人間は自動で稼いではいけないのだろうか?

こんにちは、しゅんえいです。

今日は作業した後にワンピースの映画を観に行こうとしたんですけど、
人が群がりすぎてて観るのやめましたw

明日行くか、それか今日まだレイトショーが残ってるので、
そこに観にいくかもです。

 

最近、読者さんからこんなメールをいただいたのでご紹介します。

ネットビジネスで多く稼いでいる方を見ると、
なぜか心の中で、「裏で詐欺的なことをしているんじゃないか」
というイメージが湧いてきてしまいます。

それに、僕が会社で働いて稼ぐ収入よりもかなり少ない時間で、
しかも何倍もの金額を稼いでおられるのでなおさら不安です・・・

確かに、しゅんえいさんが郵便局員の時からネットビジネスをやってきて、
相当な努力量をこなしていることは理解しています。
でも、ネットサーフィンをすればネガティブな情報がほとんどですし、
自分も詐欺に巻き込まれるのではないか、という不安もあります。

・・・以下省略

 

こういったメールでした。

ということで、
今回はこれに対する僕の意見を述べて行こうかなと思います。

 

まずですね、

>ネットビジネスで多く稼いでいる方を見ると、
>なぜか心の中で、「裏で詐欺的なことをしているんじゃないか」
>というイメージが湧いてきてしまいます。

>それに、僕が会社で働いて稼ぐ収入よりもかなり少ない時間で、
>しかも何倍もの金額を稼いでおられるのでなおさら不安です・・・

この部分に関してですが、
そもそも会社員と事業を持つ人の収入の形態自体が違うところから理解しないといけません。

というのも、
会社員の人は会社に時間と労力を売って決まった額の給料をもらえるわけですが、
逆に僕のような事業者や作家さんや歌手などは、
時間と労力ではなくて、「人にどれだけ価値を与えたか?」で収入が決まります。

ファンだからこの人の商品を買いたい!と、思ってもらうことができて、
それなりの人数に価値を提供さえできていれば、
たとえ少ない時間であっても大きい金額を稼ぐことができますね。

 

僕は米津玄師さんが好きなんですが、
例えば彼のLiveに1万円で参加する人が1000人いたとしましょう。

そうすれば彼の収入は月収1000万になります。
まあ、経費など諸々ありますが、極論こういう状態です。

じゃあ、1000万円稼いだ米津さんは会社員の人よりも圧倒的に少ない時間でこれだけの金額を稼いでいるわけですが、これは果たして詐欺なのでしょうか?

 

詐欺どころか、
むしろ米津さんほど多くの人を心を動かし、感動させ、価値提供できる歌手は
なかなかいないのでは?と思うレベルですね。

多くの人を幸せにしていますし、
彼のYouTube動画は4億回以上も再生されている動画もあります。
たった1つの動画で、です。

なので、少ない時間や労力で多くの人に価値提供し、
その対価としてたくさんのお金をいただくことは何ら問題ない。
むしろ良いことだと思います。

 

ネットビジネスでもこれと同じことが言えるわけです。
お客に価値を与えた数に対してそれがそのまま「お金」という形で自分に返ってくるだけです。

当然、商品に価値を感じてくれる人が多ければ多いほど、
得られる収入も多くなりますね。

コンテンツビジネスで言えば、
お客さんの悩みを汲み取って、その悩みを今後一生に渡って解決してあげたり、
わかりやすく知識や情報をまとめて読んでもらったり、
面白いコンテンツを作って喜んでもらったりetc・・・

これらの本質は、他ジャンルのビジネスだろうが関係ありません。
時間や労力が少なかろうが、どれだけ「価値」を提供したか?だけの話です。

それでコンテンツビジネスの収益は決まります。

 

ですが、先ほども言ったように、
会社員の収入形態とはそもそも違い部分がありますから、
比べること自体がナンセンスなのかなと。

会社員の方より働いてない、少ない労力、自動化しているからと言って、
会社員の方以上のお金を稼いでいたらそれは全て詐欺になると言うのなら、
それに当てはまる人たち全員詐欺師じゃんw

となってしまいますね。

確かに、本当に詐欺をしている人は少なからずいますが、
そんなことしなくても真っ当に価値提供すれば全然稼げますからね。

 

>でも、ネットサーフィンをすればネガティブな情報がほとんどですし、
>自分も詐欺に巻き込まれるのではないか、という不安もあります。

これに関しても話しておこうと思いますが、
確かにネットにはほとんどネガティブなことしか載ってないし、
「ネットビジネス」とか「情報商材」とか聞くと、
一般の人はほとんどネガティブなイメージを持ちます。

知識がない。というのが前提にありますが、
人間は、知らないものに関しては否定したくなる生き物です。

週刊誌やテレビも、事実を知らないのに憶測で記事を書いたり、
誤解を招くような編集の仕方をして普通に放送したりします。
(その方が多くの人に興味を持たれて、お金になるからです)

なので、無知な人が発信する情報は、
そもそも信じない方が良いと言うか、それなら自分で情報を買うなりして
自分自身でさっさと確かめてしまった方が早いです。

 

 

・・・と、言う感じで、
僕なりの意見を述べましたが、いかがだったでしょうか?

一般的に少ない時間や労力でも、
多くの人に価値提供ができるのなら、
僕は全然良いと思ってますし、その方が幸せになる人が増えるのでなおさらです。

確かに、僕も知識がない時は結構ネットの情報に惑わされたり、
「自動で稼ぐって詐欺なんじゃないか?」
という、何の根拠もないイメージを勝手に持ってしまっていましたから。

ですが、
歌手や作家さんなどに置き換えればかなり納得できると思います。

大勢のファンがいたり、価値を感じる人が多ければ、
会社員の方よりも収入が多いことは当たり前ですし、
悪いことなんて何もありません。

 

「自動でお金を稼いではいけないのか?」についてですが、
自分が流した汗の量や、費やした時間の量によって収入が決まるわけではないので、
これは考えるだけ無意味なのかなと。

ネットは自動化ができるので、
自動でコンテンツを届けて、それに価値を感じでくれる人がいるのなら、
どんどん自動化して、空いた時間でまた別のコンテンツを作ったり、
お客の為になることをどんどんやっていくべきだと思ってます。

逆に、仮に1000時間かけて曲を作ったり、何かしらコンテンツを作ったとしても、
それに価値を感じる人がいなければお金は1円も発生しません。

って考えると、

「どのくらいやれば稼げますか?」

というよくある質問が、どれだけ無意味な質問なのかが理解できるのかなと。

この考え方は捨てて、
ちゃんと価値を感じてくれるように日々努力する方が、
よっぽど意味のあることですね。

 

 

追伸

映画ですが、記事書いてたら時間が無くなってしまったので、明日観に行くことにしますw

明日から世間はお盆シーズンで休みの人が多いですが、
僕はなるべく外に出ないようにしたいと思います。

人混みが蕁麻疹出るほど苦手なので・・・

 
 

電子書籍を無料でどうぞ

 
僕は22歳の頃から月収190万程稼いでます。
 
才能もないし、
母子家庭で恵まれた環境にいたわけでもないです。
 
高卒でサラリーマンになりましたが、
給料が低く極貧生活。
 
 
そういった状況からビジネスに出会い、
会社以外の時間で真剣に取り組んだところ、
今までできなかった事ができるようになったり
行動の選択肢が広がりました。
 
 
ビジネスを勉強する過程で、
仕組みを作る方法や
思考を鍛える方法
生産性を高める方法
メディアを組み合わせて自動化する方法
価値を生み出す方法
 
etc・・・
 
学校では絶対に教えてくれない事を
大人になってやっと知る事ができました。
 
 
これまでの経験を踏まえて、
生まれ持った才能や環境はコントロールできなくても
ちゃんと勉強して正しく取り組めば、
誰だろうと資産を作れて自由に飛躍すると確信してます。
 
そういった人が
日本に一人でも増えれば、
もっと希少性価値のある人間で溢れ、
便利なサービスもどんどん増えて
世の中がかなり面白くなるのでは?
 
と思ったんです。
 
 
こういった理念から、
僕のこれまでの経験を元に
どのようにしてゼロの状態から今の状態になったのか?
 
そのサクセスストーリーを
1つの電子書籍にまとめました。
 
 
「ビジネスを勉強する最初の教科書」
として読んでみてください。
15分程度でサクッと読めます。
 
 
メールアドレスを入力すれば読めます。
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。
 
 
もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です