1つ20万の靴を買って、ブランディングというものを勉強した話。

(画像引用元:http://jp.christianlouboutin.com/jp_ja/

こんにちは、しゅんえいです。


最近はブランディングに関して

かなり勉強になるなーと思うことがあったので、
今日はそれをシェアしますね。


で、ブランディングっていうと

なんかあやふやなんですけど、
これは有名なブランドを想像してもらえればなと。

銀座や名古屋にあるようなブランド。

そうですね。僕は一時期ですが、
クリスチャンルブタンという靴専門の
ブランドが大好きで、

2年前は20万くらいの靴を買って、
それをなんかカッコつけながら履いてました笑

(今はもう興味なくなってメルカリで4万で売りました)


当時はなんかイキってたのもあって、

ちょっとだけ調子乗ってましたね。


そんな感じで、

ブランディングを勉強するために
あえて高級ブランド店に入ったり、
高いブランド物を勉強代として買うのもありです。

あとは他にも、
服専門のブランドで「ラブレス」
というブランドがあるんでんすが、
そこも結構勉強になります。


普通の半袖シャツなのに、

1枚6000円とかします笑

あとはジャケットのみが2万とか。
普通、ユニクロならシャツ1000円とかなのに。


他にも、ラブレスは店に入ると

店員さんから話しかけられて、
ジュースやコーヒーなどが渡されることもあります。

僕はよく名古屋のラブレスに行ってたんですが、
何回か渡されて、そのまま店員さんと雑談して
そのまま信頼関係が増えて買ってしまったことがあります。


これは「返報性」をうまく使ってますね。

ジュースを無料で渡すことで、
なんか返さなきゃ!という心理が働いて
じゃあせっかくだからという理由で
ついつい買ってしまうという・・・


なのでこれはビジネスする側の目線でも

かなり勉強できることが多いんですね。


しかも大体そういう時って、

可愛い女性店員だったりするんですよ笑

なので男は買ってしまいやすいのかなと。

僕も可愛い店員さんに、
「えー!これお似合いですよー!」
とか言われてジャケットとズボンと
あとは確かバックだったけな。


それで10万くらいの会計で

一気にお金が吹き飛んだこともあります。

まあ、ラブレスの服は質もいいし
星柄が多くて好きなので全然いいんですけどね。


こういうブランドのブランディング力って

ほんとすごいなーと思います。

他にも、銀座の店とかだと
店の入り口とかに超イケメン店員さんが立ってたりします。


芸能人で言う、向井理みたいな。


人って高身長のイケメンが立ってるだけで

心理学的に信憑性が増すので、
そこでさらに店に入りやすくなるだろうし、

店に入ったら入ったでルブタンと同じように
綺麗な店員さんからシャンパンとか渡されて、
しかも話も盛り上がって丁寧な商品説明とかされたら
まあ、物が少ないミニマリストの僕でも買っちゃうかもですね。

 

そんな感じで、
ブランディングって深いしかなり面白いです。

さっきも言ったように、
販売者側の目線に立ってリサーチすると
かなり勉強できますよ。


世の中には様々なブランドという物があって、

高い車だと4000万とか1億とかするものもありますが、
そういうブランディングって言うのは
かなりの歳月をかけて形成していきます。

 

ルイビトンとかまさにそれです。

財布が7万とかしますけど、
実際の質はそんなにだったり。


でもそれも込みで1つのブランドだし、

うまくブランディングされてるんですね。

 

だから、ぜひ一度でもいいので
ブランディングを勉強するつもりで、
高級店の中に入ってみてください。

逆に、そういう物には全く触れず、
マックとかユニクロのような
比較的安い商品ばかりに触れていると
あんまりブランディングは勉強できないのかなと。

(とは言っても、マックは僕もいくし
ユニクロもたまに着るのでそれ自体が悪い訳ではありません)


ただ、ブランディングを勉強して

それを自分のビジネスに活かしたいのなら、
やっぱり少しでもいいので高級な商品に触れるべきです。

 

僕は普通にお金がなかったので、
まだ稼げてなかった時にビトンに入ったり
ルブタンの靴をあえて試着したりしてました。

で、稼いで絶対買ってやる!

っていつも思ってましたね。


そうすると、

どんどんモチベ上がってくるんですよね。
このために頑張るぞ!みたいな。


なので、自分の行動基準を上げるためにも

高級店に入ってみるのはオススメです。

数ヶ月か数年かはわかりませんが、
どうせ稼いでお金持ちになることですし。

事前に買うものを決めておいて、
それをモチベにビジネスするとかでもいいじゃないですか。


ちなみに、僕はそうやってモチベ保ってたりしました。

 

加えて、
ビジネスの勉強をして稼ぐためにも
高額商品と言われる教材を買ってみるのもありです。

1万とか5万とかじゃなくて、
あえて10万、30万とかの教材を買うことで、
そこでもまた販売者目線でリサーチできるし
かなり裏側まで覗き込めたりします。


それに、高単価だけに

そこに詰まってる情報や知識も質が高いです。

あとは自分が買いたくなった心理を
わざと体験するとかだけでも
まあ自己投資する価値は十分にあるのかなと。


買わないと絶対にわからないことも結構ありますし。

 

そんな感じで、ブランドに触れて
ブランディングを勉強するのはかなりオススメだし、
その後にビジネスに活かせるのでコスパが良いです。

「これ買ってみました」

みたいなネタにもなりますし。


僕も最近はあまり高級店に行けてなかったので、

次東京行った時は銀座の歩行者天国を歩きながら
ブランディングを勉強しに行こうと思います。

追伸

とは言っても、昔の僕なんてブランディングもクソもありませんでした。

女の子にはモテない、人とまともに話せない、自信がない
基本的にはこの連続で、ビジネスを始めた時も最初は全くうまくいかずに
いろんなノウハウに浮気したり、もうダメなのかな?と、挫折しそうな時があったので、
それも含め書きました。

しゅんえいの過去と、理念

感想などあれば、ぜひメルマガで返信ください。

では!

 
 
 
 

電子書籍を無料でどうぞ

 
僕は22歳の頃から月収190万程稼いでます。
 
才能もないし、
母子家庭で恵まれた環境にいたわけでもないです。
 
高卒でサラリーマンになりましたが、
給料が低く極貧生活。
 
 
そういった状況からビジネスに出会い、
会社以外の時間で真剣に取り組んだところ、
今までできなかった事ができるようになったり
行動の選択肢が広がりました。
 
 
ビジネスを勉強する過程で、
仕組みを作る方法や
思考を鍛える方法
生産性を高める方法
メディアを組み合わせて自動化する方法
価値を生み出す方法
 
etc・・・
 
学校では絶対に教えてくれない事を
大人になってやっと知る事ができました。
 
 
これまでの経験を踏まえて、
生まれ持った才能や環境はコントロールできなくても
ちゃんと勉強して正しく取り組めば、
誰だろうと資産を作れて自由に飛躍すると確信してます。
 
そういった人が
日本に一人でも増えれば、
もっと希少性価値のある人間で溢れ、
便利なサービスもどんどん増えて
世の中がかなり面白くなるのでは?
 
と思ったんです。
 
 
こういった理念から、
僕のこれまでの経験を元に
どのようにしてゼロの状態から今の状態になったのか?
 
そのサクセスストーリーを
1つの電子書籍にまとめました。
 
 
「ビジネスを勉強する最初の教科書」
として読んでみてください。
15分程度でサクッと読めます。
 
 
メールアドレスを入力すれば読めます。
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。
 
 
もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です