残高カツカツだったから、これで稼げなかったら今頃死んでた

こんにちは、しゅんえいです。

 

今日はいつも以上に
ビジネスにおいて大事な話をするので、
読み飛ばすことなくぜひ集中して読んでみてください。

 

オプトインアフィリをやってました

 

僕がこれまで
色んなノウハウに浮気してきたことは、
僕のメルマガ読者さんであれば
もう知ってくれているかとは思いますが、

一時期僕はアフィリエイトを本気でやってました。

確か、2017年の2月〜12月くらいまで。

 

アフィリエイトは色々種類あって、
サイトアフィリエイト。
オプトインアフィリエイト。
メルマガアフィリエイト。
PPCアフィリエイト。

etc・・・

 

などがありますが、その中でも僕がやったのは、
「オプトインアフィリエイト」
だったんですね。

 

簡単に説明すると、
自分のアフィリリンクからサイトに飛んで、
そこには「メールアドレス」を登録すると
プレゼントがもらえたりするんですけど、
そのアドレス1件あたり3000円とか貰えるアフィリです。

今はもうやってませんが、
別名、無料オファーとも言われてます。

で、結果的に言うと、
初月から30万稼げたんですね。

 

当時はある人のコンサルを受けて、
そこでアフィリエイトを徹底的に教えてもらいました。

とは言ってもやること自体は
別に難しくはありませんでした。

 

ですが、初月から30万稼ぐ人は
なかなかコンサル生の中でも珍しいそうで、
その後も30万、50万、・・・みたいな感じで
順調に稼げたので、

師匠さんから
「対談動画撮りましょう」
というオファーをいただいたりしてました。

 

戦略が稼ぎのキモ

 

そんな感じで、
かなりすんなりと結果を出せたように見えますが、
その裏にはかなりの苦労というか、
アフィリエイトするまではせどりをやってて
仕入れのクレカ請求が毎月30万〜50万ほどありました。

 

なので、かなり口座残高がカツカツだったので、
アフィリエイトで稼げなかったら死ぬぞ・・・
と本気で思いながらやってたんです。

 

わかりやすくいうと、
とにかく「戦略」を練りまくりました。

 

とは言っても、
さっきも言った通り、
そんなに難しいことはしてないです。

 

TwitterからLINE@に集客して、
LINE@で広告を流してオプト登録があれば
僕に報酬が入ってくる仕組みだったので、

僕はいかに集客(濃いアクセス)できるのか

が稼ぐ戦略であり、キモだと思いました。

 

ライバルのリサーチや、
上手い人を真似したり、
自分でも新しい集客方法を工夫してみたり、
他にも色々テストしてみたり。

とにかく必死でした笑

じゃないと、クレカ請求が死ぬんですもん・・・

それを最初からやってたおかげか、
いきなり30万というお金を稼ぐことができたんですね。

自慢したい訳ではなく、
この経験から学んだことがめちゃくちゃあったんです。

それは主に2つあって、

・儲かる市場で戦う
・とにかく考えまくる

ということでした。

 

順番に解説していきますね。

 

①儲かる市場で戦うとは?

 

まず、「儲かる市場で戦う」というのは
ビジネスする上で大前提になってきます。

僕がアフィリしていた市場は、
「稼ぐ系」の市場でした。

(これは今の僕も変わらないですね)

 

稼ぐ=お金なので、
お金を稼ぎたい人向けの商品を扱って、
しっかりと結果を出してもらうために誠心誠意価値提供をしていきました。

 

ビジネス系の教材とかって、
数万円〜数十万円のものがセオリーで
他の商品よりも比較的高単価なものが多いです。

確かに、毎月5万円稼げる知識が
10万円で買えるとしたら安い投資です。

なのでこの市場は儲かると思ったんです。

しかも巷では全く価値提供もクソもない、
中身スカスカの商品を売りさばいたにも関わらず
そのままトンズラしてお客さんから逃げる・・・

みたいなバカな業者や人も多いので、
当たり前のことをしっかりやって
ちゃんと価値提供するだけで自分も稼ぐことができます。

逆に、全く儲からないような市場で戦っても無意味です。

 

例えば部屋の掃除をして出てきた
「ホコリ」を売ろうと思ってもなかなか売れません。

多分、100円でもいらないです。

 

まあこれはちょっと極端すぎるかもですが、
でもこういうことを平気でやってしまってる人って
結構多いんですよ。

それやっちゃうとずっとジリ貧のままです。

だから市場選びって超大事で、
その市場に高単価の商品を出してしまえば
もうそれだけでかなり稼げます。

これをそのままやるだけでも、
他の人より圧倒的に報われますよ。

 

それに、当時はまだそんなに知識もなかったし、
ただ「クレカ請求ができないと死ぬ、稼げないと死ぬ」
としか思ってなかった気がします。

 

もちろんせどりと並行してたので、やることも沢山ありました。

かなり忙しかったですね。

仕入れも行かないといけない。
梱包作業もして、発送しに郵便局に行ったり。
アフィリエイトの作業と戦略を考えたり。

 

アフィリエイトをやり始めた
最初の3ヶ月くらいはほとんどビジネス漬けの毎日でした。

じゃないとマジでやばかったので笑

親にお金も渡さないといけないし、
他の人とすぐに比べちゃう癖があったので
何とか稼がなきゃ!と必死でした。

 

②とにかく考えまくるとは?

ここから2つ目の「とにかく考えまくる」
という話にもなりますが、

これって他のビジネスにも全く同じことが言えて
(何ならスポーツとか勉強とかも全て)

最後には必死に戦略を練った人が勝つと思ってます。

当たり前のことかもしれないけど、
稼ぐためにどうすればいいのか?
これをとにかく考えるんです。

これを本気でやった人は、
ずっと勝てるし資産も手に入れられます。

これは新しいイノベーションを生み出す!とか
そういうことは全く考える必要はなくて、
これまでの成功事例から学んだり、
あらかじめ用意された型にそのまま当てはめてみたり、
普通に勉強してそのまま実践して、
あとは改善を繰り返すことができればビジネスは稼げます。

 

「稼げなかったら死ぬ」くらいがちょうどいいかも

 

だからまずはやってみるのが絶対条件というか、
そもそも何事もやらなければそれが合ってるのか、
それとも間違ってるのかすらもわかりません。

あえて僕のように、
「稼げなかったら死ぬ」という状況にして、
もしくはそのくらいの意識を高めてやれば、
当たり前のように結果って付いてきます。

そこからはビジネスで食っていきたいとか、
片手間じゃなくてしっかり稼いでいきたいなら
逃げられないと思っていて、

 

マジで考えまくって考えまくって、
行動行動行動していきましょう。

 

ちなみに、
マーケティング自体は特別難しいスキルではありません。
その商品を広めるための手段に過ぎないので。

まあ、根暗で何の特徴のない
ごく普通の人間の僕にもできたので、
ちゃんとやるんだという気持ちさえあれば
猿でもできるのでは?と思ってます。

1ヶ月間、マーケティングを勉強して
戦略を実行するだけでもグンとレベルアップします。

 

追伸

ちなみに、
どうしてもうオプトインをやってないのか?というと、
当時集客用で使ってたTwitterアカウント5個くらいが
いきなりBANという死刑を受けたからです笑

いやー、あれは今思い返すだけでも悪夢です。

 

朝起きたら
「現在あなたのアカウントは凍結しています」
とか表示されてましたからね。

そんな感じで、
ちゃんと長期的に続く戦略でビジネスしないと
一気にプラットフォームから死刑を受けることになるんだなと。

改めて自分で経験したおかげで勉強できましたとさ。

電子書籍を無料でどうぞ

 
僕は22歳の頃から月収190万程稼いでます。
 
才能もないし、
母子家庭で恵まれた環境にいたわけでもないです。
 
高卒でサラリーマンになりましたが、
給料が低く極貧生活。
 
 
そういった状況からビジネスに出会い、
会社以外の時間で真剣に取り組んだところ、
今までできなかった事ができるようになったり
行動の選択肢が広がりました。
 
 
ビジネスを勉強する過程で、
仕組みを作る方法や
思考を鍛える方法
生産性を高める方法
メディアを組み合わせて自動化する方法
価値を生み出す方法
 
etc・・・
 
学校では絶対に教えてくれない事を
大人になってやっと知る事ができました。
 
 
これまでの経験を踏まえて、
生まれ持った才能や環境はコントロールできなくても
ちゃんと勉強して正しく取り組めば、
誰だろうと資産を作れて自由に飛躍すると確信してます。
 
そういった人が
日本に一人でも増えれば、
もっと希少性価値のある人間で溢れ、
便利なサービスもどんどん増えて
世の中がかなり面白くなるのでは?
 
と思ったんです。
 
 
こういった理念から、
僕のこれまでの経験を元に
どのようにしてゼロの状態から今の状態になったのか?
 
そのサクセスストーリーを
1つの電子書籍にまとめました。
 
 
「ビジネスを勉強する最初の教科書」
として読んでみてください。
15分程度でサクッと読めます。
 
 
メールアドレスを入力すれば読めます。
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。
 
 
もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です