帰ろうとしたら地元の友達とたまたま遭遇した話。

こんばんは、しゅんえいです。

こないだ、
スタバで作業した後に
外に出て帰ろうとしてたら、
久々に地元の友達と遭遇しました。

その友達とは、
小4から中3までの6年間、
一緒にバレーボールをしていた
チームメイトでした。

いまでもたまに
当時の監督さんから声が掛かって、
当時のチームメイトみんなで
飲みに行くことがあります。

で、その友達は
最近大学を卒業して
お父さんが勤める
庭師の会社に入って、
毎日働いているみたいです。

で、話していると
最近大学の友達から
FXの自動売買ツールを勧められて、
そこからFXに興味がある。

とのことでした。

今の仕事も給料は低いし、
やってる仕事も楽しくないし、
FXで片手間で稼いで
さっさと辞めてやりたい。

みたいな事を言ってました。

彼とは確かにチームメイトでしたが、
正直そこまで仲が良くなかったというか、
あまり僕とは話が合わなかったので
良いイメージはあまりありません。

で、僕が普段
ネットで発信してるのもあって、
かなり前から
僕がやってるネットビジネスにも
興味を持ってたらしいです。

そして彼から
なんの前触れもなく、
いきなり、
「月どんくらい稼いでんの?」
と聞かれました。

ありのままの数字を
僕は素直に伝えたんですが、
彼は信じてなかったですね。

別に、
信じてもらわなくても良かったけど、
一応その理由を聞いたら、
「そんなのはあり得ない」
的な事を言って来ました。

22歳の若造が、
世間から見て上位数%の
収入を稼いでるなんてあり得ない。

とのことでした。

あり得ないっていうか、
それは普通に知らないだけというか、
生きてる世界が狭いだけです。

僕の地元は愛知の中でも
それなりに田舎の方なので、
新しい情報や文化がなかなか入ってこないし、
普通に昭和ボケというか
時代遅れの環境な気がします。

昔のような、
男は汗水垂らして稼ぐのが正義。

女は家で家事と子育てして、
夫のサポートをすればいい。

みたいな、
超しょうもない考え方が
いまだに残ってるんですよ。

まあこれは
僕の地元に限った事ではなくて、
他の田舎も同様に
時代にどんどん置いてかれてます。

マジで時代錯誤もいいとこですよw

田舎が悪いとか、
嫌いとかではないです。

でもそういった狭い環境にいると、
非常識の人間は受け入れられないし、
頑張ってる自分を否定したくないだろうし、
ネットビジネスの世界のような
世間からしたらあり得ないような事には
やっぱり耳を塞ぎたくなるんだなと思ってます。

なーんか面白くないですね。
勿体無いし、つまんない。

そういった狭い世界で生き続けて、
せっかく得られるはずだった
「幸せ」を、
得られずに死んで行くのは。

僕は高卒で就職して
社会人1年目の19歳で
ネットビジネスの世界を知れたので、

そこから2年くらいで
年収が平気で2倍とか10倍とか、
あるいわ100倍になる事は知ってます。

会社に勤めてた頃の年収は、
月12万の給料だったので
年収は170万とかだったと思いますが、

そこから起業して
2年目の今年は年収1000万近くいきそうなので、
それで言うと7倍〜8倍という
かなり常識破りのあり得ない数字です。

来年、再来年は
今の仕組みをどんどん拡大させるので、
このままいけば
普通に今の2倍〜5倍になりそうです。

普通だったら、
会社に入って働いたら
毎月の給料を10万上げるのには、
5年とかはかかるんじゃないですかね?

ん?5年で10万上がったら、
かなり良い方なのかなーと。

でもそれって、
日本の会社くらいです。

海外の外資系企業だと、
その人の能力に応じて
コミッション(報酬)が変わるので、
たった1年間ちゃんと頑張れば
普通に年収は3倍とか5倍になれるんです。

僕の名古屋の知り合いに、
元々地方の信用金庫にいたけど
ある日某外資系保険の企業から
ヘッドハンティングされて、
たった数年で名古屋の支店長にまで
登りつめた営業マンがいます。

その人は今は
完全フルコミッションで、
年収は3000万以上あります。

そして名古屋の高層マンションに住んで、
素敵な奥さんと子供に囲まれて
幸せに生きることができてます。

いやー、こういうのってマジで憧れます。

素敵ですね。

ですが、
地元の彼からしたら、
そういった世界はあり得ない世界で
意味が全くわからないらしいです。

まあ、僕の周りにはたくさんいますが・・・

それでこそ、
1年とかそこらで
ビジネスを真剣に取り組んで、
圧倒的に人生を変えた人なんてのは
もうごまんといますよ。

そしてその全員が、
そういったあり得ない世界を知るまでは
本当にゴミみたいな生活をしてたなー、
と、口を揃えて言ってます。

なので、
地元の彼が僕の事を信じなかったのは、
決して彼自身が悪いとかじゃなくて

”ただ狭い世界で生きている”

”ただ知らないだけ”

なんだと思ってます。

逆に言ったら、
ビジネスの世界を知ってしまえば
先ほどの名古屋の知り合いのように、
劇的に人生を変えることができるって事ですね。

どうせ一回しか人生ってないし、
後悔して死にたくないので
そういった狭い世界で生きて
魅力的な世界を知らずに生きるのは
もったいないなーと。

自分の中の常識や、
視野、固定概念をどんどん広げて、
楽しい幸せな世界を生きたい。
と、強く思ったエピソードでした。

 

追伸

あともう一つ、
僕からしたらマジで
あり得ない発言が飛んで来ました。

彼との会話の中で、
「どうしたらそんな稼げんの?」
と聞かれたので、

素直に、
「まあ、勉強すれば稼げるよー」
と返したら、

「俺そう言うの無理だわw
 もっと片手間で楽して儲ける方法
 とかそういうのないの?」

といった言葉が、
僕の胸にグサッと突き刺さりました。

もうその瞬間、
彼の顔面を殴りそうになりましたね・・・

だから成功しねえんだよ。

成功するとか、お金を稼ぐなら
勉強するってのは
当たり前なんですけどね。

勉強せず成功した人を僕は知らないし、
どう考えても
勉強せずに成功するなんて
都合の良すぎる話だと思うんですが、
どうなんでしょうね。

では。

 

 

電子書籍を無料でどうぞ

 
僕は22歳の頃から月収190万程稼いでます。
 
才能もないし、
母子家庭で恵まれた環境にいたわけでもないです。
 
高卒でサラリーマンになりましたが、
給料が低く極貧生活。
 
 
そういった状況からビジネスに出会い、
会社以外の時間で真剣に取り組んだところ、
今までできなかった事ができるようになったり
行動の選択肢が広がりました。
 
 
ビジネスを勉強する過程で、
仕組みを作る方法や
思考を鍛える方法
生産性を高める方法
メディアを組み合わせて自動化する方法
価値を生み出す方法
 
etc・・・
 
学校では絶対に教えてくれない事を
大人になってやっと知る事ができました。
 
 
これまでの経験を踏まえて、
生まれ持った才能や環境はコントロールできなくても
ちゃんと勉強して正しく取り組めば、
誰だろうと資産を作れて自由に飛躍すると確信してます。
 
そういった人が
日本に一人でも増えれば、
もっと希少性価値のある人間で溢れ、
便利なサービスもどんどん増えて
世の中がかなり面白くなるのでは?
 
と思ったんです。
 
 
こういった理念から、
僕のこれまでの経験を元に
どのようにしてゼロの状態から今の状態になったのか?
 
そのサクセスストーリーを
1つの電子書籍にまとめました。
 
 
「ビジネスを勉強する最初の教科書」
として読んでみてください。
15分程度でサクッと読めます。
 
 
メールアドレスを入力すれば読めます。
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。
 
 
もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

2 件のコメント

  • 勉強してない頃の自分なら同じようなこと考えて同じようなことを言ったのかもしれません。
    勉強することはもちろん、勉強をしないとダメというマインドも持ってないとですね。
    FXとか片手間にやるとか怖すぎて今ならできないです(笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です