年収1億の同い年の基準値がやべえ…

こんにちは、しゅんえいです。

 

今日は僕の同い年のマーケターがヤバすぎたので、
彼のことを話そうと思います。

今は全く絡んでもないんですけど、彼は21歳の時点で年収が1億超えしていました。

 

ちなみに当時の僕と言ったら、完全にノウハウコレクターです笑

派遣社員で、確か当時はオプトインアフィリエイト
っていうアフィリを頑張ってました(失敗したけど)

 

ちなみに彼は今は情報発信はせず、
ある程度の余剰資金がたまったので投資生活をしているらしいです。

それだけで軽々と一瞬で500万の利益を出したんだとか。

 

流石にそこまでくるとチートレベルですが、
そんな彼も最初は営業の仕事と深夜ファミレスバイト生活でした。

で、そこから3ヶ月くらいで情報発信して月収200万を稼いでいました。

 

僕は2週間だけ彼の家に泊まらせてもらって、
ある意味「修行」みたいな感じで一緒に仕事したことがあるんですけど、
彼の何が1番ヤバイかって、「基準値」でした。

とにかく基準値が半端ない。

 

月100万?そんなの稼げて当然でしょ笑
逆に俺月100万じゃ生きていけない…

とか平然とした顔で僕に言ってきました。

 

当時はそんな彼をみて若干ムカついてました。

だって、彼とは真逆で全く稼げていない

 

ノウハウコレクターのしゅんえいがそこにいたわけですから。
丁度アコムで30万借金したタイミングでした。

とはいえ、
彼の異常な基準値のおかげでかなり思考力鍛えてもらった感はあります。

 

だから今ではすごく感謝です。

 

具体的に彼の基準値を言うと、

・1日10リスト取れるまで寝ないとか
・寝る間を削って1日1〜2時間睡眠を3ヶ月間とか
・大阪から東京まで深夜バスで毎月勉強しに通うとか

他にもあるんですけど、それを平気でこなす彼にいつの間にか憧れている自分がいました。

 

案の定、彼は何をやっても同じように上手く行っていました。

 

最初は彼は物販をやって、その後情報発信してコンサルを売って、
次はアフィリエイトをやって、その次は巨大なプロモーションで2億円売り上げていました。

いやあ、すげえ。

 

ビジネスも恋愛も人間関係も全て右肩上がりでした。

そう言う意味では、「基準値」ってめちゃくちゃ人生に影響するなと思います。

 

今こうして振り返ると、ダメだった頃のしゅんえいは基準値が超低かった。

 

寝る時間削ってなかったし、平気でスマホをいじいじしてたし、
何の焦りも無かったように思えます。

その結果、人よりも遅咲きで何とか0→1を突破しました。

 

昨日も思考力を鍛えようって言う話をしたばかりですが、
全ての基準値をちょっとあげるだけでも思考力は上がります。

 

そうですね。

これまで1日1時間の作業だったのなら、
ちょっとだけ基準値上げて1日1時間30分にしてみるとか。

腹筋10回から15回にするとか。読書10分から15分にするとかね。

こんなことでも十分思考力は鍛えられると思うのです。

 

だって、知識やインプットの時間が増えるので、
自分のアタマで考える時間が強制的に増えるわけです。

結局こういう小さな積み重ねでしかないと思ってます。

 

それができるから彼のような圧倒的な結果を出せるんですね。

 

僕も当時と比べたら相当基準値は上がりましたけど、
まだまだ満足せず、彼を見習っていきたいと思います。

 

 

追伸

この記事を読めば、更に基準値が上がるかと。

 

強制的に基準値を上げて結果をうなぎ上りにしたい方はぜひ!

電子書籍を無料でどうぞ

 
僕は22歳の頃から月収190万程稼いでます。
 
才能もないし、
母子家庭で恵まれた環境にいたわけでもないです。
 
高卒でサラリーマンになりましたが、
給料が低く極貧生活。
 
 
そういった状況からビジネスに出会い、
会社以外の時間で真剣に取り組んだところ、
今までできなかった事ができるようになったり
行動の選択肢が広がりました。
 
 
ビジネスを勉強する過程で、
仕組みを作る方法や
思考を鍛える方法
生産性を高める方法
メディアを組み合わせて自動化する方法
価値を生み出す方法
 
etc・・・
 
学校では絶対に教えてくれない事を
大人になってやっと知る事ができました。
 
 
これまでの経験を踏まえて、
生まれ持った才能や環境はコントロールできなくても
ちゃんと勉強して正しく取り組めば、
誰だろうと資産を作れて自由に飛躍すると確信してます。
 
そういった人が
日本に一人でも増えれば、
もっと希少性価値のある人間で溢れ、
便利なサービスもどんどん増えて
世の中がかなり面白くなるのでは?
 
と思ったんです。
 
 
こういった理念から、
僕のこれまでの経験を元に
どのようにしてゼロの状態から今の状態になったのか?
 
そのサクセスストーリーを
1つの電子書籍にまとめました。
 
 
「ビジネスを勉強する最初の教科書」
として読んでみてください。
15分程度でサクッと読めます。
 
 
メールアドレスを入力すれば読めます。
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。
 
 
もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です