母に迷惑をかけなくないと思って、 欲しいものや食べたいものを我慢した学生時代

こんにちは、しゅんえいです。

 

メルマガを始めて2年が経ちましたが、
始めた当初からずっと言い続けてきたことがあります。

それは、
「まずは稼ぐスキルを身に付けましょう」ということです。

 

つまり、僕がメルマガを書いている目的は
読者さん自身がお金を稼ぐスキルを身に付けて自由になってもらうことです。

ネットビジネスはその手段として最高のものだと思っていますし、
僕自身、それを実体験しているからこそ
僕のメルマガでは様々な体験を伝えていきます。

 

間違いなく、会社の給料以外に収入源を作った方がいいし、
会社に頼らずともネットで稼げるようになっておけば
別に会社を辞めたっていいし、田舎でのんびり暮らしたっていいし、
あらゆる人生の選択肢が広がります。

 

僕の思いとしては、読者さん全員が自由になって幸せになる。

 

つまり、「誰にも、何にも縛られない状態」になってほしいんですね。

 

そして今回は、僕がなぜずっと情報発信し続けているのか?
その理由の源となった実体験を話そうと思います。

 

ネットビジネスが最も人生を豊かにしてくれる

 

まず、「お金を稼ぐ」という面だけでみたら、
世の中には色んなお金の稼ぎ方がありますが、
僕の考えとして、ネットビジネスが最も人生を豊かにしてくれると思ってます。

 

サラリーマン時代のルーティン

 

僕は元々サラリーマンでしたが、
朝7時にギリギリまで寝て起きて、そのまま急いで着替えて駅に向かってました。

ちなみに、駅まではいつもママチャリで立ち漕ぎしながらいってたので、
この時点でもう「帰りたい…」と思ってました。

 

駅に着いたら、そのまま電車に乗ります。

 

20分くらい満員電車に揺られながらスマホを眺めて、
そのまま職場に到着して、仕事スタート。

僕は郵便局に勤めていたので、色んなお客さんに接客してました。

 

お歳暮などの物販をすすめてみたり、貯金の営業電話をかけたりして、
郵便局に課せられたノルマを達成するために精神をすり減らしながら仕事してました。

 

理不尽なお客さんが来て、
訳もわからず急にお客さんから怒鳴られることもありました。

 

仕事が終わった頃にはもうクタクタだったので、
帰ったと同時にバタンキューです。

 

疑問に思ったこと

 

家にはほぼ寝に帰ってた感覚だったし、
それを繰り返しているうちに、

「このままの状態で本当にいいのだろうか…」

と、気付いたら自問自答するようになっていました。

 

毎月会社からもらえる給料は12万円で、
ひとり暮らしもできないし、毎月旅行に行くことすらできない。

 

そういった経験から、サラリーマンという職業は、
ネットビジネスのように月100万を稼ぐことはまずできない。

 

順調に出世して管理職になって給料が上がるとしても、
そこまでに行くのに何十年という時間がかかる。

 

しかも今はリストラが普通に行われている時代。

 

ここでまた僕が疑問に思ったのは、
「サラリーマンが本当に安定なのか?」ということでした。

 

確かに毎月給料が口座に振り込まれますが、
会社で何十年と働く時間、毎日抱えるストレス、理不尽な人間関係。

他にも、やりたいことの幅が狭くなってしまうことや、
ある程度自分の人生がそこで決まってしまうことを考慮した時に、

「みんなが思っている安定は安定ではなく、不安定なんだ」と思うようになりました。

 

これまで僕たちが安定だと思っていたものは、
ある意味自分たちの思い過ごしというか、洗脳のようなものだと気付きました。

 

それをきっかけに僕はネットビジネスをスタートさせて、
後に会社を辞めて、もう今年で5年目に差し掛かりました。

 

お金を稼げない=罪

 

そして、この5年間のネットビジネス経験の中で、
僕はある考えにたどり着きました。

 

それは、「お金を稼げない=罪」だということ。

 

以前、読者さんからこんな質問を受けたことがあります↓

「教材を買ったけど全く稼げません。どうすればいいでしょうか?」というものです。

 

実はこれ系の質問、結構聞くことが多いんですけど、
僕はいつもこんな風に答えています↓

『その教材を買ったのは自分自身なので全て自分の責任だと思うし、
「稼げない」からと言って、誰かのせいにするのは違うと思います。

ネットビジネスだからと言って、
お金を稼ぐ以上は普段の仕事と同じだし、全て自己責任のはずです。

それに、稼げないという人に限って、
十分な作業量をしている人はほとんどいません。

実際にその教材の方法で稼げた人は何人もいるわけですし、
結果を出している人は他の人以上に実践し、試行錯誤して、時には失敗しています。

 

ちなみに、あなたはそれを知ってますか?

もしその事実を知っていて「これは稼げない」といえるほど、
十分な作業をしたと言い切れますか?』

 

ということをいつも話します。

 

こんなことを言われると、もしかしたら不快に思う人もいるかもしれません。

 

でも、ネットビジネスは自己責任だし、
お金を稼ぐためにはやはりそういう思考はなくてはいけません。

 

僕は読者さんに、
成長させて、結果を出してもらうことが1番
だと思っているので、言わなきゃいけないことはしっかり言って結果にコミットしてます。

 

ぶっちゃけ、お客さんの結果を底上げできるのなら
自分は嫌われたっていいと思ってます。

 

だって、お金を稼ぐスキルがないってだけで、
自分の人生の大半が決まってしまい、行きたくもない会社に行って、
労働量とは全く見合わない給料をもらいながら精神をすり減らして生きていく

というのは超もったいないと思うからです。

 

僕らは何でも言うことを聞く機械ではないし、仕事をするのだって
最終的に自分が幸せになるためにやっていることだと思ってます。

 

そしてその仕事が、サラリーマンなのか、ネットビジネスをするのかで
自分の人生の充実度はめちゃくちゃ変わります。

 

だから、僕自身はお金を自分自身で稼ぐネットビジネスという仕事を選択しました。

 

「お金がないこと」での不幸

 

収入を自分でコントロールできるようになれば、
自分は幸せになれると思ったし、僕の場合、母子家庭なので、
母親の役にも立てると思いました。

 

3歳くらいに両親が離婚して、そこから母子家庭で育って、
特にお金に恵まれた状態ではなかったので、僕が高校生の頃は母がパチンコ清掃のバイトを掛け持ちしてたこともあるし、

母に迷惑をかけなくないと思って、
欲しいものや食べたいものを我慢したことも何度かありました。

 

そういう経験から、「お金がない状態」というのは、
人生の幸福度を下げてしまうと無意識に思っていました。

 

確かに、お金がなくなって幸せを感じれる人はいるでしょう。

 

でも、自分でお金を稼げるか稼げないかっていうのは全然違う人生になると思うんです。

 

少なくとも僕は、子供〜学生時代にかけて
お金がないことで辛い経験をしたし、お金がないことで心が痛んだ経験があったので、
ネットビジネスというスキルは尊いものだと自負してます。

 

だからこそ、お金を稼ぐことができないってことはある意味「罪」だと思うんです。

 

そういう思いもあってか、
すぐに「これは稼げない!詐欺だ!」みたいなことを言われると
正直「いやいや、甘いよw」と思う訳です。

 

ネットビジネスは立派な仕事

 

絶対に理解して欲しいのは、
ネットビジネスだからと言って簡単に稼げるわけではないし、
1つの「仕事」として取り組んで欲しいってことです。

 

それを理解した上で、ちゃんとネットビジネスを実践すれば、
収入もコントロールできて、いつでもどこでも仕事ができて、
稼いだお金を使って好きなことを思う存分できるようになります。

ちょうどこのメールも今、スタバでMacBookを開いて書いてます。

 

少なくとも、ネットビジネスという仕事は
あなたの人生を豊かにできるし、あらゆる選択肢も広がって、
今の辛い状態から抜け出すことができるスキルです。

 

僕の情報発信が、そのきっかけになることができればいいな、と思っています。

 

ということで、
今日は僕がなぜネットビジネスを推奨しているのかを
僕自身の実体験からお話ししました。

 

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

元郵便局員の僕が、「安定」と言われていたサラリーマンを捨てて、
ネット起業したことをきっかけに、社畜を卒業しました。

▶︎しゅんえいの詳しいプロフィールを覗く

元サラリーマンの僕だからこそ言える失敗談や、
ブログでは絶対に言えない情報をメルマガでは講座形式で発信中です。

加えて、1通目には社畜から社長になるまでの
サクセスストーリーをさらけ出した電子書籍をプレゼント中で、
こちらも読者さんから「読みやすい」と好評をいただいております。

15分程度で読めるので、ぜひ受け取ってみてください。

メルマガ講座登録後、すぐに読めます。

▶︎メルマガに登録して電子書籍を受け取る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です