インフルエンサーになると不自由になる!?

こんにちは、しゅんえいです。

最近、「ビジネスを開始して5年が経とうとしてます」
っていう内容でメルマガを送りましたが、
感想メールを送ってくれた方がいて普通に嬉しいです。

ありがとうございます。

 

振り返ってみると、5年前と今とでは
圧倒的に「インフルエンサー」と呼ばれる人達の数が増えました。

わかりやすいのは、
YouTuberやブロガーさんあたりですが
過去のメルマガでも話したのは、

「インフルエンサーになろうとしてはいけない」

ってことです。

 

なぜなら、お金の稼ぎ方が非常に非効率だからです。

彼らはSNSやブログ、YouTubeなどで大量にアクセスを集め、
月に何十万ものPVがあっても薄利多売なので
月10万とかしか稼げてないインフルエンサーはめちゃくちゃ多いです。

特に多いなと思うのは、
Twitterを頑張っているインフルエンサーです。

彼らは、有名なインフルエンサーに
リプを送りまくって媚を売ったり、
「そんなにつぶやくんか…」と言わんばかりのツイートを毎日こなしてます。

そして、

「フォロワー1000人突破しました!!」

と声高らかに言っては、
大抵のお決まりパターンはフォロワー集めの有料ノートを
500円とか、1000円とかで大量のフォロワーさんに売るのが彼らのメイン収入です。

 

僕が情報発信をしているのは、

「後発組でもお金も時間も自由な人間を増やすため」

なのですが
そういう手段を取っていては、いつまで経っても自由にはなれません。

 

個人が薄利多売をしたところで
まず大手企業の圧倒的な資金パワーの差で負けるし、

仮にブログやTwitterを毎日毎日更新し続けても
その継続と忍耐に耐えれる人はほとんどいません。

実際、1年前Twitterで一丁前に
フォロワー1万人突破しましたー!!
と呟いていた人たちは、今消えてたりするのです。

フォロワー数は二の次なのです。

 

そういう人を見て思うのは、
個人の正しい稼ぎ方を勉強している人は超少ないんだなってことです。

インフルエンサーのことを馬鹿にするとか
否定しているとか、そういう訳では全くないのですが、
なんか、「それもったいなくね?」って人が多いのです。

 

正しくやれば、
フォロワー増やして終わったり
永遠に薄利多売するみたいな非効率なことなんてしなくていいのに…

個人が正しく稼ぐ最もコスパの良い手段は、
「ファンを作って高単価商品を売って、リピートしてもらうこと」です。

 

要は、僕が日頃から言ってるコンテンツビジネスです。

 

僕も本当に色んなビジネスを経験したからこそわかるんですが、
間違いなく個人がお金も時間も自由になるためには、

500円とか1000円の有料ノートを売り続けるんじゃなくて、
10万や30万単位の高単価なコンテンツを売った方がいいです。

 

一見、

「そんな高単価な商品本当に売れるの?」と思うかもしれないし、
「そんな高単価な商品本当に満足されるの?」と思うかも知れません。

 

真実を言いますが、

ファンの人に対してなら高単価な商品でもちゃんと売れるし、
実際、安い商品よりも高い商品の方が満足度が高いです。

 

例えば、僕は、
ASIAN KUNG-FU GENERATION(通称:アジカン)
というロックバンドのファンですが、

もし彼らのライブの最前列チケットが
10万で手に入るのなら迷わずお金を払います。

いや、30万でも払うかもしれない笑

 

圧倒的な濃いファンであればあるほど、
高単価な商品でも売れてしまうのです。

なぜなら、ファンはその人のことが大好きで、
その人の価値観に共感していて、応援したいと思うからです。

 

それは、僕がメインでやってる
高単価なコンテンツビジネスの本質と全く同じで、
正しくメディア運営すれば、アクセスが少なくてもファンは作れるし、
実際、10万や20万の商品を扱ってますが、どれも文章のみで売れてます。

自分で言うのもおこがましいですが、
忙しいインフルエンサーよりも圧倒的にコスパの良いビジネスです。

 

それにもう一つ、「単価」の事例を上げるなら、
コンビニで一回はビニール傘を買ったことあると思うのですが、
あれって大体500円とかで買えますよね。

で、東京の渋谷とかいくと、
雨の日の翌日に晴れた日はそこら中にビニール傘が捨てられてます。

つまり、安い傘に対して人は価値を感じないのです。

 

僕も、傘が500円でそれをどこかでなくしたり、
ホテルの傘立てに忘れたとしても、
ぶっちゃけそのまんま気にせず帰ります笑

「まーいっか、あの傘どうせコンビニで買った安いやつだし」

みたいなね笑

 

ですが、もし傘が1万円とかだったら
多分そんな風に思うこともないし、ホテルに忘れたら取りに行きます。

 

要は、高単価な商品であればあるほど、
価値を感じるので、人はそれを大事にしたくなるのです。

 

だから、1000円の有料ノートを買っても
ほとんど読まずに終わるっていうパターンの人が多い理由はそれです。

それは、そのノートが安いし、価値を感じてないからそうなります。

 

結局、薄利多売をし続けること自体、
全くお客の為になってないってことなんです。

最初の実績を作ったり、試しにノートを1000円で売ってみる
とかなら全然良いと思いますが、それを何ヶ月も、何年も継続しようとしても
必ずどこかでキャパ問題が起こります。

 

僕自身、49800円で「自由人錬金術」という企画を売ってますが、
講座生の満足度は現時点で100%です。

クレームも1度もないし、
実践した人の中には最高月収で540万稼いだ人も現れてます。

その講座生は会社を1年で脱サラして、
今は法人化して自由にビジネスやってます。

 

でも、もし自由人錬金術が1000円だったら
きっとそんな風にはなってないでしょう。

 

高単価なコンテンツビジネスが何が良いかって、
「少ない客数でOKなので、新規集客が必要なくなる」ことです。

イメージ的には、高架下の居酒屋さんです。

リピーターしか店に来ないような、そんな店です。

個人であれば尚更、
でっかいイオンモールの中で薄利多売するより、
高架下の潰れない居酒屋さんを目指すべきです。

 

僕のビジネスはまさにそれで、
毎回出す新企画は新規のお客さんよりもリピーターさんの方が多い気がします。

ビジネスを長続きさせるには、
リピーターを増やした方がマジで楽になりますよ。

実際、僕の全ての企画に参加してくれて
さらに僕の個人コンサルにも入ってくれて
200万近く払ってくれている人もいるくらいです。

 

薄利多売し続けるインフルエンサーを目指していたら、そんなことほぼ不可能です。

 

なので、個人が自由になるには
高単価なコンテンツビジネスが最適です。

 

だからと言って勘違いして欲しくないんですが、
もちろん勉強は必要ですし、ある程度本人の努力も必要です。

それを抜きにして、お金は稼げません。

 

ですが、正しく学び、実践していれば
ネットビジネスは大抵の場合金銭的リスクがないので
そもそも失敗のしようがないです。

 

もし、月100万を稼ぎたいのなら
10万や20万単位の商品を扱った方が最短で突破できます。

 

今日話したことを意識して、
まだネットビジネス初心者の人はコンテンツビジネスに挑戦してみてください。

 

 

追伸1

 

ちなみに、
高単価な商品を自分で買ってみることで、
高単価な商品を作るベースが一気に理解できます。

月100万を目指す人こそ、まずは高単価商品に触れてみることです。

僕も今まで20万や30万、50万の商品を買ってきましたが、
具体的な高単価商品の作り方が裏の部分まで理解できたので

そこからすぐに自分で高単価商品を販売して
その時投資したお金はすぐにペイできました。

 

もちろん、商品の内容をしっかり見た上で高単価商品に触れてくださいね。

間違っても甘い蜜を吸って、
「詐欺商材」なんかには騙されないように。

 

 

追伸2

 

昨日、スクール生のひめかさんが愛知まで会いに来てくださったので、
2時間くらい一緒に仕事して、その後ランチしました。

 

僕、普段顔出してないので、最初会った時は
「しゅんえいって本当にいるんだ…」
みたいな表情してました。

 

ひめかさんが記事書いてくれたので、こちらからぜひ。

 

 

ひつまぶし。これはひめかさんがご馳走してくれました。
ごちそうさまでした!おいしかった。

 

お土産までいただいて、嬉しかったです^ ^

 

講座生とスクール生にはこうやって定期的に会うようにしてるんですけど、
たまには直接会える企画とかもいいですよね〜。

これひめかさんも言ってたんですけど、
「直接でしか伝わらないこともある」し、
「そこでしか教えられないこと」もたくさんあるんですよね。

 

 

【期間限定】電子書籍無料キャンペーン

2 件のコメント

  • 高単価商品の必要性、めちゃくちゃわかりやすかったです。

    私のこと掲載してくださりありがとうございます^^
    また行こう!と思うくらい価値のある時間でした。
    ありがとうございました!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です