「イノベーション」なんて起こさなくても立派な起業だと思う。

こんにちは、しゅんえいです。

この前
Twitterを見てたら、

「ネットビジネスや転売を
 起業って言うのはおかしい!」

というツイートを見つけました。

ちょっと気になったので、
その人のプロフィールに飛んだら
YouTuberをやってる方でした。

ネットビジネスじゃんw
バリバリネットビジネスマンじゃんw

思わず突っ込んでしまいました。

その方が言うには、
何かイノベーションを起こしたり
世になかった
新しいサービズを生み出す事が、

「起業家」

らしいのですが・・・

んー、
なんと言うか
この起業に対する偏見が
日本には起業家が少ない理由の1つ
なのでは?

と思った瞬間でした。

それで言うと、
「転売」
ってのも立派な起業だと思ってます。

Amazonって世界的に見ても
5本の指に入るくらいの大企業ですが、

このAmazonでさえも
元々は本を効率よく出荷する事業
から始まったので、

本を移動させて
その差額で儲けるわけなので、
普通に「転売」です。

でもその結果、
図書館にもないような本を
スマホ1つで見つける事ができて、
今は物凄く世に価値提供しまくりです。

Amazon以外にも、
YouTubeとかFacebookとか
その他アプリも、
これらぜーんぶネットビジネスですよ。

Facebookって元々は
ハーバード大学内での
言ってしまえば「出会い系」
みたいな小さなアプリだったんです。

でもそれが、
これ使いやすくね?
となって

アメリカで広まり、
そして世界で広まり、
今のFacebookになりました。

Googleだって
元々は今見たいな
巨大プラットフォームじゃなくて、
最初は大学の論文を見つけるための
小さなシステムだったんです。

論文いちいち探すのめんどくね?
と誰かが思ったんでしょうね。

そこから簡単なツールを開発して、
さらに全ての情報をまとめた事で
今のような巨大事業になったんです。

要は何がいいたいかって、
最初は「小さくていい」
と言う事です。

まずは目の前の人のために
問題や悩みを解決する事が大事です。

そういった
小さい事からのスタートなんですよ。

で、
それを繰り返す事で
後々は世に革命を起こすんだと思ってます。

僕もそれは同じで、
普通にネットビジネスしてますけど
元々はお金が無くて、
自由になりたい!

といった
超個人的な理由ではじめました。

なので
最初はマジで小さい商品で、
ちまちま売ってたりしましたね。

そして、
そこで学んだことをブログとか
Twitterとかメルマガで
ただ淡々と発信してただけです。

今日は1記事書きました!
よし!読者さん10人突破!
今日はこれとこれをやるそ~!

みたいな笑
マジで日記じゃんってなりますね笑

でもそんな小さいブログでも、
少しずつ読んでくれる人が増えて
もっとビジネスを教えてください!
と言ってくれる人が段々増えて

一人一人教えてたら
全員手が回らないな・・・

と思ったので、
教材を作って販売しよう
と思ったんです。

そしてそこから
コツコツ教材を販売する仕組みを作ったら
自動化もできるようになって、

今では
僕の教材を受け取ってくれた人が
ネットビジネスの可能性を感じて
みんな前向きに取り組んでます。

そんな人を、
これまで何人も生み出して来ました。

今は企業のコンサルをしたり、
起業家仲間と組んでジョイントしたり、
他ジャンルのYouTuberをしたりしてます。

これらも立派な
「起業」
だと思ってますけど、
どう思いますか?

自分で言うのもおこがましいですが。

だからこそ
なんか歯がゆいと言うか・・・

イノベーションを起こさないと起業じゃない!とか
金儲けは詐欺だ!とか
新しいサービスを作らないといけない!とか

これを間違って捉えて
ひたむきにコツコツやってる人を
批判しまくる風潮?

これって
マジでよくないと思ってます。

逆にお花畑というか、
超華やかに見えるビジネスって
普通にライバル激戦区だし、
すぐ大手に潰されるし、
お金もめっちゃかかったりするから、

せっかくやるぞ!
と一歩踏み出した若者が、
ベンチャー立ち上げて失敗して、
結局は何もできず倒産・・・

なんてのは、
本当にあるあるです。

(こういった失敗談が広がるから
 なんか起業はリスクが高くて難しい!
 みたいな偏見ができてるんだと思います)

ついでに言うなら、
なんでみんな
新しいものを求めるんだろう?

別に新しくなくてもいい気がしますけどね。

だって、
新しいものを生み出すってことは
その市場のパイオニアって事です。

最初は何もない状態ですよね。

僕で言ったら、
ブログの開設方法もわかんいない。
プラグイン?何それ?状態です。

その状態でのスタートなので、
相当な覚悟と執念がなければ
よっぽど新しい事をしても成功しないです。

てかむしろ、
見た目は飽和してるように見えて
しかもオワコンだろと言われるメディアで
荒稼ぎしてる人は結構いるんですよ。

実際、僕が使ってるメディアも
一般的にオワコンって言われてる
ブログとメルマガがメインです。

オフィスも持ってません。
普通に実家です。

今は近くのスタバで
アイスコーヒすすりながら
MacBookカタカタしてるなうです。

いつもカッコつけながら
メルマガ書いてます笑

キレイなオフィスとかに
無駄な固定費を使うくらいなら、
広告費とか知識に使った方が
より成長するし、
収入も青天井に伸びます。

それに、
僕は基本一人でやってます。

完全一人。

起業家の友達もいるけど、
一緒にビジネスしてるわけではないです。

たまに東京で飲んだり、
情報交換するくらいです。

それでも十分です。

それだけでも、
もしかしたら今後、
イノベーションを起こせるかもしれない。

だからこそ、
ネットビジネスを始めるきっかけとか
別に深く考えなくていいです。

お金もっと欲しいな~。
よしネットビジネスでもやるか。

これでいいんです。

きっかけは
特別なものじゃないきゃいけない。とか
この起業が良くてこれは悪い。とか
そんな事は気にしなくていいんです。

そんな事を考える時間があったら、
地味な事をコツコツやったり
まずは小さくていいから
目の前の問題を解決したりする方が
よっぽど自分のためになるし、
世の中のためにもなります。

まだ世間的に見ると、
起業ってなんかリスク高い。
危険。怪しい。

みたいなイメージだけど、
そういった
ネガティブイメージを
少しでもなくす事ができれば、

この日本にも、
スティーブ・ジョブズや
マークザッカーバーグみたいな

イノベーションを起こせる人が
生まれてくるのかなと思ってます。

僕もそうなれるように
もっと頑張ります。

 

 

 

電子書籍を無料でどうぞ

 
僕は22歳の頃から月収190万程稼いでます。
 
才能もないし、
母子家庭で恵まれた環境にいたわけでもないです。
 
高卒でサラリーマンになりましたが、
給料が低く極貧生活。
 
 
そういった状況からビジネスに出会い、
会社以外の時間で真剣に取り組んだところ、
今までできなかった事ができるようになったり
行動の選択肢が広がりました。
 
 
ビジネスを勉強する過程で、
仕組みを作る方法や
思考を鍛える方法
生産性を高める方法
メディアを組み合わせて自動化する方法
価値を生み出す方法
 
etc・・・
 
学校では絶対に教えてくれない事を
大人になってやっと知る事ができました。
 
 
これまでの経験を踏まえて、
生まれ持った才能や環境はコントロールできなくても
ちゃんと勉強して正しく取り組めば、
誰だろうと資産を作れて自由に飛躍すると確信してます。
 
そういった人が
日本に一人でも増えれば、
もっと希少性価値のある人間で溢れ、
便利なサービスもどんどん増えて
世の中がかなり面白くなるのでは?
 
と思ったんです。
 
 
こういった理念から、
僕のこれまでの経験を元に
どのようにしてゼロの状態から今の状態になったのか?
 
そのサクセスストーリーを
1つの電子書籍にまとめました。
 
 
「ビジネスを勉強する最初の教科書」
として読んでみてください。
15分程度でサクッと読めます。
 
 
メールアドレスを入力すれば読めます。
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。
 
 
もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

4 件のコメント

  • こんにちは。
    ビジネスの勉強に真剣に取り組んだから、
    今のしゅんえいさんがあるのですね。
    私も頑張ろうと思いました。また訪問させていただきます。

  • 面白いのに勉強になりました!
    そんなに壮大な革命とか、世界を変える!みたいのではなく、
    まずは自分の未来のために動いてみていいんですよね。

    また読ませていただきます!

    • そうですね!イノベーションは他の才能ある人が起こしてくれるので、
      まずは自分が真っ先に自由になることと、やりたい事をいつでもできる状態にするのが1番です!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です