手取り12万郵便局員の圧倒的後発組から月200万週休7日社長になれたストーリーを公開

郵便局あるあるベスト5を公開【元郵便局員が解説】

しゅんえいです。

 

僕が元郵便局員というのは、僕のブログを何度か読んでくれている方であれば
もう知ってる人もいるかと思いますが、5年前、僕は郵便局の窓口社員として働いてました。

これまでもいくつか郵便局ネタは話してきましたが、
今回はブログで郵便局員にしかわからない「あるある」なネタを公開しようと思います。

ちなみに、これまでの郵便局ネタをまとめておきます。

 

 

郵便局あるあるベスト5を公開

 

では、ここから本題に入りますが、
あくまでも僕の経験場の事なので、全てを鵜呑みにしないことをおすすめします。

これから郵便局員を目指す人は、参考にしてみてくださいね。

 

①福利厚生がいい

 

他の会社よりも、休みや育休を取りやすい等、
福利厚生はかなりいいのかな?と思います。

僕自身、まだ新人1年目の段階で普通に有給を取ってましたし、
育休だって取ろうと思えば取れたと思います。

まあ、これは会社のカラーというか、窓口社員に関しては
貯金業ももあるのであんまり長く局に居残れないんですね。

たぶんそういうのもあって、そこに関してはホワイのなのかなと。

 

②給料はかなり低め

 

福利厚生はかなりいいものの、給料に関しては低めです。

1年目の給料は、僕のプロフィールにも書いてますが、
手取り12万くらいだったので、時給換算したら750円くらいです。

一方、久々にスバタで遭遇した友達は工場職ですが、
彼は残業代でもしっかり稼いでいたので月30万以上もらっていたそうです。

そういう意味では、給料は期待しない方がいいですね。

もちろん、保険の営業を頑張れば多少のインセンティブがもらえますが、
そんなのはたかが知れてますし、かんぽの不正が発覚してから、
保険営業自体そんなにできない状態なので、なおさらです。

 

③局によって人間関係が激しい

 

これもかなりあるあるですが、局やエリアによって人間関係に差があります。

差っていうのは、ある局では優しい人が多いけど、
またある局では難しい人や、厳しい人が多いみたいな。そんな感じです。

ちなみに僕がいた局は僕以外全員女性で、みんなお母さん的存在だったので
めちゃくちゃ可愛がってもらってました笑

なので人間関係に関してはかなりいい方でしたが、
当時仲の良かった同期は、「上司の〇〇さんがまた文句言ってきてさあ…」
みたいな事を会うたびに相談してきてました。

まあこれに関しては自分でコントロールできないので仕方ないかもしれませんが、
あまりにもキツイ場合は、移動申請を出すとか、思い切って辞めちゃうとかでもいいと思います。

 

④自爆営業は当たり前

 

ここで、かなり深い闇を公開してしまいますが、
社員や局長さんが営業目標の為に自爆するのもあるあるです。

まあ、大体は局長が自爆しているパターンが多いですが…

僕が印象的だったのは、同じ部会(グループ)の局長さんが
数千円のメロンを5個買って自爆していたことと、
あたかもそれが当たり前の如く毎回月末になるたびに行われていた事です。

当たり前ですが、自爆営業はよくないです。

でも、よくないと分かっていても営業目標を達成しないと
もっと上の人からブーブー言われるわけですから、そう思うとかなり大変だなと。

 

⑤離職率が高い

 

僕も退職した身なので離職してるんですが、転職が当たり前のこのご時世なので、
はやり離職する人も多いイメージです。

同期が100人いたとして、まず1年で30人くらいは辞めていく感覚です。

多分理由は、給料が割りに合わないとか、内容が合わないとか
そういう感じだと思いますが、僕もそれでした。

まあ、辞める続けるに関しては本人の意思なのでどちらでもいいとは思いますが、
今でも関わりのある局長さんに話を聞く限りでは、昔から離職率が高いのは変わってないみたいですね。

 

郵便局あるあるベスト5のまとめ

 

そんな感じで、郵便局員の経験から
郵便局のあるあるを公開してみました。

ぶっちゃけ、郵便局に限った話ではなくて、どこの会社も一緒だと思います。

給料が安いとか高いとか、人間関係とか、営業ノルマとか
そんなのはどこの会社でも一緒ですからね。

 

良い面もあれば、悪い面もあるので、そこは自分で経験して感じるのが1番いいと思います。

結果的に僕は郵便局を辞めるという決断をしましたが、
全く後悔などはしていません。

辞めた事で、今があるわけなので。

それに辞めたからといって、人間関係がこじれたとかではないし、
普通に今でもお世話になってた人に会いにいくくらいなので、そこは問題ないです。

 

ただ、コロナが流行った事と、時代の流れを見ての判断ですが、
これからは本当に会社の給料だけではかなり不安だし、
仮に今会社員で給料をいただけるにしても、いつクビになるかさえもわかりません。

今のうちに副業収入を作っておく事をおすすめしたいですね。

今回の記事を読んで、「じゃあどうすればいいの?!」って思ってもらえた場合は、
こちらの記事でかなり詳しく話してるので、ぜひ読んでみて下さい。

 

追伸

ブログランキング参加中なので、ポチッと押してくれると嬉しいです^ ^

↓↓↓

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

元郵便局員の僕が、「安定」と言われていたサラリーマンを捨てて、
ネット起業したことをきっかけに、社畜を卒業しました。

▶︎しゅんえいの詳しいプロフィールを覗く

元サラリーマンの僕だからこそ言える失敗談や、
ブログでは絶対に言えない情報をメルマガでは講座形式で発信中です。

加えて、1通目には社畜から社長になるまでの
サクセスストーリーをさらけ出した電子書籍をプレゼント中で、
こちらも読者さんから「読みやすい」と好評をいただいております。

15分程度で読めるので、ぜひ受け取ってみてください。

メルマガ講座登録後、すぐに読めます。

▶︎メルマガに登録して電子書籍を受け取る

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「ひとり株式会社」がいかに素晴らしいか。普通の会社じゃ絶対にできない事。

講座生の平井さんから自動化操縦士の感想をいただきました。

1つのメルマガのみで報酬1000万突破!!

プロフィールと発信理念

ブログ運営者:しゅんえい

母子家庭の一人息子として平凡生活を送り、
その後は高卒手取り12万の郵便局員を経験。

その後、「誰にも何にも縛られたくない」
という欲望から

2016年1月にネットビジネスを開始。

 

勢いで郵便局を退職し、
その後丸一年派遣社員をしながら

様々な副業(MLM、バイナリー、メルカリ等)
に挑戦するも

初めの約1年半は稼げないノウハウコレクター。

それでも自由になることを諦めきれず、
webマーケティングを実践した結果、

派遣の給料と副業で月収50万を突破して
即座に脱サラを実行。

 

その後もマーケティングを活かした
SNSアフィリエイトで累計400万以上、

独自商品のコンテンツ販売で
累計2000万以上収益化をしながら

2021年現在、独立5年目に突入。

メルマガ読者1900人。月間最大風速230万。

 

ブログでは、
僕自身が圧倒的後発組から
お金と時間の自由を得れたので、後発組に向けて

「可もなく不可もない後発組の凡人でも
下克上して自由に生きる」

という僕自身の経験と戦略を継承する為に
2018年から運営中。

 

◯現在、手取り12万から月100万になった道筋を
15分で読める電子書籍に書いたので、
僕に興味があればぜひ読んでみてください^ ^

無料で電子書籍を読んでみる

詳しいプロフィール&理念はこちら

手取り12万から月100万までの道筋を書籍化

 

ただの郵便局員からネット起業した経験を元に、
「僕たちに、もう会社は必要ない」
という書籍を執筆しました。

圧倒的後発組の凡人の僕が
どのようにゼロから月収100万を突破したのか?

失敗経験から具体的方法まで
ストーリー形式で書いたので、
興味があれば読んでみてください。

無料で読んでみる

追伸:購読者1900人突破&感想360件突破^ ^