 

稼ぐのに年齢なんてマジで関係ないです。

当時小学1年生だった僕が、教えてくれました。

こんだけ1つのことを極めてたんだから、大の大人ができないわけがないですね。

 

極めて極めて極めまくりましょう!

この世は全て人生ゲームですよ。

 

追伸

ちなみにこっちでも、
僕がハリー大好きだったエピソードを語ってますw

 

 

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

元郵便局員の僕が、「安定」と言われていたサラリーマンを捨てて、
ネット起業したことをきっかけに、社畜を卒業しました。

▶︎しゅんえいの詳しいプロフィールを覗く

元サラリーマンの僕だからこそ言える失敗談や、
ブログでは絶対に言えない情報をメルマガでは講座形式で発信中です。

加えて、1通目には社畜から社長になるまでの
サクセスストーリーをさらけ出した電子書籍をプレゼント中で、
こちらも読者さんから「読みやすい」と好評をいただいております。

15分程度で読めるので、ぜひ受け取ってみてください。

メルマガ講座登録後、すぐに読めます。

▶︎メルマガに登録して電子書籍を受け取る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です