【旅行記】人生初の北海道に行ってきた。

しゅんえいです。

ビジネス仲間5人で2泊3日の北海道旅行に行って来ました。

ここからは物語形式で書いて行きますね。

 

北海道旅行物語開始

人生初の北海道で超楽しみ。
目的はとにかく美味しいものを食いまくる。以上。

この時はすでにネットビジネスで50万くらい稼いでいたので
すでに独立していた。

平日の朝に飛行機を予約しても何も問題なし。

名古屋のセントレアで北海道行きの飛行機を予約して、
いよいよ空港について飛行機の離陸時間を待つ。

空港はこんな感じ。

 

この時間はまだ朝早かったので、人が全然いない。

 

 

飛行機から見えた空の景色は最高だった。

やっと飛行機の離陸時間がきて、
いよいよ出発の時間がきた。

以前高校の沖縄旅行で一回だけ飛行機に乗ったことはあった。

(でも、初めて一人で飛行機に乗ったので、
正直な話、ちょっと怖かったw)

いざ離陸すると、
飛行機の中から見た空の景色はめちゃくちゃ綺麗だった。

もう感動しかない。

窓から見える景色を見ているうちの北海道(新千歳空港)に着いた。

意外と早かった。

飛行機にはだいたい2時間くらいのった。

「愛知から北海道まで飛行機だったら2時間で行けるなんて
この世の中本当に便利になったものだなあ。」

着いたのがだいたいお昼12時くらいだった。

 

最初に食べたクソ美味いえびラーメン

ビジネス仲間とは新千歳空港の現地集合だったので、
そこから合流してとりあえずメシを食うことにした。

北海道の地元で有名なえびのラーメンを食べた。

お店に着くと、平日にも関わらず人の行列になってた。

「お?!これかかなり期待できるぞ。」

やっと自分たちの番が来て、
僕はこの店オススメのラーメンを注文した。

(このラーメンの名前は忘れましたw)

 

当たり前だけど、めちゃめちゃうまかった。

「さすが北海道。やっぱりここはうまいものしかないな。」

腹一杯になって、そこから少し休憩して、北海道を散策した。

 

人生初の回らないお寿司

夜は寿司を食べに行った。

回転寿司ではなく、回らないお寿司のお店。

「なんかよくわからんけど、綺麗だし、かっけえw」

 

こういう回らないお寿司のお店は人生初だった。

 

今まで郵便局員だった当時の僕は月収12万だったので、
とてもじゃないけどそんな高いお店は行ったことがなかった。

 

この時改めて思ったのは、
「ネットビジネスを知れてマジでよかった!!」

 

こうやって素直に思えた。

早速寿司を注文した。

当然のように美味い。

 

「とりあえず雲丹。最高。」

 

実は今まで雲丹に抵抗感があった。

だから人生で雲丹は全く食べてこなかった。

でもこの時を境目に雲丹が大好きになった。

 

次にマグロ。これもエグいほどに美味しかった。

 

次々と値段を見ずにネタを注文していった。

(というかメニューがなかったから値段なんて見れなかったw)

アナゴ、茶碗蒸し、鯖。

 

白子、フグの唐揚げ、サーモン。

どんどん注文した。

当然だがどれも美味い。

 

 

値段なんて気にせず注文することができたので
マジでお店にいる時間は最高以外の何者でもなかった。

カウンターに座ってビジネス仲間と楽しくビジネスについて話したり、
お互いのこれからのビジョンについて話したりした。

同じ価値観の人間と話すことで
自分の価値観もさらに跳ね上がっていくのが実感できた。

 

ビジネス初めてからなかなか話が会う人がいなかったので
この時は最高に楽で一切気を使うこともなく話せていた。

(この時間、最高)

 

一通り寿司を食べたのでデザートを注文することにした。

メロンを注文した。

見ての通り、美しい。

メロンを食べ終わって、お会計。

 

お会計は5人で15万くらいした

なんとビジネス仲間でもあり
メンターでもあるSさんがご馳走してくれることになった。

「Sさん、ご馳走さまです!!」

 

食事だけでこんな値段を見たのは人生初だった。

そんなこんなで人生初の回らないお寿司は
一生忘れられないエピソードになったのは間違いないだろう。

すすきのバニーちゃんのお尻

寿司を食べた後、すすきのを散策。

やはりすすきのの夜は賑やかだった。

キャッチのお兄ちゃんがたくさんいた。

 

とりあえずすすきのを歩いていると、
そばにガールズバーがあったのでそこに入ってお酒を飲むことにした。

お店に入ってみると、バニーガールの女の子たちとお客で賑わっていた。

ガールズバーというのも初めてだった。

バニーガールとお酒を飲みながら北海道のことを教えてもっらたりして楽しくお話。

その時のバニーちゃん。

 

アップして撮ってみた。

 

 

すでに仲間と一緒にお酒を飲んでいて、
軽く酔っていたのであまりこの時の記憶がない。

でもとにかく楽しかったことだけは今でも覚えている。

とりあえずこんな感じで1日目が終了。

当日予約したホテルに戻り、1日目はすぐに眠りについた。

 

2日目のステーキ屋さん

北海道2日目。

光陰矢の如しということで
本当に楽しい時間は早く過ぎ去ってしまう。

2日目の朝は10時くらいにゆっくり起きて
そのまま少しホテルで過ごした。

その後ホテルチェックアウト。

お昼になって、ビジネス仲間と今度はステーキ屋さんにいくことに。

こんな感じで目の前で調理してくれる高級感のあるお店だった。

 

「うおおおお!すげええええ!」

 

「肉が美味そうだああああ!早く食いてええええ!」

 

 

エビと野菜も超美味そう。

 

 

目の前で調理を見れるお店だったので、
待ってる間も超楽しい時間だった。

そしてステーキがきた。

 

もちろん味は最高。

美味いに決まっている。

北海道は海鮮と野菜がマジで美味い。

これを直接肌で感じれた瞬間だった。

 

 

 

焼いた野菜も超美味しかった。

 

 

前菜と主食のステーキを食べ終わって、
最後のデザートがきた。

 

 

とにかく北海道で美味いものを食いまくったことしか
まともにしていなかったけど、

僕にとってはマジで最高の時間。

 

そこからまた北海道の街を散策しながら
お土産を母親に買ったりして旅行を楽しみながら
ビジネス仲間と2泊3日を楽しく過ごした。

 

北海道。最高。

 

ネットビジネスを知れたおかげで僕はいつでも旅行にいける

 

こうやって平日に旅行に行けるようになったのも、
ネットビジネスを知れたおかげだと素直に思う。

 

もっともっと収入を伸ばして自由な時間を作りまくって
今度は人生初の海外旅行にでも行ってこよう。

 

あとはこんな風に一緒に旅行に行って、
同じ価値観で話せる仲間を自分の発信によって
たくさん排出していきたいと思う。

 

とりあえず、ネットビジネスして真の自由になろうぜ。

 

ではでは。

 

 

電子書籍を無料でどうぞ

 
僕は22歳の頃から月収190万程稼いでます。
 
才能もないし、
母子家庭で恵まれた環境にいたわけでもないです。
 
高卒でサラリーマンになりましたが、
給料が低く極貧生活。
 
 
そういった状況からビジネスに出会い、
会社以外の時間で真剣に取り組んだところ、
今までできなかった事ができるようになったり
行動の選択肢が広がりました。
 
 
ビジネスを勉強する過程で、
仕組みを作る方法や
思考を鍛える方法
生産性を高める方法
メディアを組み合わせて自動化する方法
価値を生み出す方法
 
etc・・・
 
学校では絶対に教えてくれない事を
大人になってやっと知る事ができました。
 
 
これまでの経験を踏まえて、
生まれ持った才能や環境はコントロールできなくても
ちゃんと勉強して正しく取り組めば、
誰だろうと資産を作れて自由に飛躍すると確信してます。
 
そういった人が
日本に一人でも増えれば、
もっと希少性価値のある人間で溢れ、
便利なサービスもどんどん増えて
世の中がかなり面白くなるのでは?
 
と思ったんです。
 
 
こういった理念から、
僕のこれまでの経験を元に
どのようにしてゼロの状態から今の状態になったのか?
 
そのサクセスストーリーを
1つの電子書籍にまとめました。
 
 
「ビジネスを勉強する最初の教科書」
として読んでみてください。
15分程度でサクッと読めます。
 
 
メールアドレスを入力すれば読めます。
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。
 
 
もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です