名古屋のOさんから学んだ無形資産と「タネまき力」のヤバさ。

こんばんは、しゅんえいです。

これは2年前の出来事ですが
めちゃくちゃ学びになったので、
その時のエピソードを踏まえて
「見えない資産」
について話していきます。

ーーー2年前ーーー

当時はまだ派遣社員しながら
副業でビジネスをしていた。

当時お世話になっていた
先輩起業家のOさんと、
ランチでパスタを食べに行ってた時の話。

ちなみにOさんは
名古屋で会社経営している現在27歳。

大学生の頃から
ビジネスをしていて、
年間の売上は悠に1億超えをしていて、

マーケティングコンサルや
広告代行、営業代行、
サイト制作など、

様々な事業を手がけている
とても尊敬する起業家。

基本は外注さんや
ツールに任せてるので、
毎日自由な暮らしができるけど

実はOさんは
今は理学療法士として
サラリーマンをしながら、
自分の会社のビジネスも
同時進行でやっている。

普通なら、
サラリーマンの仕事をしなくても
自分のビジネス収入だけでも、
お金に困る事もないし
わざわざサラリーマンをする必要もない。

どうしてOさんは
すでにビジネスで成功してるのに
サラリーマンとしても働いてるんだろう?

と、
僕はパスタを食べてる間
ずっと疑問に思ってたので、
思わず聞いてしまった。

すると、
こんな返答がOさんから返ってきた。

「なんで会社経営と同時に
 別で理学療法士の仕事もしてるかって?
 
 それはねー、
 将来は理学療法士のいる
 病院を自分で経営したいと思ってるんだよね。

 だから、
 そのためにまずは
 自分が現場で働いて、
 
 お客さんの気持ちだったり、
 働く理学療法士さん達の気持ちを理解して
 その上で病院を経営したいと思ってるんだよねー。」

と、
僕からの質問に答えてくれた。

これを聞いて、
まず真っ先に感動したし、
それと同時になるほどな・・・

Oさんは今、
必死に無形資産を貯めてるんだな、と思った。

ーーーここまでーーー

こんなエピソードを
僕は2年前の、
まだ派遣社員の時に経験しました。

いやー、
それにしても
マジですげえなって思いましたよ。

ここから具体的に解説しますね。

で、
まず資産には2種類あって
「有形資産」と、
「無形資産」の2つです。

有形資産は、

現金、
株、
保険、
不動産、
金、
車、

などの、比較的目に見えるもので
かなりハッキリしてるものが多いです。

に対して無形資産は、

信用、
時間、
知識、
経験、
スキル
人脈

といった、
比較的目には見えないし
なかなか数字で表す事はできないけど
ちゃんと価値があるものです。

ここで大事なのは、
「無形資産は、
 いくらでもお金に変換できる」
と言う事です。

例えばですが、
アフィリエイトで1回でも稼げれば
そこで得た経験や知識、
スキルを活かして
いつどんな時もお金に変換できます。

もしくは、
自分が持ってる無形資産を
会社に貸し出す事も可能です。

ちなみに、今言った
「俺の無形資産を
 自由に使っていいいから、
 その代わり毎月20万はください!!」

とお願いしにいって
会社と契約成立する事を、
「就職する」と言います。

実はこれが就職の正体なんです。

僕は実際にサラリーマンを経験して、
無形資産を会社に貸すより
これ自分で使いこなした方が稼げるじゃん!

と思ったので、
「起業する」
と言う選択をしました。

とは言っても、
ほとんどの人はこの無形資産が
目に見えないので
あまり理解できてないし、
僕も意識してないと忘れそうになります。

ですが、
この無形資産の存在を理解していれば
ちゃんと人と交わした約束を、
ちょっと無理してでも守ったり、

Oさんのように、
例えサラリーマンに戻ってでも
人の気持ちを理解しよう、

と言って行動する事に関しては、
僕は価値がある程の投資だと思うし、

それこそ、
数字では表せないほどの
すばらしい無形資産だと感じました。

なのでOさんは、
普通に生きてたら絶対に味わえない
無形資産を手に入れる為に、
今こうして理学療法士もやってるんだな。

と思いました。

成功する為に
1番手っ取り早い方法ってなんだと思います?

それはですね、
成功者の近くに行って
思考を完全インストールする事です。

人間って無意識的に、
「リスペクトする(尊敬)人の真似」
をしてしまう特徴があって、

リスペクトする人と一緒にいると、
その人と同じ思考になるんです。

映画とかドラマで
カッコいい主役が出たら、
その仕草やセリフを
無意識に真似した経験ないですか?

僕めっちゃありますよ笑

映画のハリーポッターが好きで、
100回くらい観て
ハリーが使う呪文を
動作付きでめちゃくちゃ真似してました。

「エクスペクトパトローナム!!!」

って何回言った事か・・・

当時はまだ9歳とかで、
誕プレでローブと杖を買ってもらって
超喜んだ記憶がハッキリと残ってます。

ちょっと話が逸れましたが、
要はリスペクトしてたら
勝手に思考が乗り移って
真似しちゃうんですよね。

なので、

吸収率=リスペクト力

とも言えます。
(盲目的に尊敬するのは危険だけど)

だからこそ、
自分がリスペクトする人の近くに
(ちょっと無理してでも)
なるべく一緒にいたり、
同じ時間を過ごしたりすると言うのは、

見た目はもったいないなー
と思う行為かもですが、
実は超合理的な行為だったりするんですね。

ですが、
それをやろうにも
どうしても現実的にも
物理的にも限度がありますね。

急に成功者と
ずっと一緒にいたりするのは、
さすがに無理があります。

まあ、たまにありますが
東京にいる師匠の近くに行く為に
愛知から東京に引っ越しちゃう。

というのも、
いきなりは不可能でしょう。

だからこそですが、
僕は音声学習をオススメしてます。

これだったら、
エアーポッツとか両耳に装着して
家事とか散歩とかしながらでも
勝手に音が流れて知識や思考が身に付くし、
長く聴けば聴くだけ
成功者の思考になります。

そして音声学習の
最大のメリットは、
「思考を変えられる」
事だと思ってます。

僕も、
ビジネス始めたての頃は
もう音声漬けの毎日でした。

通勤中も、
小休憩も、
昼休憩も、
ご飯中も、
寝る時も、

常に音声学習しまくってました。
(ここまでやれとは言わないのでご安心を笑)

もうそれこそ、
毎日の子守唄レベルです。

深夜4時の寝てる時とかに、
Macのスピーカーの
「音量大ボタン」に手が乗って
音がデカすぎて急に目が覚めた事もあります。

派遣社員の時は
原付で通ってたんですけど、
音声で学んだ事を
ブーンってバイク音を響かせながら、
思い出しながら独り言のように
喋りまくってました。

これって英語学習と同じで、
音声の言葉を何度も
シャドーイングすることによって、
その人の思考や話す事の意味が
よりグンと理解できるようになります。

そんな感じで、
僕は日々音声学習を実践しながら
成功者の思考を
これでもか!ってくらい、
とことんインストールしていって
必死に無形資産を貯めていったんです。

これは今も続けてるので、
さらに無形資産を固めて
今後もっとビジネスを展開してくと思うと、

スキル、知識、経験、情報
には、余裕で1億、いや10億以上
の価値があるだろうと思ってます。

ですのでぜひ
今後ビジネスをしていく、

もしくはもうすでに
ビジネスをしているのなら、
この考え方は持っておいて欲しいですし、
まず損することはないのかなと。

無形資産の考え方を持ちましょう。
というか、
持たないと成功は難しいです。

と言うのは例えば、

AとBの箱があります。

A→今すぐに1億が手に入る無料の箱

B→1000万を稼ぐためのスキル、知識、経験が手に入る箱

だった時、
どちらを選びますか?

という質問をされたら、
迷わず脊髄反射で
「Bです!!」

と言って欲しいと言うことです。

Bを選択すれば、
生きてる限りいくらでも
1000万を稼ぎ続けられますね。

でも逆にAを選んでしまうと、
確かに一瞬だけ1億は手に入りますが
そこからは切り崩してくしかありません。

あ、ちなみにですが
こういった質問をされて、
「Aを選んでその1億で資産運用します!」
と言う人がいますが、
それがダメな理由は
もう言うまでもないのかなと。

そして、
この無形資産に時間とお金を
投資する能力を、

「タネまき力」

と言います。
と言うか、僕はそう呼んでます。

このタネまき力が備わっていれば、
ビジネスをやればやるほど
どんどん楽になるし、
面白くなってワクワクしてくるので

今日からでもいいので、
しっかり無形資産を意識して
タネまきをしていきましょう。

僕ももっと無形資産を貯めて、
レベルアップしていきたいと思ってます。

なのでとりあえず、
今午後の10時を過ぎましたが
これからKindleで本読みます。

では。

 

追伸

名古屋のOさんとは、
ここ2年くらいお会いしてないので
今度連絡して近況報告をしようと思ってます。

しかしそれにしてもすげえ・・・

僕も負けてられない・・・

 

 

電子書籍を無料でどうぞ

 
僕は22歳の頃から月収190万程稼いでます。
 
才能もないし、
母子家庭で恵まれた環境にいたわけでもないです。
 
高卒でサラリーマンになりましたが、
給料が低く極貧生活。
 
 
そういった状況からビジネスに出会い、
会社以外の時間で真剣に取り組んだところ、
今までできなかった事ができるようになったり
行動の選択肢が広がりました。
 
 
ビジネスを勉強する過程で、
仕組みを作る方法や
思考を鍛える方法
生産性を高める方法
メディアを組み合わせて自動化する方法
価値を生み出す方法
 
etc・・・
 
学校では絶対に教えてくれない事を
大人になってやっと知る事ができました。
 
 
これまでの経験を踏まえて、
生まれ持った才能や環境はコントロールできなくても
ちゃんと勉強して正しく取り組めば、
誰だろうと資産を作れて自由に飛躍すると確信してます。
 
そういった人が
日本に一人でも増えれば、
もっと希少性価値のある人間で溢れ、
便利なサービスもどんどん増えて
世の中がかなり面白くなるのでは?
 
と思ったんです。
 
 
こういった理念から、
僕のこれまでの経験を元に
どのようにしてゼロの状態から今の状態になったのか?
 
そのサクセスストーリーを
1つの電子書籍にまとめました。
 
 
「ビジネスを勉強する最初の教科書」
として読んでみてください。
15分程度でサクッと読めます。
 
 
メールアドレスを入力すれば読めます。
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。
 
 
もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

1 個のコメント

  • ぐっちです。タネまき力超重要ですね!恋愛においてもそうですが、1日1日で相手と何気ない話をしているだけなのに、知らない間にその人を意識してしまうことってあると思います。それは、日々の積み重ねによるもので、積み重ねた先にしか結果は生まれないのと同義だということ。なんでもそうですが、継続して少しずつでも前進することが大切ですし、せっかくやるのであれば、何か残ることをしなくてはいけない。前述した「何気無い会話」とは、無形資産の構築だと僕は思っております。無形資産→有形資産の流れをとることがどんなことにおいても本質的に重要だと改めて実感しました。

  • ぐっち にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です