1%の努力(ひろゆき著)を読んで、もっと楽してこうと思った【書評|レビュー】

こんにちは、しゅんえいです。

 

今回は新しく本を読んだので、その書評をしていきたいと思います。

僕が最近読んだ本は、1%の努力という本です。

2ちゃんねる創始者のひろゆきさんが出版された本ですね。

 

まず、最初に簡単な感想を言うと、素直に読んで良かったと思います。

あと、もっと正しく努力して楽していこうと思いました。

 

ひろゆきさんは昔からネット業界では有名な方で、
ホリエモンとよくテレビに出ていたり、YouTubeで対談してたりするので
僕もちょっと気になってはいました。

ネットが普及し始めた頃からすでに2ちゃんねるはあったので
そう言う意味でもひろゆきさんは未来を見据える視座があるんだなと思っています。

 

だから、ひろゆきさんの脳内はどんなものなんだろう?
って思ってたんですね。

で、今回この「1%の努力」が新しく発売されたので、
Kindleに速攻でダウンロードしました。

 

1%の努力でひろゆきさんが伝えたい事

 

最初に結論から言いますが、
1%の努力でひろゆきさんが伝えたい事は、

正しく努力して、働かないアリになろう

って事だと思います。

 

これを別の言い方で言うなら、

・上手にサボるとか、
・無駄な事はするな

みたいなニュアンスでいいのかなと。

 

ここで言う「働かないアリ」って言うのは、
必要な時にだけ必要な分の努力をするって事です。

これ、僕たちの日常で考えるとすごくわかりやすいんですけど、
例えば普通のサラリーマンの給料で月100万円を稼ごうと思ってもなかなか無理があります。

完全フルコミッションの営業マンとかだったらまだ年収3000万とか行けますが、
日本の普通のサラリーマンはどれだけ頑張って残業したとしても、
年収1000万も超えないと言うのがセオリーです。

 

なのに、「もっと給料をあげてくれー!」と嘆くのは、
かなり間違った努力をしてしまっている、と言うか勿体ないです。

それならまだ自分で起業してしまった方がいい気がするし、
その方が正しい努力なんじゃないかなと思います。

 

だからこそ、正しく努力して働かないアリになるべきだとひろゆきさんは仰っています。

 

世間と真逆。みんながやろうとしない事をあえてやる

 

これもひろゆきさんが本の中で仰っている事なんですけど、
みんながやろうとしない事をあえてやれば、希少価値のある人間になれます。

 

ひろゆきさん自身も昔から、みんながやらない事をしてきたらしいです。

・生徒会長をやったり
・大学時代から起業したり
・世間とは真逆の意見を主張したり

こういう、普通の生き方、普通の思考では真逆の行動をわざとやってきています。

 

それは、ひろゆきさん自身がそれをやれば希少価値のある人間になれる
って事を理解しているからこその事だと思います。

 

これに関しては僕も大共感することばかりで、
僕自身も側から見たら世間とは魔反対の人間かもしれません。

19歳で安定と言われた郵便局員を辞めたり、
起業してたった一人の会社を経営してみたり、
結婚する事は自由が消え去る事だと思っていたり、

 

他にも色々世間とは真逆の事ばかりなんですけど、
僕の地元には自分と同じ年代でこういう生き方をしている人はいないので
幸いにも周り方求められる事は多いし、希少的な存在にはなれているのかなと。

なので、「普通だったらこうだけど…」って思った時こそ、
あえてその真逆の行動をしてみるのもありなんじゃないかと思います。

 

実際、ひろゆきさんもそういう人生を巡ってきて今の成功があるわけですしね。

 

まとめ:1%の努力は、本当に頭の良い生き方を教えてくれる教科書

 

まだまだ印象に残ったフレーズはたくさんありますが、
それはぜひ1%の努力を手にとって確かめてみてください。

 

まとめると、

1%の努力は、これから何十年と生きていく上で、
本当に頭の良い生き方を教えてくれる教科書だと思います。

 

僕の性格上、無駄な努力はしたくありません。

何も考えず、
ただ無思考で何かを頑張って何も結果が出ないほど、

この世に酷い事はありません。

それなら、しっかり思考しながら人生を正しい努力をしながら
楽しく収入も、時間も、人間関係もコントロールしていく方が良いはずです。

 

それは、これまで僕が無駄な行動を無思考でしてきて
その結果たくさんの失敗をしてしまった事の教訓でもあります。

だから、他の人よりも随分と無駄なお金も時間も使ってしまったな
と反省しています。

 

ぜひ1%の努力を何度も読んで、
働かないアリを目指して欲しいと思います。

僕自身も反復して、さらに賢く1%の努力で生きていこうと思えました。

 

それでは!

電子書籍を無料でどうぞ

 
僕は22歳の頃から月収190万程稼いでます。
 
才能もないし、
母子家庭で恵まれた環境にいたわけでもないです。
 
高卒でサラリーマンになりましたが、
給料が低く極貧生活。
 
 
そういった状況からビジネスに出会い、
会社以外の時間で真剣に取り組んだところ、
今までできなかった事ができるようになったり
行動の選択肢が広がりました。
 
 
ビジネスを勉強する過程で、
仕組みを作る方法や
思考を鍛える方法
生産性を高める方法
メディアを組み合わせて自動化する方法
価値を生み出す方法
 
etc・・・
 
学校では絶対に教えてくれない事を
大人になってやっと知る事ができました。
 
 
これまでの経験を踏まえて、
生まれ持った才能や環境はコントロールできなくても
ちゃんと勉強して正しく取り組めば、
誰だろうと資産を作れて自由に飛躍すると確信してます。
 
そういった人が
日本に一人でも増えれば、
もっと希少性価値のある人間で溢れ、
便利なサービスもどんどん増えて
世の中がかなり面白くなるのでは?
 
と思ったんです。
 
 
こういった理念から、
僕のこれまでの経験を元に
どのようにしてゼロの状態から今の状態になったのか?
 
そのサクセスストーリーを
1つの電子書籍にまとめました。
 
 
「ビジネスを勉強する最初の教科書」
として読んでみてください。
15分程度でサクッと読めます。
 
 
メールアドレスを入力すれば読めます。
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。
 
 
もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です