芸人とやってる事一緒じゃん。

こんにちは、しゅんえいです。

今日は、
「トーク力」
についてお送りします。

僕は元々無口で、
全然喋れない性格なので、
トーク力を上げるってのが
自分の中の目標の1つでもあります。

で、この「トーク力」って、
色んな言葉で言い換えることができます。

大きく視点を広げると、
トーク力=情報発信力
にもなるんですよね。

女の子を落とすのもそうだし、
営業する時もそうだし、
セミナーをする時だって、
発信力があればあるほど良いです。

発信するってことはつまり、
アウトプットする事なので、
インプットした情報を
外に吐き出すって事です。

このメルマガだってそうだし、
ブログもそうだし、
日常生活全てにおいて
実は発信してるんですよね。

そんな感じで、
情報発信って色々あるんですけど、
超わかりやすく言うなら、

①ネタを増やして
②出し方を考える

これだけなんですよね。

お笑い芸人さんと同じです。

ネタを考えて、
それを漫才やコントにして
出し方を必死に考えてます。

だからこそ
普段から知識を入れて、
それをどうやって出していくか?

これが大事です。

そしてその出したものが、
コンテンツになるわけです。

それを自分で客観的に見たり、
お客さんに見てもらって
ダメなコンテンツは見られなかったり、
逆に良いコンテンツは沢山見られたりするんです。

そんな風にして、
発信力を鍛えれば鍛える程
コンテンツの質も上がっていきます。

ちなみに、
コンテンツを作りたいけど
なかなか作れなくて
頭の中がモヤモヤ状態の人は、
1回頭の中を整理するために
紙に思ってる事全て書いてみるのオススメです。

そうすると、
案外くだらない事だったり、
どうでも良い事で悩んでた事に気づけるし、
その後の行動がシンプルになります。

僕は常に考えて行動してます。
って言ってる人で、
本当に常に考えながら行動できてる人を
あんまり見た事ないです。

逆に本当に考えてる人は、
言うことの視点がまず違うので
すぐわかるんですよね。

あ、この人レベルちげえなw
ってなります。

何も考えてないと、
本当にくだらん事で悩んだりするので、
それは勿体無いですね。

頭の中がモヤモヤしてるし、
いつもグルングルン状態です。

情報発信と聞くと、
ネットビジネスの業界の発信だけだと
思われがちですけど、
それは全然違います。

もっと範囲を広げて、
視野を広げればそれが理解できます。

テレビのCMだって情報発信だし、
映画も情報発信だし、
お笑い芸人だって情報発信して飯食ってます。

人気の芸人さんってトーク力凄いですよね。

明石家さんまさんとか。
松本人志さんとか。

やっぱあれだけトーク力があるからこそ、
年収も桁違いですもんね。

要はそれだけトーク力と言う名の、
情報発信力がある人は、
社会から求められるし、
それに応じてもらえる報酬も違うんです。

なので、
単純に面白い場所を
お客さんに提供できるだけで、
それが一瞬でお金に変わります。

とは言ってもやるべき事は、
①ネタを増やして
②出し方を考える

本当にこの2つです。

だからこそ僕ももっとトーク力鍛えたいです。

ちなみに今回の話をしようと思ったきっかけが、
トーク力と発信力って関係あるんですか?
といったご質問をいただいた事でした。

実際トークと発信って同じです。

分ける必要はないし、
やってみれば同じだと言うのが理解できます。

やっぱり普段から物事を見る視点や、
範囲が狭いってのは恐怖です。

それだけで重要な事に気づけないし、
機会損失を被る事になります。

質問してくれた方に聞くと、
案の定、
普段から知識を得て学んでないらしいです。

勿体無いですそれは。
自己投資マジで利回り半端ないですよ。

学ばない人は何なんでしょう?

だって、脳が全てを決めるわけなので、
そこを鍛え上げなくて成功するはずがありません。

僕は今まで色んな事を勉強してきました。

コピーライティングとか、
マーケティングとか、
セールスとか
実践しながら学んでます。

でもそれは結局②の部分なんですよね。
出し方を練習してるんです。

①でネタを増やして、
②でコンテンツと言う形にしていきます。

ネタ数×出し方=発信力

なので、
もちろん両方鍛える必要がありますが、
最初は②に特化して鍛えるべきです。

つまり思考の部分ですね。

ネタは覚えてしまえば終わりだからです。

でも出し方に関しては、
すぐには身体に浸み込みません。

でも出し方を一度使えるようになれば、
それは決まり切った型なので、
どんなネタだろうと一生使えるし、
常に学べるようになります。

誰かのブログとかメルマガだけじゃなくて、
普段の日常からも
学ぶことができるようになります。

つまり、
情報の盗み方のレベルが上がっていく、
ということです。

そうすれば、
上手い人のコンテンツを見たときに、
簡単に良い部分だけを盗めます。

僕であれば、
「仕組み化」という概念があるので、
誰かのビジネスモデルを見れば
一瞬で欠点が手に取るようにわかるし、
盗める部分もすぐにわかるんです。

本当に生きてるだけで丸儲け状態です。

お金も稼げるし、
それに伴って知識も増えて、
信頼できるお客さんも増えて、
仲間も増えて、
最高の状態になれます。

なのでどんどん楽しくなります。
まあ知識があれば楽しい事も増えますしね。

色んな世界を知れば、
どんどん趣味も増えるだろうし、
色んな人に会うこともできますね。

なので周りにどんどん魅力的な人が増えます。

実際僕もビジネス始めてから趣味増えましたし、
魅力的な人も圧倒的に増えました。

「人生変えたい」
と言ってビジネスに参入して、
本当に一瞬で人生変わる人もいれば、

逆に10年経っても変わらない人もいるのは、
ビジネスを教える立場になって理解できました。

いつまでも変わらない人は、
まず素直さが無いし、
悔しいと思っても
それをなかなか認められないから、
他人のせいにしてさらにディスる。

成長するわけないです。
なのでそんな人とは僕は関わらないようにしてます。

金持ちがどんどん金持ちになるのって、
関わる人をしっかり選んでいて、
自分を成長させる人を周りに置いてるからです。

引き寄せの法則ですね。

情報発信してるのでわかりますが、
発信して人にギブすると
どんどん情報が集まるし、
ちょっと勇気を出して人に喋ったりすれば
相手も喜んでくれて、
さらに有益な情報が返ってきて
どんどん楽しくなります。

そんな風にして、
どんどん格差が広がってます。

そういった意味でも、
ブログとかメルマガといった、
「情報発信ビジネス」
を若いうちに知れてラッキーでした。

メディアを持ってビジネスすると、
マジでトーク力上がりますよ笑

入れて→出す
入れて→出す

これができれば、
コンテンツなんて無限に作れます。

しかも経費はほぼ0円です。

今後成長したい人や、
自信をつけたい人なんかは、
ピッタリの環境じゃないですかね。

別に誰にも迷惑をかけるわけでもないし、
家でもカフェでもどこでもできます。

そういう便利な時代なんですよね。

スキルが元々無くても、
お金が無くても、
人脈が無くても、
家から出なくてもいい。

やればやる程稼げるって考えると、
改めてネットビジネスって凄いなーと思います。

ネットが出てきたのなんて、
つい20年前とかだから全然最近だし、
今後もどんどん進化していくでしょう。

だからこそ参入するなら
早い方が絶対良いですね。

 

追伸1

お金儲け的な話は、
世間ではあんまり受け入れられにくいですが、
だからこそ貧富の差は広がるんだと思ってます。

お金について学んでこなかったので、
まあそうなるのは必然ですね。

でも今からでもちゃんと学んで理解すれば、
変な偏見も無くなるし、
稼ぐことが素晴らしい事だと気づけます。

トークしまくりましょう。

 

追伸2

塚田農場に行ってきました。
店員さんのサービスでこんなの作ってもらいました。

普通にうまかったw

明太子もうまい。

 

 

電子書籍を無料でどうぞ

 
僕は22歳の頃から月収190万程稼いでます。
 
才能もないし、
母子家庭で恵まれた環境にいたわけでもないです。
 
高卒でサラリーマンになりましたが、
給料が低く極貧生活。
 
 
そういった状況からビジネスに出会い、
会社以外の時間で真剣に取り組んだところ、
今までできなかった事ができるようになったり
行動の選択肢が広がりました。
 
 
ビジネスを勉強する過程で、
仕組みを作る方法や
思考を鍛える方法
生産性を高める方法
メディアを組み合わせて自動化する方法
価値を生み出す方法
 
etc・・・
 
学校では絶対に教えてくれない事を
大人になってやっと知る事ができました。
 
 
これまでの経験を踏まえて、
生まれ持った才能や環境はコントロールできなくても
ちゃんと勉強して正しく取り組めば、
誰だろうと資産を作れて自由に飛躍すると確信してます。
 
そういった人が
日本に一人でも増えれば、
もっと希少性価値のある人間で溢れ、
便利なサービスもどんどん増えて
世の中がかなり面白くなるのでは?
 
と思ったんです。
 
 
こういった理念から、
僕のこれまでの経験を元に
どのようにしてゼロの状態から今の状態になったのか?
 
そのサクセスストーリーを
1つの電子書籍にまとめました。
 
 
「ビジネスを勉強する最初の教科書」
として読んでみてください。
15分程度でサクッと読めます。
 
 
メールアドレスを入力すれば読めます。
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。
 
 
もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です