たった1つのツイートを見てシビれた。基準を底上げする戦略。

こんにちは、しゅんえいです。

最近話した青汁王子のブログ、
かなりの方から返信をいただきました。

ありがとうございます。

 

やっぱ、あんな異端児みたいな人を見ると、
もっと頑張んないとな。甘かったなー。

そう思わざるを得ません。

 

で、今日もそれと似たような話にはなりますが、
僕が尊敬する24歳の起業家さんがいるんですけど
僕はその人の教材やコンテンツでマーケティングを勉強したり、
思考を勉強しています。

このメルマガではあえてAさんと言うことにします。

 

Aさんは1つ上なだけなのに
色んなジャンルでDRMをやってます。

月収は1000万くらいで、
恋愛、語学、マーケティング、飲食店コンサル、
事業投資、プロデュース業・・・etc

 

あと、業界では有名な与沢翼さんとかとも
この前パーティーで会って話してました。

 

まあ、言ってしまえば僕の目指す人であり
尊敬する人なんですけど、
ついこの前、Aさんのツイートにこんな投稿がありました↓

 

「もっと基準値あげないといかんな」

 

というツイートだったんですけど、
僕はこれを見て「ん?」って思ったんです。

だって、もうすでにAさんは月1000万とか稼いでるので、
今更基準値とか上げなくても十分でしょ・・・

と思ってしまったんですね。
(今思うと情けない泣)

 

しかも、Aさんはずっと本を買ったり
教材買ったり、資産100億クラスの人とかと会って、
常に勉強と経験をし続けてます。

 

僕は疑問に思ったんです。

「何でそこまでするんだろう?」と。

なので、Aさんのメルマガで質問してみました。

 

「Aさん、いつもメルマガではお世話になってます。

しゅんえいです。

Aさんはもうすでに成功されているのに
どうしてそこまで勉強し続けるんですか?

もし差し支えなければ教えていただけると幸いです。」

 

すると、その10分後。

「しゅんえい君、こんにちは。

そうだね。俺は会社買収とかして
年商100億目指してるから、常に上のレベルの人の知識とか
思考とかを勉強しとくってのが1番いいんだよね。

しゅんえい君もそう思わない?」

 

こう返信が来ました。
なるほどな、、、と思いましたし、
自分を心の中で叱りました。

Aさんは今、年商100億を目指してて、
会社を買収とかもして
常に上のレベルの人たちに会って勉強したり
知識も詰め込みまくってるんですね。

そしてその自己投資額もハンパないという。

 

ちなみに、Aさんが言ってたんですけど
貯金っていうのは使いきれなくなって初めて貯金らしいです。

つまり、勝手に溜まっていくお金が貯金らしいです。

だからそうなるまでは
どんどん知識や経験に投資しなきゃって思いました。

 

Aさんは今会社を1つ経営してて、
そのうち海外にも会社を作るみたいです。

で、その会社がある程度儲かったら買収して
そこで莫大な利益を生もうとしています。

 

そうなればもう、
いくら使っても使いきれないし
富も名声もどデカイものになります。


これ、僕は全く身近には感じてなかったし

それ以前の問題で、意識してなかったので、
自分としては相当な反省した出来事となりました。


目標を達成したり、夢を叶えたりする時って

やっぱあらかじめ基準を上げておかないといけません。

 

ネットビジネスをやってても思いますが、
初心者の頃に5万円の基準でやっても
それでは月収100万には届かないです。

月収30万すら行かないと思いますが。

 

だからこそあらかじめ基準を上げておいて、
じゃあすでに100万稼げてる人ってどんな勉強してるの?
どんな思考で普段ビジネスしてるの?
というのを考えて、実際に自分も勉強する必要がある。

 

僕は今月収1000万を目指してるので、
Aさんの基準でビジネスをしなきゃいけないんですよね。

Aさんは本気で100億目指してます。

 

なのでリアルで毎日のように上のレベルの人と会ったり、
実際に飲食店に投資したり、
海外に行って未知のマーケティングに触れたり、
それに向けて英語を勉強していたり。

100億の基準で生きてるんですね。

 

だから、僕ももっとやんねーとマズイ。
と思いました。

いやー、本当に反省です。

Aさんのように、
何か目標を達成したりするためには
すでにそれを達成してる人の基準値に合わせるのが1番早いです。

 

例えば将来海外移住したいのなら、
急に海外行っちゃうとか。

フェラーリに乗りたいならフェラーリに試乗するとか。

タワマンに住みたいなら内覧だけさせてもらうとか。

色々な方法はあるんですが、
少しでも上の人の思考に触れたり
体験をしたりすることで、

目標がより明確になって臨場感も出るし、
リアルに近づいて行きます。

 

これを言うとどうしても「気合い」だとか
「マインド論か?」って思われやすいんですけど、
本気でそれを目指しているなら当たり前になるはずです。

それに、絶対に達成したい目標なら
自然とそのアンテナが張ってしまいます。

 

その状態になれば、
常に何をやったらいいのかわかるし
行動に一切の迷いがなくなります。

当然、「まず何をすればいいですか?」
なんて質問はしてこなくなります。

あとは、基準を合わせることで
価値観だったり話がよく合う状態にもなりますしね。

実際、すごい起業家さんとかは
異次元な話ばかりしてますし、それこそ買収とか
次のマーケティング予測とかしまくってます。

だからこそ、
もっと知識も経験もしないといけない。

 

なのでたまに知識がないせいで
話に全くついていけなくて恥ずかしい思いをしたり、
いちいち解説を求めてしまうと

「あ、なんだこいつ勉強してないのか」

となってしまうので。

逆に、常に勉強してたら
ある程度の話にも入れるし自分の意見もちゃんと言えるので、

「お、こいつちゃんと勉強してるじゃん」

と思ってもらえるんですね。

で、それきっかけでその人に気に入られて
可愛がってもらえたり、そこから仕事になったりすれば、
それだけでも相当儲けることはできます。

これってある意味、
戦略の1つなのかなーとも思います。

だからこそ基準をあらかじめ底上げしておく。

Aさんのツイートを見て反省しましたし、
まだまだ勉強が足りないなと感じました。

もう、逆にやる気出ました。

 

ってことで、
Amazonでマーケティングの本を10冊ポチったので、
今からガッツリ読みます。

 

実際、ビジネスはマーケティングでほぼ決定するので、
これを機にしっかり勉強していきたいと思います。

 

追伸1

水野敬也さんのラブ理論を読んでますが、
マーケティング目線で見ると超面白いです。

 

ぜひ読んで見てください。

追伸2

早速読み終えたので、レビューして見ました。
僕がいかにモテなかったのか?も兼ねて書きました。

【書評】LOVE理論(著:水野敬也)を読んだらモテまくり?恋愛に関していかに僕が最悪な状態だったかを告白

 

 

 

電子書籍を無料でどうぞ

 
僕は22歳の頃から月収190万程稼いでます。
 
才能もないし、
母子家庭で恵まれた環境にいたわけでもないです。
 
高卒でサラリーマンになりましたが、
給料が低く極貧生活。
 
 
そういった状況からビジネスに出会い、
会社以外の時間で真剣に取り組んだところ、
今までできなかった事ができるようになったり
行動の選択肢が広がりました。
 
 
ビジネスを勉強する過程で、
仕組みを作る方法や
思考を鍛える方法
生産性を高める方法
メディアを組み合わせて自動化する方法
価値を生み出す方法
 
etc・・・
 
学校では絶対に教えてくれない事を
大人になってやっと知る事ができました。
 
 
これまでの経験を踏まえて、
生まれ持った才能や環境はコントロールできなくても
ちゃんと勉強して正しく取り組めば、
誰だろうと資産を作れて自由に飛躍すると確信してます。
 
そういった人が
日本に一人でも増えれば、
もっと希少性価値のある人間で溢れ、
便利なサービスもどんどん増えて
世の中がかなり面白くなるのでは?
 
と思ったんです。
 
 
こういった理念から、
僕のこれまでの経験を元に
どのようにしてゼロの状態から今の状態になったのか?
 
そのサクセスストーリーを
1つの電子書籍にまとめました。
 
 
「ビジネスを勉強する最初の教科書」
として読んでみてください。
15分程度でサクッと読めます。
 
 
メールアドレスを入力すれば読めます。
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。
 
 
もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

1 個のコメント

  • おはようございます。
    100億の基準とは・・・。
    基準を一気に上げることはむずかしいけれど、
    上げようとして自己投資することは
    とても大事なことだと思いました。
    ありがとうございます。

  • takafumi にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です