もうSEO対策だけではムリ?今後のWeb集客を時代の流れを元に考察する

ここ2、3年で、
「もうブログはオワコンだ」「ブログは稼げない」
なんてことを結構耳にしますが、

これはいささか間違ってないかもしれません。

 

なぜなら、ここ2年くらいで
一般的に「ブロガー」と呼ばれる人たちが
これまではブログのみで集客し、稼いでいましたが

YouTubeやnoteを始めたりして、
ブログ以外からのアクセス獲得をする傾向にあるからです。

この現象って、単純に
もうSEOだけでは稼げなくなったのでは?
と思いました。

 

と言うことで、今回は2020年最新の集客と
今後のSEO事情はどうなっていくのか?

僕なりに考察していきたいと思います。

 

なぜSEOだけでは稼ぎにくくなったのか?

 

まず1番始めに抑えておきたいのは、
そもそもなぜSEOだけでは稼ぎにくくなったのか?
ってことです。

完全に稼げなくなったわけじゃありませんが、
昔と比べたら確かに稼ぎにくくなったと思ってます。

 

では、その原因は何なんでしょう?

それは、、、

①時代の変化と、
②ライバルが増えたから

 

これに尽きると思います。

SEOのみで稼ぐブロガーさんの間でよくあるのが、
「これまで上位表示されてた記事が急に上位表示されなくなった」
ってやつなんですが、

この原因は
グーグル側の規制変更やアルゴリズムのアップデートによるものです。

 

もっと深掘りしますが、
ではなぜ規制変更やアルゴリズムをアップデートするんでしょう?

それぞれ分けて考察します。

 

規制変更

 

まず、規制変更ですが、
ライバルが増える=大量にコンテンツ(記事)が投稿される
ので、当然大量のコンテンツが増えていくとなれば、

Googleにとって望ましくないコンテンツを投稿する人も沢山出てきてしまいます。

具体的には

・何の中身もないペラサイト
・スパム的な記事

のようなものです。

 

昔はペラサイトに広告をかけてアフィリエイトで稼ぐといった
PPCアフィリがかなり流行った時期があったらしいですが、
当時相当ライバルが増えて一気に規制が入った事例があります。

当然、ライバルが増えたプラットフォームには規制がどんどん入ります。

YouTubeやテレビもそうですね。

ライバルが増えて、いろんなコンテンツが投稿されれば、
そこでルールを無視して稼ごうとする人もいるわけですから、
規制が入るのは当たり前です。

 

Googleが常に目指しているのは
良質なコンテンツを届けることですから、
それを意識しないと必ず何かしらの形でSEO上位から除外されます。

 

アルゴリズムのアップデート

 

これも規制変更と似てる部分がありますが、
ビジネスには必ず時代とともに「進化=アップデート」していく必要があります。

なぜなら、時代によって人の価値観が変わったり、
流行り廃りがあったりするからですね。

 

Googleだって、単なるボランティアで検索エンジンやYouTubeを提供しているわけではなく、
ビジネスとしてプラットフォームを提供してくれているんですね。

で、繰り返しますが
ビジネスで長期的に生き残るには時代とともに「進化」が必要なので、
当然、プラットフォームのアルゴリズムも進化(=アップデート)しなければいけません。

具体的には、

これまではタイトルだけちゃんとしていればある程度上位を取れた記事が、
それだけではなくて、「滞在時間」もある程度ないと上位じゃなくなる

みたいなアルゴリズム変更です。

 

YouTubeでも全く同じことが起こってます。

昔は10分以上の動画は少なかったですが、
最近は20分とか30分とかの長い動画を投稿するトップYouTuberが増えてきました。

その傾向から考察しても、はやりタイトルだけじゃなくて、
「滞在時間」(YouTubeでは『視聴維持率』と言います)もアルゴリズム的に
重要視されるようになったのでは?

と思います。

 

総じて、時代の変化とライバルが増えた事によるSEOの変化です。

 

じゃあ、今後の集客はどうすればいいのか?

 

僕の考察からわかるように、
SEOだけでは集客はしにくくなってきたわけですが、

じゃあ今後はどう集客するのが1番良いのか?

これを解説したいと思います。

 

これは絶対ではないので、あくまで僕の一意見として参考にしてください。

僕も4年間くらいビジネスをしてきて、日々色んな方法をテストしてます。

その中で今1番集客しやすい方法をここで解説しますが、
それは、、、

別メディアからブログにアクセスを流す
というやり方です。

 

どう言うことかと言うと、

・YouTube→ブログ記事

・Twitter→ブログ記事

・インスタ→ブログ記事

・Facebook→ブログ記事

みたいな感じで、
別のメディアからアクセスをブログに流し込む方法です。

もちろん、これまで通りSEOからの集客もやるにはやりますが、
それだけでは太刀打ちできない部分があるので、
僕はブログの定義を新しくしました。

 

どう定義したかと言うと、
ブログ=濃いファンを作る場所
です。

つまり、ブログはただの集客場所ではなく、
まだファン化しきれていないフラットなアクセスを一気にファン化する場所
として捉えるってことです。

こうすることで、SEOに好かれるような
当たり障りのないコンテンツではなく、

自分の意見やストーリーを交えた「面白みのあるコンテンツ」を
自由に生み出すことができます。

 

そう言う集客手段を取ることで、
SEO依存しながらGoogleの機嫌を常に伺うストレスが一気に消えます。

最近だとブログの文章コンテンツよりも
YouTubeの動画コンテンツの方が人の関心が高いので、

僕的に最強なのは、『YouTube→ブログ記事』の集客方法です。

 

僕のYouTubeチャンネルの概要欄を見てもらえればわかりますが、
ブログのプロフィール記事にアクセスを流してます。

 

こうすることで、
YouTubeで僕を知ってくれた人が一気にファン化してくれるんですね。

で、それを他のメディアからも同時並行で行えば、
同時にブログにアクセスが流れて滞在時間も増えます。

 

そんな感じで、最新の集客方法を僕の経験を元に考察してみました。

 

変化に対応できる人が最も硬く稼げる

 

最後に、超大事な成功法則を話して終わろうと思います。

 

SEO事情がどんどん変化していくように、
インターネットもこれからどんどん変化していくと思います。

さっきも話した通り、ネットに限らず
人間の価値観も、ニーズも、街の建物も、全てが時代によって変化し続けてます。

仮にそうじゃないとしたら、
いまだに服を着ずに過ごしたり、狩をしながら自給自足で生きる
みたいな状態だったと思うんですよ。

 

でも、人間は「脳」のおかげで他の生き物よりも生き延び、
時代とともに人間も変化していますね。

だから何千年、何万年単位で人類が途絶えることが無かったんだと思います。

だいぶ話のスケールがデカくなりましたが、
ビジネスもそれと同じ考え方でやらないと、生き残れません。

 

ダーウィンの進化論にも書いてありますが、
ビジネスの世界でも「変化に対応できる人が最も硬く稼げる」んですね。

逆に、変化にいつまでも対応できない人は、
時代に置いてかれるので、ビジネスで稼ぐのは無理です。

例えば今だったら完全に
インターネットを使わないと稼げない時代になってることはみんな理解してるはずなのに、
「ネットで稼ぐなんて怪しい」「パソコンがわからんから俺にはできない」
みたいな時代遅れの意見をいまだに聞きます。

 

正直、馬鹿なのか?と心の中で思ってます。

古い時代の無駄なプライドのせいで
素晴らしい文明の利器を使わないのだとしたら相当勿体ないですし、
そんな思考は何の役にも立ちません。

むしろ自分の首を締め付けるだけです。

頭の硬い人はそうやって失敗して衰退していきますが、
少なくともあなたはビジネスの成功を目指してここまで読んでくれていると思うので、

時代の変化に対応できる人になってほしいと思います。

 

具体的なビジネスの仕方や思考については
僕のメルマガで解説しているので、ぜひ楽しみながら学んでみてくださいね。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

元郵便局員の僕が、「安定」と言われていたサラリーマンを捨てて、
ネット起業したことをきっかけに、社畜を卒業しました。

▶︎しゅんえいの詳しいプロフィールを覗く

元サラリーマンの僕だからこそ言える失敗談や、
ブログでは絶対に言えない情報をメルマガでは講座形式で発信中です。

加えて、1通目には社畜から社長になるまでの
サクセスストーリーをさらけ出した電子書籍をプレゼント中で、
こちらも読者さんから「読みやすい」と好評をいただいております。

15分程度で読めるので、ぜひ受け取ってみてください。

メルマガ講座登録後、すぐに読めます。

▶︎メルマガに登録して電子書籍を受け取る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です