ONE PIECE(ルフィ)から教わった、たった1つの成功法則とは?

こんにちは、しゅんえいです。

こないだ、ONE PIECEの最新映画の「スタンピード」を観てきました。
迫力満点だったし、強敵キャラもやばかったし、
とにかく興奮しまくりでしたね。

個人的には、サボとスモーカーが能力を絡ませて攻撃するシーンが
1番興奮しました。

せっかくONE PIECEの魅力を再確認できたので、
今日はルフィーから学んだ哲学について話そうと思います。

 

成功者特有の哲学

 

自分でビジネスを経営する僕が、
これまで色んな成功者から学んで思ったのは、

「みんな必ず指針を持っている」

という事でした。

これは「宗教」や「思想」とほとんど同じだと思ってもらえればいいです。

 

なんでこう思ったのかというと、
成功者の講義や話してる言葉を深く聞いて裏側の部分を探ってみると、
その人特有の考え方やエネルギーが宿ってるなと感じたからです。

ルフィにも同じことが言えると思っていて、
彼は何を大事にしてるのかっていうと、
「麦わら帽子」を大事にしながら海賊王を目指してますね。

しかも、その計り知れない行動力は見ものです。

仲間でも想像できない行動をしでかすこともあります。

 

それでも、ルフィは旅の中で魅力的な仲間をどんどん増やしながら、
確実にONE PIECEへと近づいています。

さらに彼は途中で遭遇する強敵や、村人達を
どんどん味方につけていきます。

ドフラミンゴを倒す前だって、
コローダコロシアムで戦っていたはずの強敵達を
ほとんど味方にしてしまうという偉業を成し遂げています。

これこそが彼の最大の能力なのでは?
と思ってます。

ミホークも言ってましたしね。

 

だから、ルフィ自身も1つの折れない指針を持ってるんです。

 

具体的なシーン

 

実際、それが顕著に現れるシーンがいくつか出てくるんですけど、
例えばルフィは自分の麦わら帽子をいつも身に付けてます。

そしてその帽子を取られたり、バカにされたり、
名誉を汚すような事をされれば、敵をぶん殴って改めさせます。

漫画やアニメを観ればわかりますが、
こういうシーンがいくつもあるんです。

 

これは自分が尊敬する人のことをバカにされたり、
好きなアーティストをけなされたりしたら怒るのと同じです。

宗教で言うなら、自分が信じている思想をバカにされたとかと同じです。

ルフィは帽子をシャンクスからもらいました。

なので、帽子をバカにされる=シャンクスの存在を否定され

これと全く一緒なんですね。

 

あとは他にも、
彼はいつも「海賊王に、俺はなる!!」と自分に言い聞かせるようにして
自分の目標、信念を曲げずに叫んでます。

ルフィの1つのルーティーンなんだと個人的には思ってます。

と同時に、宗教と同じように
自分のエゴを信じて「今日も頑張ろう」という気持ちが
裏には隠れているかのように思わされます。

 

折れない指針を持ってる人は成功する

 

ここで話を戻しますが、
やっぱりルフィのような1つの指針や信念を持っていると、
ビジネスでも成功しやすいのでは?と思います。

みんなそれぞれの思想を持ってビジネスをしてるし、
心のどこかにそういうものがないと
うまくいかずに伸び悩んだ時にすぐ倒れてしまったりします。

 

その指標が小さいからダメとかは一切関係なくて、
自分の中でちゃんと定められればいいわけです。

自分のルールですね。

だからこそ成功者はいつでも行動できる人ばかりだし、
常にモチベーションが高い状態でいられるんです。

 

だから、ここで改めて自分が何のために仕事をしていて、
どこを目指すべきなのかを再確認するきっかけになってくれれば僕も嬉しいです。

そうすれば、収入も青天井になるし、
ルフィのようにどんな敵でも最後には
必ず倒せるパワーがどんどん身についていくのかなと。

 

以上、ONE PIECEの麦わらのルフィから学ぶ、成功者特有の哲学でした。

 

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

元郵便局員の僕が、「安定」と言われていたサラリーマンを捨てて、
ネット起業したことをきっかけに、社畜を卒業しました。

▶︎しゅんえいの詳しいプロフィールを覗く

元サラリーマンの僕だからこそ言える失敗談や、
ブログでは絶対に言えない情報をメルマガでは講座形式で発信中です。

加えて、1通目には社畜から社長になるまでの
サクセスストーリーをさらけ出した電子書籍をプレゼント中で、
こちらも読者さんから「読みやすい」と好評をいただいております。

15分程度で読めるので、ぜひ受け取ってみてください。

メルマガ講座登録後、すぐに読めます。

▶︎メルマガに登録して電子書籍を受け取る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です