【徹底解説】ブログが書けない人へ送る、サクサクとブログを更新できるようになる方法

こんにちは、しゅんえいです。

ブログを始めた2018年の7月。
いざブログを書こう書こうと思ってもなかなかかけない時期がありました。

じーっと机の前に座っても、
なかなかネタが思いつかなくて書けなくなってしまう。

で、そのまま他のSNSをいじったり、YouTubeを見たりして、
ただただ時間が過ぎ去ってしまうという・・・

まるで病気のようでした。

こういった症状が起きてしまう人は昔の僕も含め、
そう少なくはないと思うので、
今回はブログが書けない人に向けて、
サクサクと書けるようになる対処法を話したいと思います。

 

なぜ書けないのか?原因は4つある

 

いろいろ原因を考えてみたり、人から聞いたりする中で
かなり大きい原因だなーと思ったのは、
「マインドブロック」に関する原因1番だと思います。

具体的に言うなら、

・完璧主義に陥って書けない
・他人からの意見を気にしすぎて全く書けない
・ネタがなくて書けない
・そもそも「ブログを書く」というモチベーションが上がらない

・・・といった感じで、主に4つありました。

では今から1つずつ
対処法を話していきますね。

あと、これらは全て僕も経験済みなので、
僕のエピソードと一緒に伝えていきますね。

 

①完璧主義に陥って書けない人の対処法

 

これは多分1番多い病気なんじゃないかな?と。

具体的な症状としては
文字装飾を無駄に頑張ったり、綺麗な画像をたくさん入れようとしたり、
書きあげた文章を何度も何度も修正したり。

で、これを繰り返してしまうと
どんどんどんどん更新頻度が落ちてしまいます。

というのも、
サクサク書ける人は1日5記事とか書く人もいますが、
逆に完璧主義の病に陥っている人は1ヶ月に頑張って1記事しか書けない・・・

なんて人もそう少なくはないんですね。

 

で、当然僕もこの病に陥った時に
ある人のブログを見て参考にしようと思ったんですけど、
その時にかなりの衝撃を受けたんです。

その人は月収3000万以上ある人なんですが、
かなり不完璧なブログだったんです。

特に装飾することもなく、
感じたこと、学んだことをかなり自由に書き殴ってる記事が大量にあったんです。

しかもアクセス数は月10万PVくらいに対して収益が3000万以上
だったので、本当にこれには驚きました。

 

だからその時、
「ああ、ブログって不完璧主義の方がいいのか。」
と腑に落ちました。

てかむしろ、そういったブログの方がアクセスが集まって
読まれやすいというのも、その時理解できました。

実際、この「不完璧主義」はブログに限った話ではなくて、
どんなビジネスにも当てはまる考え方です。

 

結論、完璧主義<<<<<<<<不完璧主義

です。

SEOに好かれ、完璧に書かれた文章より、
思ったことを素直に、どストレートに書いた文章の方が
単純に読み物としても面白かったりします。

そして一回そのブログを読んでくれた読者さんがまたリピートして読んでくれたり、
あるいは誰かに自分のブログを紹介してくれて口コミでブログが知られていきます。

 

当時の僕からしたら、
結構な衝撃とともにショックを受けて
思いっきり溝うちを食らった感覚がしました。

「こんなに頑張ってるのになんでこの人に負けてるんだ!クソ!!!」

って言ってましたけど、
繰り返しますが完璧主義よりも不完璧主義な人間の方が
ビジネスはうまくいきます。

ホリエモンさんも、「ゼロ」という本の中で
「完了主義になれ」と言ってましたしね。

 

なので、完璧じゃない記事を出せる人の方がかなり優秀なんですよね。

これを理解していれば、
逆に綺麗に書こうとするのは「害悪」だとわかってくるし、
途中までしか書けてない下書きの状態でもいいので
どんどん記事は公開していきましょう。

そうやって素直な感情を自分のエピソードに乗せて書き殴れば、
そこからどんどんリピーターが増えて
あなたのブログアクセスが青天井に伸びていくでしょう。

 

②他人からの意見を気にしすぎて全く書けない人の対処法

 

ブログを始めた頃の僕は、
なぜか周りからの評価に対してビビってたんです。

誹謗中傷的なアンチコメントがきたらどうしよう・・・
この前もYouTubeに変なコメントがきたしな・・・

といった感じで
とにかくビビってたんでなかなか更新できなかったんです。

 

でも、よくよく考えてみれば、
自分のブログなんて最初はそもそも読まれてないんだな、と気づきました。

実際、そこから毎日1記事更新してましたが、
1つも誹謗中傷の意見を言われたりすることはありませんでした。

地元の友達にもなんか言われたらどうしよ・・・
とビビってましたけど、
久々に会ってブログの事を話しても、
「ん?なにそれ?」みたいた返事が返ってきて安心しました。

 

ここでかなり腑に落ちたので、
それ以降は誹謗中傷とか、周りからの批判とか一切気にせず書けるようになりました。

本当に楽です。

どうせ誰もまだ俺のブログなんて読んでないから、
とりあえずいいと思ったことはどんどん書いてこーっと。

って感じです笑

 

なのでちょっと冷静に考えてみればわかるんですが、
これは案外大したことない問題なんですね。

あとは、まだ起きてもない問題に対して、
先に心配してしまう必要はありません。

そう言う心配は、何か問題が起きてから考えればいいだけです。

 

なのでまずは、
「自分のブログなんて最初は記事数も少ないしそもそも読まれないから大丈夫」

と思うことから始めましょう。

そう思うだけでマジで楽になれますよ。

 

③ネタがなくて書けない人の対処法

 

これはさっきも話した完璧主義の病に陥ってる可能性が高いです。

ぶっちゃけ、ネタは何でもいいんです。
そこから価値提供ができれば。

例えば今朝食べたパンの話をしてもいいし、
テレビで見た番組の感想や
映画を見てレビューしてみるだけでも十分なコンテンツになります。

 

で、オススメはTwitterのオススメニュースのところを見て、
そこからネタを引っ張ってくるのがいいと思います。

あそこにオススメ表示されてるってことは、
それをブログに取り上げるだけで興味関心のある人が集まりやすいってことになります。

だからそれだけでかなりアクセスって集まるんですよね。

 

なので、
気合を入れて書くのはたまーにでいいんです。

それ以外の普段の記事は
肩の力を抜いて、リラックスしながらコーヒーでも飲んで書いてみましょう。

加えて言うなら、
そこに自分や他人のエピソードと一緒に書くだけで
かなり魅力的なコンテンツに生まれ変わります。

この記事も、
ただ僕が思った事をそのまま自分のエピソードを交えながら
素直に書いてるだけですが、それでも十分なコンテンツになってると思ってます。

 

なのでそれに慣れるために、
オススメは会社の愚痴とか上司の愚痴とか
思いっきり書き殴ってみるってのをやってみてください笑

下書きでいいので、誰にも読まれることはないです。

で、それが結構いい記事じゃん、と思ったら
あとから公開するのもアリなのかなと。

 

あとは本当にネタがなかったら、
僕のブログを真似して書いて見てください。

丸コピペは普通に犯罪だし
モラルとしてどうなの?と思うのでやめてほしいですが、
僕の書いた記事を活かしてあなたの記事にするのは全然オッケーです。

実際、僕も何人かの人のブログを真似して書いてます。

 

④そもそも「ブログを書く」というモチベーションが上がらない人の対処法

 

これ、めっちゃ共感できます。

あとぶっちゃけ僕もブログを書くってモチベーションは低い方だと自分で自負してるくらいです笑

だって、
ブログ書くって普通に面倒な作業だし
できればやりたくない。誰かに外注でもしたいなーって思っちゃいます。

でも自分のエピソードとかって
他人にはわからないし自分にしか書けない事が結構多かったりします。

なので外注は僕のブログはできないです。

 

そこで、僕がいつもやってる事があるんですけど、
とりあえずスタバ行って電源付きの机の前に座って、
パソコンを開いてみるって事をしてます。

この記事も今スタバで書いてるなうです。

スタバってコーヒー代高いんですよね。
だって一杯302円もするんですよ笑

なので僕は「場所代」として捉えてて、
そうすると結構ブログ書けるようになります。

せっかくいい環境にいるんだから
ここで1つでも記事書かないとコーヒー代が勿体無いじゃん。って思うんです。

 

だから自然に書けるようになってて、
自分がブログ書いてる姿とか想像すると気づいたらスラスラ書いてる事が多いです笑

あ、別にわざわざスタバに行かなくてもいいです。

家の机の前に座って、
パソコンを開いて、ワードプレスの新規投稿の編集画面にして、
「こんにちは、〇〇です。」
ってとりあえずでいいんで書いてみてください。

 

人間ってどうしても、
めんどくさい事を想像しちゃうとどんどんモチベ下がっていきます。

例えば、「明日の朝ランニングをしたい!」と思った時に
前日の寝る前にランニングしてる自分の姿を想像しちゃうと、
脳が勝手に「めんどくさいからやらなくていいよー!」
と命令信号を出すようにできてます。

なので、
自分の脳に邪魔されてモチベーションを下げないためにも、
無心になって、とりあえずジャージに着替えて、
ランニングシューズを履いてみると、どんどん走りたくなってきます。

 

で、これってブログも全く同じ事が言えて
何か行動するきっかけさえ起こせれば、
そこからスラスラ書けるようになっちゃうんですよね。

そうすれば、
自然とモチベーションは上がります。

ナルトの仙人モードみたいに笑

 

今回のまとめ:とりあえず気楽に書いてみよう

 

色々書いてみました。

で、まとめると、
「とりあえず気楽になって書いていこう」
と言う事です。

気楽で全然いいんです。

あとはブログを書けない人の大まかな共通点としては、
「人の目を気にしすぎてる」
ってのがありますね。

 

なので逆に言うと、
これで悩んでいる人は結構真面目な人だったりします。

今悩んでますか?

悩んでたら、あなたは真面目だっていう証拠です。

 

あと、僕も自分で言うのもおこがましいですが
結構根は真面目な人間だったりします笑

だから超わかりますよ。

でも、よく周りを観察してみると、
意外と周りの人間は自分の事なんて無関心だったりします。

3日前の夜ご飯覚えてますか?って質問と本質は同じです。

あなたを含め、たぶんほとんどの人は覚えてないと思います。

 

だから、全然気楽に書けばいいんです。

で、ちゃんと書くときはしっかり書いて
読者さんにしっかち価値提供してあげてください。

それ以外は気楽に書けばいいです。

そんな風に、
いつでも何でも気楽に資産を作っていける人ほど
いつまでも成功できて、優秀な人なんだと思ってます。

では!

 

電子書籍を無料でどうぞ

 
僕は22歳の頃から月収190万程稼いでます。
 
才能もないし、
母子家庭で恵まれた環境にいたわけでもないです。
 
高卒でサラリーマンになりましたが、
給料が低く極貧生活。
 
 
そういった状況からビジネスに出会い、
会社以外の時間で真剣に取り組んだところ、
今までできなかった事ができるようになったり
行動の選択肢が広がりました。
 
 
ビジネスを勉強する過程で、
仕組みを作る方法や
思考を鍛える方法
生産性を高める方法
メディアを組み合わせて自動化する方法
価値を生み出す方法
 
etc・・・
 
学校では絶対に教えてくれない事を
大人になってやっと知る事ができました。
 
 
これまでの経験を踏まえて、
生まれ持った才能や環境はコントロールできなくても
ちゃんと勉強して正しく取り組めば、
誰だろうと資産を作れて自由に飛躍すると確信してます。
 
そういった人が
日本に一人でも増えれば、
もっと希少性価値のある人間で溢れ、
便利なサービスもどんどん増えて
世の中がかなり面白くなるのでは?
 
と思ったんです。
 
 
こういった理念から、
僕のこれまでの経験を元に
どのようにしてゼロの状態から今の状態になったのか?
 
そのサクセスストーリーを
1つの電子書籍にまとめました。
 
 
「ビジネスを勉強する最初の教科書」
として読んでみてください。
15分程度でサクッと読めます。
 
 
メールアドレスを入力すれば読めます。
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。
 
 
もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。
(この下のボタンから簡単にシェアできます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です