手取り12万郵便局員の圧倒的後発組から月200万週休7日社長になれたストーリーを公開

資産をもたらすツールには容赦無くお金をかけよう。

こんにちは、しゅんえいです。

昨日、
いつも通りスタバでアイスコーヒーを頼んで、
パソコンを開いてカタカタと作業して、
大体2時間くらいたった時のことだったのですが、

急にパソコンの画面が真っ暗になってしまい、
こりゃーあかんわw そろそろ替え時だなと思ったわけです。

ちなみに、
いつもはコンセント付きの席に座って作業するのですが、
昨日はみんなの休日日曜日ー!とのことで人がわんさか。

 

そんなこんなでいつもとは違った席に座って、
2時間くらい作業してたら充電がかなり減ってました。

100%→40%くらい。

 

で、僕が何を言いたいのかというと、
僕なんかは普段、仕事でスマホとパソコンを使ってるわけですけど、
こういった資産をもたらしてくれるツールには、容赦無くお金をかけていこうぜ!
ってのを、自分の体験から伝えたいのです。

他にも、家の机や椅子とか、この辺もお金をかけるべきですね。

例えばいい椅子であれば普通に10万以上する椅子もあるわけですが、
そういったちょっとだけ高いものであっても、僕は容赦無くお金を突っ込みます。

 

だって、
もし10万円のいい椅子を買って作業効率が超上がったら、コンテンツをたくさん作れて、
記事をめちゃくちゃ量産できて、動画もたくさんアップできるようになるので。

使ってるMacBookとかが、
ちょっと高くてカッコよかったら、なんかやる気出るじゃないですか笑

で、そのスマホとかMacBookとか机とか椅子とかが、
後に数千万、数億円とお金を生み出してくれるアイテムだと思えば、
容赦無くお金をかけてしまえー!と思うわけです。

 

他にも、
サラリーマンをやっていて、営業の仕事をされてる方とかであれば、
スーツや靴とかは、ちょっと高くてもいいので、いい物を買うことをおすすめします。

そしたら、営業先の人に、
「いい靴っすね!爽やかですね!」なんてお褒めの言葉もいただけて、
そこから話が弾んで成約に結びつく可能性だってありますよね。

 

なので、こういった自分に資産をもたらしてくれるツールには、
容赦無くお金をかけていきましょうー!といったお話でした。

では!

追伸

動画も撮りました。

 

 

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

元郵便局員の僕が、「安定」と言われていたサラリーマンを捨てて、
ネット起業したことをきっかけに、社畜を卒業しました。

▶︎しゅんえいの詳しいプロフィールを覗く

元サラリーマンの僕だからこそ言える失敗談や、
ブログでは絶対に言えない情報をメルマガでは講座形式で発信中です。

加えて、1通目には社畜から社長になるまでの
サクセスストーリーをさらけ出した電子書籍をプレゼント中で、
こちらも読者さんから「読みやすい」と好評をいただいております。

15分程度で読めるので、ぜひ受け取ってみてください。

メルマガ講座登録後、すぐに読めます。

▶︎メルマガに登録して電子書籍を受け取る

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1日で本を7冊買ってみた

【書評】堀江貴文さんの「ゼロ」を読んだ感想

1つのメルマガのみで報酬1000万突破!!

プロフィールと発信理念

ブログ運営者:しゅんえい

母子家庭の一人息子として平凡生活を送り、
その後は高卒手取り12万の郵便局員を経験。

その後、「誰にも何にも縛られたくない」
という欲望から

2016年1月にネットビジネスを開始。

 

勢いで郵便局を退職し、
その後丸一年派遣社員をしながら

様々な副業(MLM、バイナリー、メルカリ等)
に挑戦するも

初めの約1年半は稼げないノウハウコレクター。

それでも自由になることを諦めきれず、
webマーケティングを実践した結果、

派遣の給料と副業で月収50万を突破して
即座に脱サラを実行。

その後もマーケティングを活かした
SNSアフィリエイトや

独自商品のコンテンツ販売で
月収100万→200万と収益化を実現し、

2021年現在、独立5年目に突入。

 

ブログでは、そんな

「才能ない後発組の凡人でも
下克上して自由に生きる」

という僕自身の経験と方法を伝える為に
2018年から運営中。

詳しいプロフィール&理念はこちら

手取り12万から月100万までの道筋を書籍化

 

ただの郵便局員からネット起業した経験を元に、
「僕たちに、もう会社は必要ない」
という書籍を執筆しました。

圧倒的後発組の凡人の僕が
どのようにゼロから月収100万を突破したのか?

失敗経験から具体的方法まで
ストーリー形式で書いたので、
興味があれば読んでみてください。

無料で読んでみる

追伸:購読者1700人突破&感想350件突破^ ^